2021年9月18日 (土)

山の思い出-その3 北アルプス(NO.1510)

 日本アルプスの登山は20歳代に集中しています。その中でも北アルプスが強烈な思い出に残っています。私の山登りは雪山や本格的な岩登りではありませんが、短い間に結構高い山に登りました。

 1960年代は今と違って山に行く人は若い世代が中心でした。高齢者の登山姿はあまり見かけませんでした。山小屋は設備が乏しく食事も簡素、場所によっては今の避難小屋のように食料や寝袋持参の必要がありました。登山の装備もお粗末で、ザックやテントは木綿の重い生地が主でした。調理用具もガスコンロはなく、ガソリンか灯油のコンロでした。ポールやストックもありませんでした。スマホや携帯もなかったので、道に迷ったり遭難すると連絡方法はありませんでした。

 北アルプスに初めて登ったのは、三井生命入社2年目の1961年9月初旬でした。新宿駅を夜行列車で出発、松本電鉄に乗り継ぎ、島々からバスで上高地に入りました。メンバーは11名、上高地からは涸沢に入り、北穂高岳、奥穂高岳、前穂高岳を登って上高地に下りました。上高地の大正池は当時は枯れ木が数多く池の中に立っていました。初めてのアルプス縦走に怖さはなく、ワクワクしながら歩きました。

 2度目は翌年の1962年8月下旬、烏帽子岳に登り裏銀座コースを経て雲ノ平に行き、槍ヶ岳を目指しました。ところが雲ノ平で大雨に遭遇したため、槍ヶ岳はあきらめ、雲ノ平で2泊した後伊藤新道を通って湯俣温泉に下りざるを得ませんでした。雲ノ平は黒部川の源流域にあり、北アルプスの最深部で最後の秘境、雲上の楽園と言われています。

 3度目は1964年8月、立山と剣岳に登りました。富山市から電車、ケーブル、バスを乗り継ぎ、室堂に入りました。そこから立山と剣岳を登りました。立山は登りやすい山ですが、剣岳はカニノタテバイと呼ばれる岩登りの難所があります。その時のメンバーはハイキング部と言っても1人山のベテランがいましたが、他は素人集団です。よく登ったものです。山小屋からは黒部ダムまで下り、開通したばかりの関電トンネルトロリーバスで扇沢に出て帰途につきました。

 立山黒部アルペンルートが完成したのは1972年です。当時は黒部ダムまでは室堂側からは徒歩で降りるより方法がありませんでした。まだ観光客は来れなかったので、雄大で静かな黒部ダムをゆっくり見物できました。

 4度目はIBMに入社した後です。三井生命のハイキング部で一緒だったY君と2人で後立山縦走にチャレンジしました。白馬岳から鹿島槍ケ岳まで縦走する予定でした。ところが白馬岳に登った翌日、大雨に遭いました。仕方がないので鑓ヶ岳から鑓温泉小屋に下りました。雨の中の縦走は遭難の危険があります。

 そこで1泊した後、休暇を取っていたので、大糸線経由で直江津から佐渡島の小木に行きました。山から海に代わったのです。佐渡を観光して帰宅しました。若かったからこんなことができたのかもしれません。

 5度目はIBMの友人2人と英会話教室のアメリカ人の先生との4人で北アルプスの表銀座コースを縦走しました。北アルプスの女王と呼ばれる燕岳からあこがれの槍ヶ岳までの縦走です。好天に恵まれのんびり楽しみながら歩きました。槍ヶ岳の槍の穂の岩登りもみんな問題なくこなしました。帰りは槍沢を下って上高地に出ました。

 その時気の毒だったのはアメリカ人の先生が山小屋が苦手で、トイレと雑魚寝に苦労していました。たしかに当時の山小屋は快適とは言えませんでした。水洗トイレなどありませんでした。

 北アルプスの登山はこれで終わりましたが、その後観光で、黒部峡谷トロッコ電車、黒部アルペンルート、白馬山麓の栂池自然園、五竜アルプス山野草園、新穂高ロープウェイ、2度の上高地などを訪れています。北アルプスは山登りの面白さを教えてくれた思い出です。

 

 

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

読書の終活「峠」を読み終え「関ケ原」へ(NO.1510)

