2019年9月14日 (土)

台風15号による停電や断水がここまで長く続くとは思わなかった(NO.1269)

 台風15号は9月8日関東に接近、9日朝5時ごろ千葉市付近に上陸しました。8日の夕方ころから9日午前中にかけて交通機関は計画的に運休しました。台風は9日午後には太平洋に抜けました。

 我が家では風雨に備えましたが、9日の朝起きたところ植木鉢が4つほど倒れたくらいで大したことはなかったと判断しました。ところが大したことがないどころか、大変なことになっているのです。

 14朝10時のニュースでは千葉県でまだ約15万戸で停電が続いていると報じていました。断水も起こっています。13日の東電の記者会見では、他の電力会社の応援も入れて約1万6千人の体制で復旧作業を続けているが、さらに南房総市、館山市、鴨川市、鋸南町、などでは最長2週間、君津市、富津市、山武市、などでは最長1週間、千葉市、市原市など15市町では最長3日間の停電が続くと発表しました。想定外の被害で、見通しが甘かったと謝罪していました。

 今まで顔を見せなかった森田健作千葉県知事が「極めて遺憾である。災害に遭った県民は限界にきており、健康が心配」とコメントしました。テレビでは、家が倒れたり、屋根がなくなったり、電柱が倒れたりしている惨状が報道されています。

 千葉県では台風が通った右側(東側)に大きな被害が出ています。我孫子市のように台風の左側(西側)は被害が少なかったのです。

 今は生活のほとんどが電気に頼っているので停電は大変です。断水も水道管が壊れたのではなく、停電によって水が止まったのが原因のようです。

 昨年の10月1日、台風24号によって我孫子市も停電に見舞われました。我が家では午前2時ころから午前10時ころまで停電しました。たった8時間でしたが、その間の不便と不安は忘れられません。情報が入ってこず、いつ停電が解消するのかということが一番の心配でした。

 それが3週間も続いたら生活は目茶目茶でしょう。慰める言葉もありません。一刻も早く電気が戻ってくることを祈っています。

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

ウォーキングポールを使い始めた(NO.1268)

 令和元年8月、ウォーキングポールを購入し使い始めました。

Conv0001_20190911105301

 脊柱管狭窄症による足のふくらはぎの痛みで、間欠跛行の症状が出始め、長く歩けなくなりました。

 図書館から借りた坐骨神経痛の本にウォーキングポールが歩く助けになると出ていたので購入を決めました。我孫子市のヨーカ堂のスポーツ用品売り場で購入できると思い電話したら売っていません。柏のアリオのヨーカ堂でもダメ、そこで聞いたアリオのムラサキスポーツもなし、近くのアウトドア用品のアルペンを紹介されました。アルペンの国内最大のお店です。ところが電話したらアルペンにもウォーキングポールはありませんでした。

 ネットで調べたら商品がすぐ出てきました。ネット通販がはやるのもうなづけます。妻が楽天の愛用者なので楽天を利用して購入しました。値引き中のものを送料込み2380円で購入しました。ほかのものに比べてお買い得でした。

 ところが届いたのは1本だけでした。トレッキングポールと出ていたので当然2本来ると思ったのが間違いでした。1本だけでも杖として使えばいいのですが、2本のほうが効果的です。あわててもう1本追加購入をしました。安かったのは1本だったからですが、ペアにしても高い買い物ではありませんでした。

 まだ使い始めたばかりですが、効果はあるようです。以前は痛くなると立ち止まって、痛くなったふくらはぎをたたくとまた少し歩けました。ところがウォーキングポールを使うと痛くなりません。長い距離ではまだ試していないので、どれくらい歩けるかはわかりませんが、涼しくなったら徒歩10分くらいの図書館まで歩いてみようと思っています。

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

侍ジャパンU-18は最強チームか(NO.1267)

 2019年9月6日、韓国で行われている第29回WBSC-U18ベースボールワールドカップで日本は韓国に4-5で敗れました。

 試合は日本が2点リードしていましたが、終盤で追いつかれ延長タイブレークになりました。10回表日本は2点を入れましたが、10回裏に韓国が3点を入れてサヨナラ負けとなりました。韓国は今の日韓関係もあってか大変な喜びようでした。

