2019年7月20日 (土)

手賀沼通信ブログに旅行の記事がなくなった(NO.1254)

 2019年7月9日「参議院は日本にとって必要か」という記事を手賀沼通信ブログに書き、1250回目のブログとなりました。手賀沼通信10月号に「手賀沼通信ブログタイトル-その5」をまとめました。1001回目から1250回目のタイトルを書いています。その-1は300タイトル、その-2は200タイトルでしたが、その-3以降は250タイトルを載せています。

 そのうち、旅行や観光や見物についてどれくらい書いているかをまとめてみました。その-1とその-2は250回に均しました。旅行や観光は一番楽しく書け、写真を入れて書き甲斐があるからです。そしてもうこれから書けないからです。

 私は今、脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛がひどくなり、歩くのが厳しくなっています。「間欠跛行」という症状で、しばらく歩くと足が痛くなって休まないと続けられないのです。私の場合は右足のふくらはぎが痛みます。もう日帰りの観光旅行もできません。

 4つに分類しました。数字はブログの回数で、旅行に行った回数ではありません。海外旅行や宿泊付きの国内旅行は、1回の旅行で何回ものブログを書きました。

 ブログ 海外 国内 バス 個人 合計

      (宿泊付き) (日帰り)  

・1回   15  22  14  21  72

-250回               29%

2006年-09年           

69歳-72歳

・251回  13  16  8  34  71

-500回               28%

2009年-12年            

72歳-74歳

・501回   6  24  5  32  67

-750回               27%

2012年-14年           

・751回   0  18  5  21  44

-1000回              18%

2014年-17年 

77歳-80歳

・1000回  0   9  4   15 28

-1250回              11%

2017年-19年    

80歳-82歳

 上記のバスとあるのは日帰りバスツアー、個人とあるのは個人で家族や友人や一人で出かけた日帰りの観光や見物の意味です。%は250回に対する合計数の割合です。

 最後の海外旅行は2012年7月(75歳)の北欧旅行、最後の宿泊付きの国内旅行は2018年(81歳)の日光東照宮観光でした。いずれも体調が旅行に堪えないと判断して以後の旅行を断念しました。

 日帰りは今年の1月が最後です。

 今後の手賀沼通信ブログは身の回りに起こる話題が中心となります。寂しい限りですが、これも運命と思っております。

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

補聴器を買う前には耳鼻科受診がおすすめ(NO.1253)

 我が家は夫婦で高齢のため耳が遠くなりました。

 私はテレビドラマが聴きにくなり、字幕が頼りです。講演会や討論会に行くとき、落語などを楽しむときには美聴だんらんという片耳でコード付きの補聴器を使っています。

 妻は私より重症だったため、4年前からオーダーの補聴器を両耳に入れていました。

 最近その補聴器でも聞こえが悪くなったため、もっとレベルの高いものに替えようと専門店からためしに試聴用の補聴器を借りてきました。新しくする為には耳の型を取りました。

 ところがその夜試聴用の補聴器を外したとき、それまで右側のまずまず聞こえていた耳がかすかにしか聞こえなくなったのです。その時の妻のがっかりした顔が今でも忘れられません。

 私もあわてました。夕食時には新しい補聴器はよく聞こえると喜んでいたのに、かえって新しい補聴器が何らかの原因で悪く働いたのではないかと考えました。前日ウィンブルドンの決勝戦であまり眠れませんでしたが、2日続けて眠れぬ夜でした。

 翌日名戸ヶ谷病院の耳鼻咽喉科に行くことになりました。私もドクターの声がよく聞こえないときの通訳のためについていきました。

 先生はまず耳垢をとりましょうと両耳の掃除をしました。かなり痛かったようです。血の付いた耳垢がびっくりするほど多くとれました。私は耳垢がつかない耳ですのでこんなにも耳垢がたまるのかと驚きました。

 そしてもっと驚いたことは耳の掃除が終わったら妻の耳がよく聞こえるようになったのです。補聴器がなくても先生や私の声が普通に聞こえるようになったのです。妻は「白内障の手術のあとよく見えるようになって感動したが、今度はそれ以上に感動した」と言いました。もしかしたら私の耳よりよく聞こえるようになったかもしれません。今まで使っていた補聴器は大幅に音量を下げることになりました。