 令和3年9月14日、書棚の司馬遼太郎の小説「峠」文庫本2冊を読み終えました。これで司馬遼太郎の14作品を読み終えたことになります。

Conv0001_20210915105501

 読み始めたのは5月5日ですが、2冊を読み終えるまでに4か月以上かかったのは、途中で12冊の本を読んだためです。図書館で予約した本や妻に勧められた本を先に読みました。

 「峠」は平成9年に購入しています。読むのは今回で3度目です。「峠」の主人公は維新史上まれにみる壮烈な北越戦争を起こし戦場で散った河井継之助です。

 河井継之助は一藩士から実力によって家老に抜擢されます。開明論者であり、封建制度の崩壊を見通しながら、長岡藩を率いて官軍とあまり意味のない勝てない戦いをやることになります。その結果多くの藩士や農民を死に追いやる結果になります。

 「峠」では主人公のそのようはマイナス面にはあまり触れず、武士道に殉じた生涯を描いています。読み終わって司馬氏の他の小説のような爽快感はありませんでした。

 次に選んだのは「関ケ原」です。誰でも知っている関ケ原の戦いがどう描かれているか楽しみです。2度読んだはずですが、内容は忘れています。主人公は石田三成、司馬氏の「新史太閤記」の後を受け、「城塞」に続く3部作の真ん中です。

 平成9年から10年に購入した文庫本3冊です。

Conv0002_20210915105901

 

| | コメント (0)

2021年9月12日 (日)

緊急事態宣言が19都道府県で9月30日まで延長(NO.1509)

 令和3年9月12日、本日までだった緊急事態宣言が19都道府県で9月30日まで延長されました。

 北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、岐阜、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄の19都道府県で、宮城、岡山はまんえん防止措置に移行しました。まんえん防止措置はその2県と、福島、石川、香川、熊本、宮崎、鹿児島の6県が9月30日まで延長、富山、山梨、愛媛、高知、佐賀、長崎の6県が解除されました。

 今後は宣言解除は感染の減少などの5つの指標だけでなく、医療提供体制をより重視した新しい基準を適用することになりました。

 これで何度目の緊急事態宣言であり、何度目の延長でしょうか。国民は慣れっこになり緊急事態宣言の効果は減ってきています。人出は減っていません。菅首相は自民党総裁選への立候補を取りやめて、コロナ対策に専念するとのことですが、これを最後の宣言にしてほしいものです。

 明るい見通しとしては、ワクチンの効果がはっきりと出てきていることです。

 我孫子市の感染者が毎日メールで届きますが、高齢者が激減し、代わりに若い年齢層の患者が激増しています。日本国内の感染者数は8月13日に2万人を超え、一時は2万5千人を超えましたが、9月2日以降は1万人台となり、9月10,11日は8千人台となりました。

 ただ重症者数は日本国内で依然2千人を超えており、死亡者数も9月8日に89名となって今回の宣言下では最高になりました。

 9月10日現在のワクチン接種者数が、日本国内で約6308万人で、接種率が49.8%ですので、接種が進めば重症者も死亡者も減ってくると思われます。

 今年いっぱいでコロナに振り回される生活が終わってくれるよう願っています。

| | コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

山の思い出-その2 尾瀬(NO.1508)

 私が山に熱中したのは1960年(昭和35年)、大学を卒業して三井生命に入社し、ハイキング部に入ってからです。1964年9月には三井生命を退社していますので約4年間の間は毎月のように山に行っていました。

 その後はほとんど山には行かなくなったのですが、尾瀬はほかのところに比べて一番好きだったので、歳を重ねてからも行きました。合計5回になりました。尾瀬を代表する燧ヶ岳と至仏山には2回ずつ登っています。

 最初に尾瀬を訪れたのは1961年11月でした。尾瀬ヶ原は草紅葉が終わりかけ、秋色濃いい景色となっていました。我々は13人のパーティでしたが、人影まばらで静かな尾瀬を楽しむことができました。

 2度目は写真は残っていますが記録がないのではっきりせず、その翌年か2年後かです。その時はバスを借り切り、会社のそばから出発したのを覚えています。人数は47名で全員三井生命の社員、8割は若い女性でした。その後妻となる女性も一緒でした。