 試合を見ていて日本のメンバーにちょっと違和感を覚えました。

 調べてみたら夏の甲子園大会で優勝した履正社高校の選手が1人も選ばれていないのです。いつの時点で決めたのでしょうか。常識からすると優勝校から1人も選ばれないのはなんか変です。

 永田日本代表監督(元報徳学園監督)、西谷大阪桐蔭学園監督、渡辺元横浜高校監督などの「国際対策プロジェクトチーム」が選んだそうですが、直前の甲子園夏の大会を参考にしてもよかったのではないかと思います。

 20人のメンバーは投手9人、捕手2人、内野手7人、外野手2人となっていました。投手は球数制限や出場制限があるので9人と多くなっているのは理解できますが、ショートが6人も選ばれていました。外野も守れるという選手を選んだようですが、もっとホームランを打った実績のある選手が入ってもよかったように思います。甲子園夏の大会に出ていない選手が20人中6人も入っていました。

 大会は出場12チームから6チームが勝ち残り、スーパーラウンドを戦っています。現在アメリカと台湾が3勝1敗、日本、韓国、オーストラリアが2勝2敗となっています。予選の結果も考慮するそうですので、どうなるかわかりませんが、上位2チームが決勝戦に、その下の2チームが3位決定戦を戦います。

 日本はまだ優勝したことはありません。まずは今日のオーストラリア戦に勝ってほしいと思います。

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

要介護認定を受け要支援1となる(NO.1266)

 令和元年9月4日、我孫子市の高齢者支援課から「要支援1」の通知が届きました。

 脊柱管狭窄症から足の痛みが頻繁に起こるようになりあまり歩けなくなりました。家の中ではほぼ普通に歩けるのですが、外を歩くと右足のふくらはぎに痛みが走りしばらく休まないと歩き続けられません。「間欠跛行」という現象です。重いものも持てなくなり、体のバランスも悪くなりました。

 我が家は床を高く作ってあるため、道路から玄関に入るとき4段の石段を上る必要があります。最近になって転びかけたこともあります。そこに手すりがあると楽です。介護保険が利用できれば手すりを付ける工事費が3割負担で済みます。そこで要介護認定を受けることにしました。

 7月下旬に我孫子市の高齢化支援課に電話したところ、8月1日に介護認定調査員の女性が来てくれました。病気の状態や生活上の不具合をいろいろ聞かれました。8月19日に調査員から渡されていた「介護保険主治医意見書」の記載を東邦病院整形外科に依頼しました。そして9月4日に「要支援1」の結果が届いたのです。

 毎月介護保険の保険料をとられながら、できれば介護保険のお世話にはなりたくないと思っていたのですが、やはり年齢と病気には勝てませんでした。

 さっそく我孫子市の「高齢者なんでも相談室」に電話して玄関の外の手すりを取り付けることにしました。家の中の階段やお風呂にはすでに妻が両親のために手すりを付けていました。今のところ住宅の改造はそれだけです。

 今後さらに歳を重ねますが、要介護にはならないようにしたいものです。

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

ラグビーワールドカップの日本代表が決まった(NO.1265)

 2019年8月29日、ラグビーーワールドカップの日本代表が決まりました。

 そのメンバーを見てこれが日本代表かと驚きを隠せませんでした。サッカーのワールドカップ日本代表や、WBCの侍ジャパンのメンバーはすべて日本人です。大相撲が国際化を果たしたナンバーワンですが、これは国内でのこと、日本代表ではありません。

 ラグビーの日本代表は、ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフがニュージーランド出身です。選手31名は日本人出身者が16人、外国出身者はニュージーランド5人、トンガ5人、南アフリカ2人、オーストラリア、サモア、韓国が各1人で計15人、コーチを入れるとちょうど半数が外国出身者です。ただ15人中8人が日本国籍をとっています。

 そしてこの15人の外国出身者は日本が大好きで、日本語ペラペラ、日本のトップリーグに所属していたり、日本の大学に留学して日本代表を目指した人がほとんどです。過去ワールドカップ日本代表として出場経験のある人が多く見られます。

