2019年5月15日 (水)

「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に(NO.1235)

 2019年5月14日文化庁はユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)が「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)を世界文化遺産に登録するようユネスコに勧告したと発表しました。6月30日からアゼルバイジャンで開かれる世界遺産委員会で正式に登録されます。

 同古墳群は過去3回世界遺産の国内候補を見送られてきただけに、地元では「4度目の正直」と盛り上がっているようです。

 同古墳群は古墳時代最盛期の4世紀後半~5世紀後半、政治の中心地の1部だった大阪平野南部に作られました。

 国内最大規模の前方後円墳の仁徳天皇陵古墳(長さ486メートル、大山古墳)は、私が子供だったころから教科書に載っており、その形や広大さをよく覚えています。

00417630cx1

 世界遺産にはその仁徳天皇陵古墳から長さ20メートル台の方墳まで、規模も墳形も多様な49基の古墳が含まれています。堺市に百舌鳥エリアの23基の古墳、古市エリアの古墳は藤井寺市に16基、羽曳野市に9基、両市にまたがって1基となっています。

 勧告では、同古墳群は「傑出した古墳時代の埋葬の伝統と社会政治的構造を証明している」として世界遺産に登録される価値があると高く評価し、保存や管理体制についても適切であるとしています。

 ただ29基ある陵墓古墳は基本的には研究者も立ち入れません。私は古墳群には行ったことがないので語る資格はありませんが、観光資源として利用するなら、エジプトや中国の例も参考に、ある程度の開示や見学を考えてみることも必要ではないでしょうか。

 これで日本の世界遺産は、文化遺産が19、自然遺産が4となります。

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

その後購入したもの、取り換えたもの(NO.1234)

 2019年2月8日の手賀沼通信ブログで、昨年取り換えた器具に続いて、今年取り換えたり修理したものを書きました。昨年は6種類,今年は電気ストーブ2台の購入とガス給湯器の修理でした。

 ここではその後購入したものと修理したものを書いてみます。我孫子市若松に家を新築してから35年が経ちました。器具や道具も何度か取り替えましたが、今回初めて取り換えたものがあります。網戸の一部と妻の部屋のふすまと義父母が住んでいた部屋の障子です。

 網戸は前回取り換えなかった6枚を張りなおしました。

Conv0006_8

 ふすまは5枚を張りなおしました。

Conv0008_7

 障子は義父母の部屋の10枚と他の部屋の10枚と合わせて20枚を張り替えました。

Conv0003_5

 2世帯住宅として建てたため、しかも和室が多いため、取り換えたふすまや障子や網戸は全部ではありません。傷みのひどいものに限りました。

 購入した一番の大物は電気冷蔵庫でした。ここに越してきて3台目です。最近のものは大型化しています。昔の大型と同じものを探すのに苦労しました。ちょうど私が入院中でしたので妻と長男が探し出しました。

Conv0001_5

 パソコンは妻と私のものと2台購入しました。妻のPCは壊れたのでヒューレットパッカードのノートにしました。

Conv0007_6

 私のPCは来年1月にウィンドウズ7がサービス停止になるため思い切って新しくしたのです。デルのノートです。

Conv0005_10

 台所の天井の照明がつかなくなりました。蛍光灯の電球を買ってきて取り替えましたがつきません。本体が壊れたと判断し再度ケーズデンキに行きましたが蛍光灯の本体はもう売っていないとのこと、電球を返却し本体を取り替えました。LEDになり明るくなりました。

Conv0002_9

 最後に取り換えたのは車のタイヤです。1年に千キロも乗らないため、ほおっておいたのですが、経年変化でひび割れができていました。

Conv0004_6

 モノや道具は取り換えれば新しくなり性能が良くなりますが、人の体は取り換えるわけにはいきません。衰えるばかりです。寂しいですね。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

10連休が終わった(NO.1233)

 平成31年4月27日から令和元年5月6日までの10連休が終わりました。

 史上初、これからもあるかどうかわからない10連休です。私たち高齢者は毎日が連休なのでどうということはありませんが、サービス業などを除くサラリーマンや小中学生などは10連休を満喫したことと思います。

 その間に元号が平成から令和に代わりました。若者の一部やマスコミなどは大騒ぎでした。連休前半は雨の日や気温の低い日が続きましたが、後半は晴天で温かいというより暑い日が続きました。我が家の玄関のつつじも初日は咲き初めでしたが、連休が終わった今日は満開を過ぎ散り始めていました。

 咲き初めのつつじ。

Conv0001_4

Conv0002_8

 連休が終わって散り始め。

Conv0004_5

Conv0005_9

Conv0003_4

 庭の花も連休中ににぎやかになりました。

Conv0006_7

Conv0007_5

Conv0008_5

Conv0009_4

Conv0010_5

Conv0011_4

Conv0012_4

Conv0013_3

Conv0014_2

Conv0015_1

 手賀沼公園の花も一斉に咲きました。

Conv0016_1

Conv0017_1

Conv0018_1

Conv0019_1

Conv0020_1

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

平成から令和へ(NO.1232)