 当時は尾瀬のハイキングがブームとなっており、社内で希望者を募ったところ、あという間にバスの定員いっぱいになりました。ブームとは言っても47名の大集団は目立ちました。7月で尾瀬ハイキングには絶好の季節、ニッコウキスゲの花が満開でした。いくつかのグループに分かれて、燧ケ岳登山や尾瀬ヶ原散策を楽しみました。

 当時はまだ尾瀬の木道は整備が不十分で、自然を守るルールも徹底せず、尾瀬が一番荒れていたときだったと思います。木道をすれ違う時は、どちらかが木道を降りて草原を歩かなければなりませんでした。尾瀬沼にはエンジン付きの渡し船があったくらいです。ごみの持ち帰りが始まったのは1970年代になってからです。私たち47名も尾瀬の自然を荒れさせるのに一役買ったかもしれません。

 それから約30年後の1991年と1992年に旅行会社の尾瀬ツアーに参加しました。バスと宿泊だけ予約して、あとは自由行動のツアーです。一人で参加し、尾瀬ヶ原散策、三条の滝見物や登山を楽しみました。

 1992年に至仏山に登ったときは、早朝だったため全く人に会わず、山頂を30分以上独占したのを覚えています。

 5度目は2003年の66歳のときに、東京都中推協の仲間15名で温泉と尾瀬ヶ原を楽しみました。6月で水芭蕉が咲いていました。マイクロバスで行き、尾瀬に入る前の岩鞍温泉で一杯やるのが主な目的だったようなハイキングでした。

 数年前に妻ともう一度尾瀬に行こうかと話し合ったことがありますが、もう体がついていかないだろうと考えやめました。

 尾瀬の風景は今でも目に焼き付いています。

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

東京パラリンピックが終わった(NO.1507)

 2021年9月5日、13日間にわたって私たちに感動を与えてくれた東京パラリンピックが終わりました。

 7月23日から始まった東京オリンピックと東京パラリンピックがすべて幕を閉じたことになります。パラリンピックもオリンピックと同じように新型コロナウィルスのため1年延期され、無観客で行われました。史上初めてのことでした。

 パラリンピックの閉会式は9月5日午後8時から東京・国立競技場で行われました。「多様性と調和」をテーマに、障害の有無にかかわらず互いを認め合う共生社会の実現を、鮮やかな色彩と音楽と人間のアクションで演出しました。印象に残る見事な閉会式でした。

 パラリンピック旗が小池都知事からパリ市長に引き継がれました。次回は3年後の2024年です。

 私にとってパラリンピックは新しい応援の仕方を教えてくれました。オリンピックは国と国との争いという感じで、何とか金メダルを取ってほしいと思っていました。ところがパラリンピックはメダル争いというより、アスリートがそれぞれの目標を達成してほしいと願うようになりました。

 初めに水泳の競技を見た時、皆さん障害を克服して、体のハンデを感じさせない泳ぎでゴールを目指していました。メダルや順位など気にしていない感じでした。感動でした。中にはメダルを目指す人もいるのは当然ですが、結果としてメダルを勝ち得た人のほうが多いように思いました。

 コロナの中、頑張ってくれたアスリートやボンティアの人たちに感謝感謝です。そしてこの大会は日本でなければ開催できなかったと思っています。

 最後に記録としてメダルの数を残します。

 東京パラリンピックは金13、銀15、銅23、総数51個でした。国別では、金、総数とも11位でした。

 東京オリンピックの金27、銀14、銅17より、銀と銅の数は上回りました。

 前回のリオパラリンピックは金ゼロで、合計24個でした。今回は、アテネ大会の金17、総数52個に次ぐ成績でした。

 東京大会は終わりましたが、パリを目指してアスリートの皆さんのご健闘を祈っています。

Conv0001_20210906105801

Conv0002_20210906105801

Conv0003_20210906105801

Conv0004_20210906105801

Conv0005_20210906105801

Conv0006_20210906105801

Conv0007_20210906105801

Conv0008_20210906105801

Conv0011_20210906110301

Conv0009_20210906105801

Conv0010_20210906105801

 

| | コメント (0)

2021年9月 4日 (土)