 そこでネットでラグビー日本代表になる条件を調べてみました。

 条件は他国での代表歴がないことと次のうち1つが満たされていたら代表になれるという、他のスポーツに無いラグビーだけのルールがあるからです。

・出生地が日本

・両親または祖父母のうち一人が日本出身

・日本に継続して3年以上居住していること

のどれかです。国籍や日本の永住権などは条件になっていません。あらためてラグビーのおおらかさに心を打たれました。

 ワールドカップは9月20日から11月2日まで全国12の会場で開催されます。世界から20の国と地域が出場します。

 秋の楽しみがまた増えました。日本チームの健闘を祈っています。

 

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

星稜高校優勝を逃す(NO.1264)

 令和元年8月22日夏の高校野球決勝戦が行われ、履正社高校が星稜高校を5-3で破り優勝しました。

 履正社高校は4回目の出場、星稜高校は20回目の出場、どちらが勝っても初優勝でした。私の予想というより願望は星稜高校の優勝でしたが、履正社に軍配が上がりました。

 今年の星稜高校はエース奥川が大会ナンバーワンの投手と言われ順調に勝ち進んできました。特に印象的だったのは3回戦で智弁和歌山高校を延長14回タイブレークの末、サヨナラホームランで4-1のスコアで破った試合です。奥川は23奪三振の快投でした。

 履正社高校には今年の春選抜で、3-0で完封勝ちしていました。決勝戦は星稜高校が勝つと予想したのです。

 しかし「やはり大阪代表は強かった」結果となりました。過去の都道府県別優勝校を見ても、大阪代表は13回優勝。2ケタの回数は大阪代表だけです。2位は愛知の8回です。昨年までの10年間を見ても大阪桐蔭高校が3回優勝しています。履正社高校はその伝統を守ったことになりました。

 私は愛媛県出身、住んでいるのは千葉県で、石川県の星稜高校とは関係はありません。ただ高校野球ファンとして星稜高校は以前から注目していました。

 最初に関心を抱いたのは1979年(昭和54年)3回戦で和歌山の簑島高校との延長18回の死闘でした。延長に入って先攻の星稜が1点を入れると簑島がホームランで1点返し、さらに17回に星稜が1点を入れるとその裏に簑島がまたホームランで1点返し、18回に簑島がサヨナラで勝った試合でした。17回の裏は簑島のバッターが打ったファールフライを1塁手がグラウンドのシートにつまずいて転んだあとのホームランでした。

 2回目は1992年(平成4年)星稜の松井秀喜が明徳義塾高校に5打席連続敬遠で負けた試合が強烈に印象に残りました。そのあと松井がドラフトでジャイアンツに入っただけに、よけいに星稜を応援することになりました。

 そして3年後の1995年(平成7年)夏の甲子園では初めて決勝戦に進みましたが、帝京高校に1-3で敗れ準優勝でした。

 今年はそれ以来24年ぶりの決勝戦でした。残念でしたが仕方ありません。奥川投手は負けてもすがすがしい印象を残しました。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

「新聞という病」を読む(NO.1263)

 令和元年8月16日、門田隆将の「新聞という病」を読みました。

 読売新聞の書籍広告にこの本が載っていたので、我孫子図書館に予約、数か月待たされてやっと読むことができました。大変面白い本でした。

 著者は中央大学政治学科を卒業、新潮社に入社、「週刊新潮」編集部に所属、記者、デスク、次長、副部長を経て2008年に独立、現在は作家、ジャーナリストとして活躍しています。

 この本は書き下ろしではなく、産経新聞や雑誌「正論」に書いた原稿をベースにした論評集です。全体を通じて、「一部の新聞は正確に報道していない、事実を捻じ曲げている、ネット時代に対応できていない、このままでは生き残れない、だけどどうしても生き残ってもらわなければならない新聞もある」という論調になっています。