 補聴器を使いだす前にたまっていた耳垢が、補聴器を使うたび奥のほうに押し込められて聞こえが悪くなったのでしょう。それを取り除いたため奇跡が起こったのです。

 二人で感じたことは、「補聴器を購入する前にぜひ耳鼻科に行って耳の中を見てもらったほうがいいね」ということでした。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

ウィンブルドン男子シングルス決勝を深夜に見る(NO.1252)

 2019年7月14日、テニスのウィンブルドン男子シングルス決勝がノバク・ジョコビッチ(セルビア)とロジャー・フェデラー(スイス)との間で行われました。

 日本時間で14日の夜10時に試合が始まりました。私は普通10時に床に就きます。試合の音を聞きながら寝ようと部屋のテレビをつけっぱなしにしておきました。

 12時に一度目が覚めたので途中経過を見たらセットカウント1-1で、第3セットの途中でした。それぞれサービスゲームをとり、いい試合のようでした。

 すぐ眠りにつき次に目が覚めたのは2時でした。試合開始から4時間もたつのにまだやっていました。セットカウント2-2の接戦です。最後まで見ようと起きあがりました。最終セットは2ゲーム差を付けないと決着がつきません。途中でフェデラーが相手のサービスゲームを破り、自分のサービスゲームで2度のチャンピオンシップポイントの機会を迎えました。フェデラーが勝つと思ったら優勝8回のあのベテランでも緊張したのか2本ともジョコビッチが反撃しゲームを落としてしまいました。そのあとはお互い譲らず12ゲームずつを取り合いました。

 ウィンブルドン大会は今年からルールが変わり最終セット12-12の場合、タイブレークとなるように変わりました。2010年の男子シングルス1回戦で最終セットが70-68まで続き11時間5分もかかったからです。

 タイブレークはジョコビッチが取り、ジョコビッチが5回目の優勝を飾りました。気がついたら午前3時になっていました。男子シングルス決勝では史上最長の4時間57分の大勝負でした。スコアはジョコビッチの7-6,1-6,7-6,4-6,13-12でした。寝不足となりましたが、いい試合を見せてもらったとお二人に感謝です。

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

雨上がりの八坂神社祭礼(NO.1251)

 令和元年7月13日と14日、八坂神社の祭礼がおこなわれました。

 毎年この時期は梅雨の真っ最中ですが、昨年も一昨年も好天で暑いさなかでした。ところが今年は梅雨らしいお天気、13日は人が出始める夕方から雨が降りだしました。14日は朝から雨、何時間おきかのお祭りを知らせる花火の音が場違いな感じでした。

 ところが午後になって雨がやみ涼しくなって、出歩くにはちょうどいい感じになりました。我が家はもう孫もお祭りは卒業しているため、関心は薄れましたが、ブログに載せるため自転車で写真を撮りに行ってきました。

 45年前、長女が小学校1年生、長男が3歳の時に我孫子台マンションに越してきました。この写真のマンションです。

Conv0001_20190715135901

 1年後に仙台に転勤になりましたが3年後に戻ってきて、6年ほどこのマンションで過ごしました。2人ともお祭りが大好き、私も自治会の役員の時は祭りの手伝いに駆り出され、八坂神社祭礼の2日間は楽しい思い出が詰まっています。

 孫たち3人も我孫子に住んでいてお祭り大好き、楽しみだったようです。

 14日の午後4時ころで、混雑する前でしたが、そこそこ家族連れや子供たちがが繰り出していました。

Conv0005_20190715140101

Conv0002_20190715140201

Conv0003_20190715140201

 以前はこの人ごみの中、我孫子駅の近くまでぶらぶら歩いたものですが、入り口で写真を撮ってさっさと引き上げました。

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

参議院は日本にとって必要か(NO.1250)