菅首相が突然次期総裁選に不出馬を表明(NO.1506)

 菅首相が令和3年9月3日、それまでの態度を豹変、突然次期自民党総裁選への不出馬を表明しました。菅首相は10月上旬で退陣することになります。

 読売新聞によると、新型コロナウィルス対応への批判に加え、党内の求心力が低下し、党総裁選(9月29日投開票)での再選は困難と判断したとありました。

 私の愚見では、新型コロナウィルス対策の失敗は、菅首相にも責任があるかもしれませんが、アベノマスクに代表される安倍前首相の失政を引き継いでいたこともあると思います。それに、国産ワクチンの開発の遅れ、外国産ワクチンの入手の遅れ、人口比で世界一の病床数がありながらコロナ患者受け入れを拒否する病院が多いなどの、日本の医療行政のお粗末さなどが足を引っ張ったのではないかと思います。厚生労働省や医師会などの罪も大きいと思います。

 菅首相の功績は、デジタル庁の設置、コロナ禍の中でオリンピック、パラリンピックを成功させたことです。

 ただ、これも私見ですが、菅首相には一国の首相としての風格が足りなかったような気がします。真面目な感じは受けますが、明るさ、信念、国民への説明、安心感、信頼感、リーダーシップが足りませんでした。

 後釜はだれになるでしょうか。岸田氏、河野氏、石破氏などの名前が挙がっていますが、何か物足りない気がします。

 田中角栄が勝利したときは、「三角大福中」と5人の大物がいました。結果的には5人とも首相になりました。「安竹宮」では2人が首相になり、安倍氏は息子が首相になりました。

 いずれにせよ日本を輝かしい国にし、日本人を幸せにしてくれる人が次期首相になってほしいと思います。

 

| | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

山の思い出-その1 石鎚山と富士山(1505)

 山の思い出には、登山だけでなく、キャンプ、高原散策、スキー、観光旅行などいっぱいありますが、いくつかにポイントを絞ってまとめたいと思います。

 まずは中学生で登った石鎚山と大学生で登った富士山です。

 初めて山らしい山に登ったのが、中学2年生か3年生の時の石鎚山です。家族づきあいをしていた父の友人とその娘さんとの4人で登りました。今から約70年前のことです。

 石鎚山は標高1982メートルの西日本一の高峰、百名山としても人気のある山となっていますが、当時の私は愛媛県で一番高い山で、鎖場のある上りにくい山くらいの知識しかありませんでした。深田久弥が日本百名山を選んだのは1961年ですから、私が登ったとき(1950年ころ)は百名山ではありませんでした。

 その時の写真が2枚だけ残っていますが、普通の格好で麦わら帽子に運動靴、肩掛けのカバンに杖といった格好で、ザックも持っていません。近くの山に行くといった感じです。

 途中の成就社に泊まったのを覚えています。3っつの鎖場がありました。そのあとの登山でいくつもの鎖を利用しましたが、石鎚山の鎖は違っていて、たしか太い鎖で足先がかかるようにできていたと記憶しています。

 弥山(みせん)と言われている山頂に登りました。最高峰の天狗岳は当時は危険なため、中学生には登らせなかったようでした。下りは有名な面河渓谷への道を下りました。

 富士山は友人と2人で登りました。山梨県側の5合目の吉田口から登り、須走を通って御殿場口に下りました。8合目の山小屋に泊まりましたが、寝返りが難しいくらいのものすごい混雑でした。当時から富士登山は人気がありました。富士山頂から見たご来光が素晴らしかったのを覚えています。でも山に登るという実感はあまりなかったように思います。

 その後いろいろな山から富士山を見ましたが、富士山は登るより眺める山だと感じています。

| | コメント (0)

2021年8月28日 (土)

趣味、嗜好の思い出-その2 体を動かさないもの(NO.1504)

 今回は体を動かさないものの思い出です。変な言葉ですが、体を動かす趣味、例えばスポーツなどに当てはまらないその他一般の趣味や嗜好のことです。

 まず大人になってから今まで、約65年間一貫して好きなものはお酒です。学生時代や社会人の独身時代は別ですが、結婚してからはほぼ毎日お酒を嗜んできました。

 学生時代や独身時代は毎日飲むことはありませんでしたが、飲むときは飲みすぎることが多く、何度か失敗を繰り返しました。結婚してからも家内の迷惑をかけることがあり申し訳ないと思っていますが、夜会社から帰って飲む晩酌が毎日の楽しみでした。