 目次は以下の通りです。

第一章 朝鮮半島危機に何を報じたか

(論点) 韓国への制裁を発動せよ

第二章 報道は歴史を直視しているか

(論点) 二二八事件 坂井徳章の「正義と勇気」

第三章 「謝罪」の後の主義主張

(論点) 「吉田調書」報道 朝日新聞の悪意

第四章 命より憲法という観念論

(論点) 現実と憲法 邦人の命を守れない日本

第五章 なぜ「現実」を報道できないか

(論点) 少年Aは「更生していない」という事実

第六章 ”ビラ”になった新聞

(論点) 朝日的手法による日本の損害

第七章 自ら放棄する言論の自由

(論点) 「新潮45」休刊と日本のジャーナリズム

 この本で「病」の張本人として一番に取り上げられているのは朝日新聞です。そして新聞業界全体もやり玉にあがっています。

 門田氏は「おわりに」で以下のように書いています。

 「本書は、本来の姿を見失い、消え去る新聞と、危機の中でもしっかりと生き残る新聞を『何が分かつ』のか、見極めるための『手助け』を目指したものである。全編にわたって新聞に対して非常に厳しい論評を書かせてもらった理由もそこにある。

 しかし、私自身は、実は本書が新聞記者たちへの『励ましの書』であり、『応援の書』であると思っている。」

 なお余談ですが、私も平成14年9月12日に「朝日新聞の大罪」というブログを書きました。東日本大震災の福島原発事故の際、「所員の9割が所長命令に違反して撤退した」という誤報を朝刊一面の載せたことと、従軍慰安婦報道でも記事の一部を取り消しながら謝罪しなかったことについて、記者会見を開いて謝罪した時のことです。

 また平成13年10月の手賀沼通信では、「日本と日本人をダメにした三悪」という記事を書き、日本人をダメにした三悪の一つに朝日新聞を取り上げています。

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

高校野球夏の大会の優勝校についての分析(NO.1262)

 前回に続いて高校野球の分析を楽しんでいます。

 今回は過去の優勝校についてです。昨年が100回大会でした。ところが米騒動と戦争のため2回が途中で中止となりました。したがって優勝校は98校です。大正が11回、昭和が57回、平成が30回開催されました。

 現在47都道府県は9ブロックに分けられています。夏の大会は各県で予選が行われますが、春の大会の高校選抜は秋に行われる各ブロックでの大会の成績が一つの基準になっています。

 夏の大会の優勝校は近畿ブロック(6県)が33校でトップ、続いて関東ブロック(8県)が24校となっています。3番目は東海(4県)と四国(4県)の両ブロックが11校です。一度も優勝校を出していないブロックは東北(6県)です。

 都道府県別でみると大阪が13校でダントツ、愛知が8校、東京、神奈川、和歌山、兵庫、広島がそれぞれ7校、愛媛が6校です。一度も優勝校を出していない県が16県あります。

 高校別でみると4回以上優勝している高校が5校あります。中京商業(中京大中京を含む)が7回、広島商業6回、大阪桐蔭5回、松山商業(松山東校を含む)5回、PL学園4回です。桑田、清原をはじめ多くの名選手を生んだPL学園が終わりとなったのは残念です。私の父や妹婿の母校の松山商業も最近では県予選で早々敗退するようになりました。

 平成30年間ではそれまでとちょっと変わりました。優勝回数は関東ブロックが13回、近畿ブロックが9回と逆転しました。続いて九州ブロックが4回、北海道が2回、東海、四国が1回です。

 高校別では2回以上の優勝校は大阪桐蔭が5回、帝京と駒大苫小牧が2回でした。

 今年の大会から令和の大会になりました。どんな記録が生まれるか楽しみですが、いつまで見られるか神のみぞ知るです。

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

2019年高校野球甲子園出場校を分析して楽しむ(NO.1261)

 今高校野球夏の大会が甲子園で熱戦を繰り広げています。この暑い中、選手も応援団も観客もごくろうさまです。私は涼しい家の中でテレビで楽しんでいます。

 ゲームを見る以外に出場校を分析してみました。これも楽しみの一つです。

 最近は私立高校が甲子園を牛耳っています。今年の49代表校は、私立35校、県立12校、市立2校です。

 ブロック別では、公立(県立+市立)は四国と九州が3校、中国と北信越が2校、北海道が0校、あとは1校ずつとなっています。公立高校が甲子園に出てくるのは大変です。千葉の習志野高校(市立)、兵庫の明石商業(市立)はよく頑張りました。