 令和元年7月4日に参議院議員選挙が公示され7月21日に選挙が行われます。いま、与野党から370人が立候補し選挙運動が繰り広げられています。

 私は以前から日本の政治にとって参議院が本当に必要なのか疑問を持ってきました。衆議院のコピーではないのか、ねじれ現象を起こしたときには重要な決定が遅れたのではないか、本当に必要な論議が行われているのだろうかなどと考えていました。

 特に昨年7月、1票の格差を憲法に違反しないよう、議員定数を6増やした改正公職選挙法が可決成立した時、これから急速に人口減少社会に突入する日本で議員定数を増やすことは時代への逆行ではないのかと強く感じました。

 そこでネットで調べてみました。いくつかありましたが、2003年に国立国会図書館の政治議会課の田中嘉彦氏が書いた「二院制を巡る論点」が公平な立場から書かれたものではないかと感じたのでその内容と最近の情報を合わせてまとめてみます。

 二院制を敷いているのは2016年現在、192ヶ国中77ヶ国で約40%です。

 欧米の主要国は北欧を除きほぼ二院制です。中国、韓国、台湾などは一院制です。

 ところが欧米は二院制といっても議員の任期や選出方法は各国でまちまちです。日本のように直接選挙で各選挙区の人口に基づいて議員が選ばれるのは日本とイタリアくらいです。

 アメリカも直接選挙ですが上院は各州定員2名です。人口には比例しません。イギリスは任命制と世襲制で任期は終身、ドイツは任命制、フランスは間接選挙、カナダは任命制で終身、ロシアは立法・行政機関の長で構成、などどなっています。

 一院制と二院制にかかわる論議としては、フランス革命期の理論的指導者シェイスは、「第二院は何の役に立つのか、もしそれが第一院に一致するなら無用であり、もしそれに反対するなら有害である」と二院制を否定的に述べています。

 一方19世紀のイギリスの思想家ウォルター・バジョットは「理想的な下院が存在する場合には、上院は不必要であり、有害でもある。しかし現実の下院を見ると、修正機能を持ち、また、政治に専念する第二院を併置しておくことは、必要不可欠とは言えないにしても、極めて有益である」と条件付きで肯定しています。

 日本の参議院がどういった経緯で誕生したのか知りませんが、衆議院の修正機能を持っているとは思われません。今までに、「参議院があってよかった」とか、「よくやった参議院」ということはなかったように感じています。

 10月から消費税が2%上がります。私の乱暴な意見で、数字の根拠は全くありませんが、もし参議院をなくせば、議員や公設秘書の歳費、諸手当、議院や議会や議員宿舎などの諸経費、3年に1度の選挙の際の国や各県の選挙費用や人件費などがなくなります。議員や秘書や選挙の応援をする人やマスコミや投票に行く人のワークロードや時間を他の生産活動や経済活動に振り替えるのをお金に換算してみれば、おそらく節約できた諸経費と合わせて消費税の1%くらいは節約できるのではないかと感じます。

 ただなくすためには憲法改正が必要です。ほとんどの参議院議員は反対するでしょう。不可能なら改革すればいいのです。どう改革するかは国民が考えればいいのです。

 最後に田中氏がまとめた二院制の長所と短所を述べます。

<長所(メリット)>

・立法機能の分割により、立法府が全能となることを抑止

・拙速を避け、慎重に審議

・第一院の衝動的な行動をチェック

・数を代表する第一院に対し第二院が国民の「理」・「良識を代表

・国民の多様な意見をきめ細やかに代表

<短所(デメリット)>

・第二院が強い拒否権を有する場合、立法上の行き詰まりが生じる

・両院の機能が重複している場合、政策決定が遅延・両院間の意志の統一を図る必要があり、立法過程が複雑化

・第二院の維持にかかる諸経費が必要

・第二院の意見が第一院や政府によって無視されるようになると二院制の有効性・政治的正当性が喪失

 はたして今の参議院がメリットを有効に活かしているでしょうか。デメリットばかりが目立っているように思えてなりません。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

ワードからPDFファイルへの変換プログラムはいろいろあった(NO.1249)