 若い時はトリスなどの安いウィスキー、結婚してからはビール、高齢になってからは、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、紹興酒、泡盛、ウィスキー、梅酒、レモンチェッロなどいろいろ味わっています。コロナや、脚の痛みなどであまり外出できなくなった今は、なおさら晩酌が最大の楽しみになっています。

 もう一つ生涯の友は読書です。読書の対象は年齢とともに変わっています。これについては別の機会に書きましょう。

 映画も大好きです。好きなのは小学生時代から今まで変わりませんが、現役時代は時間がなかったせいもありますが映画から遠ざかっていました。今はテレビの映画を録画して見ています。ただ、最近の映画は話題作を除いてあまり見ません。どちらかというと昔の映画を楽しんでいます。

 賭け事は学生時代にマージャン、仙台赴任時にパチンコ、アコム時代に競馬を少しやりましたが、一時的なものではまり込むことはありませんでした。パチンコは通勤時の帰りのバス停の前がパチンコ店だったため、競馬は通勤で中山競馬場の駅を通るのと部長に感化されたためでした。負けることが多く、自分にはばく才がないとつくづく感じさせられました。

 定年後多くの人が始める俳句と写真にも関心はありませんでした。私のふるさと伊予の松山は俳句の聖地です。多くの人が嗜んでいます。弟もやっています。私は俳句の代りに文章を書く方に行きました。そして定年後始めたのは情報発信です。これについても機会を改めて書きます。

 趣味としての写真は始めませんでしたが、デジカメを買ったのは早かったと思います。最初に買ったデジカメはプロッピーディスクに記憶するデジカメでした。画質が悪く容量も少なかったのですぐ市場から消えました。私のデジカメは旅行や日常の記録のためで芸術作品を取るためではありません。その後何台か新しくしましたが、常に小さくて軽くて安価な携帯カメラでした。

 パソコン、パソコン通信、無線LANなども割と早く始めました。最初はIBM製のパソコンでしたが、途中からデルになりました。今のは7台目くらいです。パソコン通信のため専用の電話回線を引いたりしましたが、これも間もなくインターネットに替わったので回線は売りました。

 ただスマホを使い始めたのは家族9人の中で最も遅くなりました。今でもスマホ入力は苦手で、パソコンのほうを愛用しています。平成31年間にわたって熱中したのは民謡です。脚と喉がおかしくなって、1昨年12月にやめましたが、愛友会で民謡を学びました。民謡の仲間とカラオケに行くのも楽しみでした。これも別の機会に書きましょう。

 コロナで自粛の毎日、楽しみは、家内の手料理とお酒、テレビ、パソコン、読書となっています。

| | コメント (0)

2021年8月25日 (水)

パラリンピックの開会式と緊急事態宣言およびまんえん防止措置の拡大(NO.1503)

 2021年8月24日夜8時より東京・国立競技場で東京パラリンピックの開会式が行われました。

 東京パラリンピックには161の国・地域と難民選手団が参加します。2012年のロンドン大会の164に次ぐ史上2番目の規模で、選手の数は約4500人になります。日本からは過去最大の254人が出場する予定です。8月25日から9月5日まで、22競技539種目で競うことになります。

 開会式は東京オリンピックと同じく、光と映像があふれ、「WE HAVE WINGS」のテーマで行われた見事なアトラクションが展開されました。開会式も東京オリンピックと同じく無観客でしたが、テレビを通じてその素晴らしさが全世界に伝わったことと思います。

 なお競技もコロナの感染拡大を防ぐため無観客で行われます。

 開会式の一部です。

Conv0001_20210825125401

Conv0002_20210825125401

Conv0003_20210825125401

Conv0004_20210825125401

Conv0005_20210825125401

Conv0006_20210825125401

Conv0007_20210825125401

Conv0008_20210825125401

Conv0009_20210825125401

 

 同じ8月24日に政府は新型コロナウィルス対策として13都府県に発令中の緊急事態宣言に、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道府県を追加すると発表しました。

