« 手賀沼のほとりに温泉誕生 | トップページ | 山本一力を読む »

2007年3月23日 (金)

デジカメで記録映画を作る

 3月はじめの沖縄旅行に1月に購入したソニーの「サイバーショットDSC-T50」を持参し動画を撮ってきました。妻のデジカメで普通の写真を撮り、私は動画専門に徹しました。

 Photo 「サイバーショットDSC-T50」は3万3千円ほどのごく普通のカメラです。液晶画面が大きいのとタッチパネルで操作するのが特徴です。静止画と動画が取れます。1ギガのメモリースティックで約45分撮ることができます。今回は1ギガを2枚持って行ったため約1時間半撮ることになりました。

 旅行から帰った後の編集はソースネクスト社の動画編集ソフト「パワーディレクター」を使いました。ソースネクストのソフトは安いのが特徴です。その代わり説明は舌足らず、トライ&エラーで使っていくしかありません。

Photo_1  「パワーディレクター」も海外で開発されたソフトのようで、使用方法や使用例などの解説書が付いていないため、使うのに苦労しました。

 今回はショットの接続、入れ替え、トリム、テロップの挿入などの機能を使いました。それをCD-Rに出力し、家族を集めてパソコンで公開しました。あまり出来はよくありませんが、一応記録映画となりました。

 詳しいことは手賀沼通信5月号に書く予定です。 

 このブログでは動画は使えないので静止画をご紹介いたします。

 写真をクリックすれば大きくなりはっきり見えます。

| |

« 手賀沼のほとりに温泉誕生 | トップページ | 山本一力を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手賀沼のほとりに温泉誕生 | トップページ | 山本一力を読む »