 どのPCにも通常PDFファイルを読むプログラムが入っています。PDFファイルはきれいで読みやすく変更が効かないファイルです。

 私が毎月出している手賀沼通信は何年にもわたって大学の後輩のKさんがHTMLを使ってNETにアップロードしてくれていました。私にHTMLの知識がなかったため好意に甘えていたのです。

 数か月前にKさんがHTMLファイルでなくPDFファイルでアップロードするように変えたため、それなら私にもできると自分でアップロードし始めたのです。

 PDFファイルを作成するプログラムはPCには入っていません。10数年前にソースネクスト社より購入した「いきなりPDF」というワードからPDFに変換するプログラムを使って、ワードで作った手賀沼通信をPDFファイルに変え、これも10数年前に購入したホームページビルダーでホームページを作成、FC2が提供しているサイトにアップロードしたのです。

 ところが手賀沼通信7月号には写真が3枚入っていました。写真の入ったファイルはサイズが大きくなります。FC2では1メガを超えるファイルはアップロードできません。「いきなりPDF」で変換すると6メガ近くになってしまいました。Kさんは手賀沼通信を如水会HPにもアップロードしてくれています。そちらにはちゃんと入っていました。

 Kさんに事情を話すと「CubePDF」という変換プログラムで変換したファイルを送ってくれました。そのファイルは1メガ以下になっていました。「CubePDF」はフリーソフトなのでさっそくダウンロードしました。「いきなりPDF」は古いウィンドウズXPのPCでしか使えません。「CubePDF」を使えば2台のPCを使う手間も不要になります。今後は「CubePDF」を使うことに決めました。

 同じ目的でもいろいろなプログラムがあることを知りました。自分の勉強不足を痛感するとともに、Kさんに改めて感謝、感謝です。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

近所にラーメン屋が2軒開店(NO.1248)

 令和元年6月我が家の近所(我孫子市若松)にラーメン屋が2軒オープンしました。

 若松交差点のすぐそばにできたのは「横浜らーめん 浅草寿三家(ことみや)」です。

Conv0001_20190702104401

 ここには平成28年6月から「煮干し中華そば 蓮の華」というラーメン屋がありました。数か月前に突然店を閉めたのであと何が来るかと期待していたのですが、あとに来たのはラーメン屋でした。

 それ以前にも3軒ほどラーメン屋が続いていましたが、いずれも店を閉めました。

 寿三家はオープンしたてなので結構繁盛しています。今度こそ長く続いてほしいと願っています。

 もう1軒は我孫子高校近くの「煮干しだし醤油ラーメン 桂」です。

Conv0002_20190702104601

 この場所にはいろいろな中華料理を出す中華料理店が3代ほど続いていました。我が家は中華料理が好きなので時々家族で通っていました。しかしいつもお客が少なく心配していました。そしていずれも突然店を閉めたのです。

 今度出来たのはラーメン屋です。お店の前に数人の行列がありました。ここも長く続いてほしいと願っています。

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

なでしこジャパンが弱くなった(NO.1247)

 2019年6月25日にフランスのレンヌで行われたサッカー・女子ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、なでしこジャパンは1-2でオランダに敗れ準々決勝に進めませんでした。なでしこは世界ランキング7位、オランダは同8位でした。

 8年前の2011年ワールドカップドイツ大会では優勝、2015年のカナダ大会では準優勝でしたが、今回はベスト16に入って決勝トーナメントに進むのがやっとでした。

 今回の女子ワールドカップは世界の各地区の予選で勝ち残った24チームが4チームずつ6組に分かれて予選リーグを戦いました。各組上位2位までの12チームと各組3位の上位4チームの合わせて16チームがトーナメント戦に出てくる仕組みになっていました。グループDの日本は1勝1敗1分けの2位でした。