 またまんえん防止等重点措置に高知、佐賀、宮崎、長崎を追加します。期限は8月27日から9月12日までです。これで47都道府県のうち、33都道府県がどちらかの対象となります。私はいっそのこと全国を対象にすべきと思うのですが、政府はそこまでは踏み切れないのでしょう。

 何度も同じことを言いますが、これで最後にしたいと感じています。

 日本の日毎の感染者数は、イギリス以外のヨーロッパの国やロシアの感染者数を追い越し、デルタ型の本家インドに迫る勢いです。国民の皆さんはどう思っているのでしょうか。

| | コメント (0)

2021年8月21日 (土)

趣味、嗜好の思い出-その1 身体を動かすもの(NO.1502)

 また思い出シリーズに戻ります。今回は体を使う趣味、嗜好です。

 はっきりした年齢は覚えていませんが最初に熱中したのは水泳です。

 終戦は小学校3年のときですから、海で泳ぎ始めたのはそれ以後だと思います。私の家は瀬戸内海に面した愛媛県伊予市です。そのころは郡中町でした。海岸は家から歩いて数分で何もない砂浜でした。

 当時は海水パンツなどはなく、家から6尺ふんどしを絞めて海に通っていました。6月末ころから9月半ばまでは泳ぐことができました。近所の仲間や弟が一緒でした。誰かに教わったわけではありませんが、犬かきから始まって小学生の間に、クロール、平泳ぎ、背泳は泳げるようになりました。仲間の中では水泳は得意な方でした。バタフライという泳法は当時はありませんでした。大人になって試みましたが最後まで泳ぐことはできませんでした。

 そのうち砂浜が港に変わったので、一文字という防波堤でまで泳いで行ってそこで泳いでいました。飛び込みができるのが楽しみでした。高校生ころになると防波堤で泳ぐのはやめ、港から2キロほど先にあった海水浴場まで泳いで往復し、そこで泳いでいました。

 水泳はその後やめました。今は大人になって始める人も多いようですが、私は逆になりました。子供とたまに海水浴場に行くくらいでした。三井生命で部門対抗の水泳大会があり駆り出されましたが、プールで泳ぐのが初めてだったため、コースロープに沿った泳ぎやターンがうまくできず惨敗したのを覚えています。

 水泳と同時に釣りもよくやりました。防波堤から釣ったり、伝馬船を借りて小鯛やメゴチなどを釣りました。伝馬船漕ぎも得意でした。

 釣りに凝ったのはその後時間をおいて2回あります。IBMの仙台時代、同僚と女川に船釣りに通いました。カレイとアイナメ(現地ではネウ)がねらいでした。我孫子に戻ってからは手賀沼のコイ釣と山中湖でのルアー釣りでした。

 水泳の後はまったのが登山です。三井生命でハイキングクラブに入り毎月のように山登りをしていました。ハイキング部は冬はスキー部に変わりスキーをやりました。登山については別の機会を設けて詳しく書きます。

 IBMに入ってからゴルフを覚えました。ただゴルフはそれほど好きでなくうまくもなりませんでした。その後もお付き合いでほそぼそ続けていましたが、50歳のときバイクで転倒し鎖骨を折るけがをしたのをきっかけにやめました。

 45歳でテニスを始め、テニスに熱中しました。テニススクールの仲間と合宿したり、IBMの研修の仲間とテニスのため忍野村で泊まり込みをしたりしました。ただこれもバイク事故でやめざるを得ませんでした。

 その次に熱中したのがウォーキングです。肩や腕がうまく使えないなら足があると思ったのです。これも別の機会に詳しく書きます。

 そして最後に凝ったのがグラウンドゴルフです。72歳のとき友人の勧めでグラウンドゴルフのサークルに入りました。75歳で体調を壊すまで毎週のように楽しみました。高齢者にとっては体に優しいスポーツです。女性に負けるときも多かったと思います。

 人生の後半を一番輝かせてくれたのは何といっても旅行です。海外旅行、国内旅行、日帰りバス旅行などいろいろ楽しみました。妻と行った旅行が大半です。旅行についても別の機会で詳しく書くつもりです。

| | コメント (0)

«過去最大の緊急事態宣言(NO.1501)