 初出場は、誉(愛知)、飯山(長野)、富島(宮崎)の各高校です。回を重ねるたびに初出場の高校は減ってきます。

 20回以上出場している高校は9校あります。仙台育英(宮城)28回、静岡(静岡)25回、智弁和歌山(和歌山)24回がベストスリーです。歴史を感じさせられます。

 3年以上連続出場の高校は7校あります。13年連続の聖光学院(福島)、9年連続の作新学院(栃木)、5年連続の花咲徳栄(埼玉)がベストスリーです。その努力は並みでないでしょう。

 私立高校は公立と違って全国から優秀な選手を集められます。全高校を調べたわけではありませんが、いくつか代表的な高校を選んでみました。ベンチに入れるのは18名です。その18名の出身中学を調べました。

 八戸学院(青森)は青森県の中学出身は2名で関西が10名、あとは全国からでした。鶴岡東(山形)は山形県出身は4名、聖光学院(福島)は福島県出身は8名でした。東北の私立高校は比較的他県出身者が多い感じですが、大谷翔平や菊池雄星を生んだ花巻東(岩手)は18名中17名が岩手出身でした。旭川大(北北海道)や沖縄尚学(沖縄)はすべて北海道と沖縄の出身者でした。履正社(大阪)は大阪9名兵庫10名と地元出身者でした。明徳義塾(高知)は高知県が6名、神村学園(鹿児島)は鹿児島2名でした。

 私立高校にはそれぞれ選手集めに違った方針があるようです。

 高校野球の楽しみ方もまたいろいろあると感じています。

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

「小石川七福神」めぐり-再編集版(NO.1260)

 2010年2月10日以前はブログ管理者のココログのシステムでは写真をきれいに載せることができませんでした。 掲載した写真は、小さくぼんやりした写真になりました。旅行のブログでは見られたものではなかったのです。
 昨年夏、2010年2月以前の海外旅行と国内旅行(1泊以上)のブログを再編集して載せました。
 今年の夏は2010年以前の日帰りの旅行を再編集します。
 毎日酷暑が続き、外出できないための暇つぶしの作業です。
 まず、「『小石川七福神』めぐり」から始めたいと思います。
 独りよがりの楽しみです。ひらにご容赦をお願いいたします。
 
   ****************
 平成22年1月8日、東京都中推協余暇部門の仲間に連れられて、東京都文京区の「小石川七福神」めぐりをしました。

  東京都中推協の七福神めぐりに参加するのは今回で3回目です。七福神は全国に何ヶ所あるか知りませんが、いたるところ七福神だらけといった感じです。   

 今回は文京区在住の東京都中推協の会員の案内でした。事前に下見をして100円のパンフレットを無料で用意してくれるなど、大変ありがたいガイド振りでした。最後には文京区役所の食堂での打ち上げまで用意してくれていました。もちろん皆の目的も打ち上げでのいっぱいです。東京都中推協余暇専門部の新年会も兼ねています。

  東京メトロ丸の内線の茗荷谷駅に午後2時半に集合、10人ほどで隣の駅の後楽園まで案内のパンフレットに従って歩きました。

 小石川七福神は以下の場所にありました。

・深光寺(恵比寿)

・徳雲寺(弁財天-男弁天)

 ・宗慶寺(寿老人)

・極楽水(弁財天-女弁天)

・真珠院(布袋尊)

・福聚院(大黒天)

・源覚寺(毘沙門天)

 ・東京ドーム(福禄寿)

 弁天様に男と女があるため、七福神でなく八福神となっています。

 文京区は文化の薫り高い区です。お寺も徳川家につながるような由緒あるお寺が多く、七福神もほとんどがゆかしい場所にありました。

 ただ、女弁天がマンションの中庭にあり、福禄寿が東京ドームに敷地のど真ん中にあるのが、さすが大都会の七福神という感じを与えていました。 

 坂の多い街をゆっくり歩きながら、晴天のおだやかな冬の夕暮を楽しみました。パンフレットには各お寺で朱印を押すスペースが用意されていました。皆さんおまいりしながら朱印を押していました。

Image1_20190807140101

Image1-2

Image1-3

Image1-4  

| | コメント (0)

«お見事、渋野日向子選手(NO.1259)