 前回はグループCで全勝、1位でトーナメントに進出、決勝戦では8年前優勝した時と同じアメリカと対戦、お返しをされた感じで準優勝でした。

 なぜなでしこジャパンは弱くなったのでしょうか。

 ここから先は私の独断です。間違っているかもしれません。

・世界の女子サッカーのレベルが上がったこと。特にヨーロッパは男子の有力クラブが女子に投資してレベルアップを図った

・日本は24チーム中2番目に若く、力不足だった

・22歳の長谷川選手が司令塔になるなど若手起用が裏目に出た

・優勝経験がある選手をもっと重視すべきだった

・監督が変わり指導者も経験不足だった

・来年の東京オリンピックを重視ししすぎててサッカー界最高の祭典のワールドカップがおろそかになったのではないか

などを感じました。

 ただ選手は一生懸命によく頑張りました。ありがとう。来年のオリンピックでの活躍を期待しています。

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

今年も交流戦はパリーグが圧勝(NO.1246)

 令和元年6月25日プロ野球の交流戦の全日程が終了、今年もパリーグが圧勝しました。巨人ファンとしては毎年同じ内容の記事を書くのは残念の一語に尽きます。パリーグ58勝、セリーグ46勝、引き分け4でした。

 交流戦は15年目、パリーグ10年連続、14度目の勝ち越しとなりました。交流戦の優勝はソフトバンク、8回目です。

 巨人は最後のソフトバンク戦で勝てば優勝でしたが、菅野投手が打ちこまれ優勝を逃しました。上位6チームにはパリーグの4チームが入りました。

 アメリカのインターリーグでは昨年は珍しくナ・リーグが勝ち越しましたが、一昨年まではア・リーグ17勝、ナ・リーグ4勝とこちらも一方的な結果を残しています。

 日米とも一方的な結果となっているのは原因がはっきりしています。指名打者制を採用しているリーグが、指名打者制を採用していないリーグを圧倒しているのです。

 昨年6月22日に手賀沼通信ブログに詳しく書いたのでここでは繰り返しませんが、指名打者制が投手も打者も成長させているのは明らかです。

 セリーグもメンツを捨てて指名打者制に移行すべきです。それには巨人が決めれば済むことです。

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

日本の保釈制度についての素朴な疑問(NO.1245)

 令和元年6月23日に逃亡していた小林容疑者が、公務執行妨害容疑で逮捕されたというニュースが報道されました。小林容疑者は実刑が確定していたにもかかわらず、刑務所への収監がされていなかったのです。6月19日検察庁の事務官などが収容に訪れた際包丁を振り回して逃亡しました。

 包丁を持って逃亡したため、神奈川県の愛川町や厚木市では全小中学校が休校するなどという騒ぎになりました。小林容疑者は窃盗などで懲役3年8か月の実刑が確定していたのですが、即座に控訴して裁判中に保釈されていました。

 わたしが疑問に思うのはなぜ保釈されたかということです。1審で判決が言い渡されたならなぜその場で刑務所に入れなかったのでしょう。

 私は保釈は「証拠隠滅の恐れがない」「逃亡する恐れがない」容疑者が1審の裁判の確定する前に保釈金を払って許されるものと思っていました。控訴した場合は収監されずに保釈が許されるのでしょうか。

 小林容疑者は過去複数回服役し、粗暴さは県警内部では知られていたそうです。しかも「逃走罪」ではなく公務執行妨害容疑で逮捕です。刑務所からの逃亡ではないので、保釈中は適用されないようです。

 読売新聞によれば、2017年には1審判決前に保釈が認められた被告は1万4552人、小林容疑者のように1審の段階で保釈され、実刑判決後に再保釈された被告は808人だそうです。保釈中に別の事件で起訴された被告は246人で10年前の3倍近くになったと書かれていました。

 今回「逃亡する恐れがない」とはだれが判断したのでしょうか。

 私は今回の事件から次のようすべきと思っています。

・保釈は実刑が確定したら即収監する

・控訴しても保釈は認めない

・脱税や薬物の利用などを除いて、殺人、強盗、傷害、暴力行為、窃盗など他人に対しての犯罪の容疑者は1審中でも保釈は認めない。

 検索のトップは今回のようなことが2度と起こらないよう努力すると言いましたが、それと同時に保釈に関する法律を変えるようにすべきと思います。

 法律には素人なので的外れかもしれませんが、今回の事件で感じた素朴な感想です。

| | コメント (0)

«足の痛みのため移動は自転車かバスとなる(NO.1244)