 平成31年(2019年)4月31日平成の天皇陛下が退位されて平成時代が終わり、翌、令和元年5月1日新天皇が即位されて令和の時代が始まりました。

 4月31日は午前中、天皇陛下は皇居・宮中三殿で「退位礼当日賢所大前の儀」などに臨まれました。儀式のテレビ中継はなく、装束「黄櫨6染御袍」に身を包まれた陛下が裾を持つ侍従を従えて回廊を進むところが放映されました。

 午後5時からは皇居松の間で「退位礼正殿の儀」に臨まれ、両陛下、皇族がご出席、安倍首相の「国民代表の辞」に続いて、陛下が「天皇陛下のお言葉」を述べられました。この様子はテレビ中継がありました。

 両陛下は退位されて心から安堵されたのではないでしょうか。本当に素晴らしい両陛下でした。退位されて天皇は上皇、皇后陛下は上皇后になられました。

 5月1日は10時半から皇居・宮殿で即位の儀式「剣璽等継承の儀」が行われ皇太子殿下が第126代の天皇に、皇太子妃の雅子さまが皇后になられました。

 11時12分からは両陛下は、皇族12人とともに「即位後朝見の儀」に臨まれ、新天皇としての「天皇陛下のお言葉」を述べられました。新天皇と新皇后には、新しい世代としての若々しい力と行動力を期待したいと思います。

 私の日記で昭和天皇崩御とそれ以後を追ってみました。

 ・昭和64年(1989年)1月7日「昭和天皇崩御。1日中特別放送(コマーシャルなし)。皇居前記帳13万人」。

 ・1月8日「平成元年今日から」。

 ・平成元年2月24日「大葬の礼。162か国28機関代表来日。ブッシュ、ミッテラン、エジンバラ公など。金曜日だが休日となる」。

 ・平成2年11月12日。「天皇陛下即位の式典。祝賀パレード」と記していました。

 今回の退位と即位の儀式や平成から令和に変わるについての世の中のお祭り騒ぎとは大違いです。今後高齢で退位というこの方式がいい先例になるかもしれません。

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

史上最長、10連休が始まった(NO.1131)

 2019年(平成31年)4月27日(土)から(令和元年)5月6日(月)までの10連休が始まりました。10連休は史上最長です。

・4月27日(土)

・28日(日)

・29日(月) 昭和の日

・30日(火) 退位の日

・5月1日(水) 即位の日

・2日(木)

・3日(金) 憲法記念日

・4日(土) みどりの日 新天皇陛下一般参賀

・5日(日) こどもの日

・6日(月) 振替休日

 関東地方の天気予報ではすっきり晴れるのは28日、4日、5日であとはすっきりしない日が続くようです。今日27日は我孫子は雨からはじまりました。その後やみましたが寒い日です。北海道の一部では雪が降っているようです。

 帰省や旅行のため高速道の混雑が始まり、交通機関の混雑も始まっているようです。成田空港からは27日には史上最高の6万1千人の出国者数が見込まれています。

 プロ野球もセリーグで巨人、DeNAは10連戦ですが、残り4球団は12連戦となります。銀行などの金融機関はATMは動きますが10連休、普通郵便の配達は4月27日と5月2日のみ、私がお世話になっている名戸ヶ谷あびこ病院は急患を除いて10連休となります。逆にスーパーなどのサービス業は大忙し、交通機関の従業員も大変でしょう。

 私などの高齢者は毎日が連休なのであまり変わったことはないのではないでしょうか。出かけると混雑するので、退位や即位のイベントはテレビで楽しむ人が多いのではないでしょうか。

 我が家の玄関のつつじが咲き始めました。10連休が終わったころには盛りを過ぎて散り始めるかもしれません。

Dsc00295

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

ついに健康寿命から見放された(NO.1230)

 平成30年3月の厚生労働省の資料によれば、2016年の日本人男性の平均寿命は80.98歳、健康寿命は72.14歳となっています。

 健康寿命とは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されています。平均寿命と健康寿命の差が8.84年もあります。健康寿命をどうやって調査しているのかわかりません。ネットで調べたら、介護保険の要支援や要介護の数字から来ているかと思ったのですがそうでもないようで、自己申告で調査しているような資料も見つかりました。

 自己申告なら私はついに健康寿命からはみ出し、不健康な年齢に入りました。

 不健康な年齢になったのは昨年10月、大腸憩室出血になった時からです。それ以後泊りがけの旅行は諦めました。旅行中に再発したら、旅行先で即入院ということになります。家族や一緒に旅行している人に大変な迷惑をかけます。

 今年3月に2度目の再発で3度目の入院をすることになり、日帰りの旅行でさえあきらめました。それと最近脊椎間狭窄症からくる足の痛みがひどくなり、痛みを抱えながら、びっこを引きながら歩くことになってしまいました。そのための薬を飲んでいたのですが、その薬が大腸憩室出血の再再発との関係を疑われ服用をあきらめました。

 もはや「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」とは到底言えません。足の痛みのため、都内で開催の同窓会や元の会社のいろいろな会の出席も断っています。

 あと4日で平成が終わり令和になります。今の年齢は82歳と3か月なので平均寿命は超えました。残された期間は病気の再発に備え、足の痛みに耐えながら、何とか前向きに生きるしかないと覚悟を決めています。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

手賀沼遊歩道の八重桜が満開(NO.1129)

 平成31年4月20日手賀沼遊歩道の八重桜が満開となりました。

 昨年より10日ほど遅いですが、一昨年、3年前と比べるとほぼ同じ時期となっています。

 今まで気が付かなかったのですが、この八重桜はサトザクラ「関山」という種類です。遊歩道の八重桜も築堤工事によってかなり伐採され寂しくなりました。

 今築堤の菜の花の黄色と八重桜のピンクが青空に生え遊歩道を歩く人の目を楽しませてくれています。

Conv0007_4

Conv0001_3

Conv0002_7

Conv0003_3

Conv0004_4

Conv0005_8 

Conv0006_6

 

 

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

新しいパソコンを買う(NO.1228)

 平成31年3月パソコンを買い4月からウィンドウズ10の使用を開始しました。

 新しいパソコンを買ったのはマイクロソフトによるウィンドウズ7のサポートが来年の1月に終了するためです。今使っているパソコンが壊れたわけではありません。またまたマイクロソフトの戦略に載せられることになりました。

 ウィンドウズは新しくなるにしたがって機能は増えたかもしれませんが、使いにくくなっています。なれないせいもあるのでしょうが老人にとってはウィンドウズ10はXPや7よりも使いづらいです。

 たとえばメールソフトにしても、XPのアウトルック・エクスプレスが一番使いやすく、7のライブメールでは送った添付ファイルが無断で引っ剥がされるなどさんざんな目に遭いました。今はアウトルックのメールを使っていますが、10でもそのまま使うつもりです。

 新しいパソコンは8台目のパソコンになります。私の部屋にはウィンドウズXPのデスクトップとノート、ウィンドウズ7のノート、ウィンドウズ10のノートの4台のパソコンが鎮座することになりました。以前の4台はIBM製でしたが、今の4台はすべてデルのPCです。それぞれ現役で使いわけています。XPはネットにはつながっていませんが、新しいパソコンには入らない古いソフトが入っているためです。

 歳をとると知識が衰えるとともに、面倒な操作が億劫になったため4台にもなってしまいました。でも来年の1月までには2台にまとめようと思っています。

 ちなみにプリンターは6台目、無線LANは4台目です。プリンターと無線LANは新しくなるにつれ性能がよくなっています。パソコンのようにソフトが使いやすさを阻害していないためです。

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

手賀沼遊歩道のコヒガンが満開(NO.1227)

 平成31年4月15日手賀沼遊歩道のコヒガン(思川)が満開になりました。遊歩道には数本しか植えられていませんが、ソメイヨシノと八重桜の花の中間のタイミングで満開となります。

 今日は最高気温が20度を超える暑さとなり暖かい日差しが存分に花に注いでいました。

Conv0009_3

Conv0008_4

Conv0007_3

Conv0006_5

 

 

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

若松自治会の班長の役目が終わる(NO.1226)

 平成31年4月13日15時30分から若松第2自治会の総会がアビスタホールで行われました。そこで新しい役員と交代し、私の班長としての役目が終わりました。

 若松第2自治会は世帯数412世帯、役員は6人、班長は22名からなっており、役員と班長の一部は1年交代、班長の大部分は半年交代となっています。私は1年交代の班長を勤めました。

 我が家が班長を受け持つのは35年前に若松に引っ越してきたあとすぐで、今回は2度目です。前回は私が現役でしたので、妻が勤めました。今回は私がやりました。役員のほうは現役を退いた後の2000年に広報役で担当しています。

 班長の役目は回覧板を用意して回すこと、月1回公園掃除に参加すること、班内23世帯の転出転入、慶弔の窓口などです。大したワークロードではありませんが、この1年以内に2度入院したためその間、家内に面倒をかけました。

 1年間の当番が終わってほっとしています。

 自治会の仕事としては、2種類のごみ当番がありますが、これは班長と関係なく全員に年1回と2年に1回くらいのサイクルで交代で回ってきます。タイミングが悪く、ごみ当番も入院と重なってしまいました。

 若松も高齢化が進み、空き家が増えています。そして古い住民は自治会に関心がなくなってきています。ただ買い物やその他の便がいいため、空き家を取り壊して新築の住宅が建てられた場合はすぐ入居者が決まります。今年の自治会役員にもそうした新世代のメンバーが会長やほかの役員を担当することになり頼もしく思っています。

| | コメント (0)

«手賀沼公園と遊歩道の満開で散り始めたソメイヨシノ(NO.1225)