« 船の科学館 | トップページ | 我孫子市少年野球 »

2007年10月20日 (土)

自治会の防災訓練

 平成19年10月14日(日)、我孫子市若松第2自治会の防災訓練を、我孫子市消防署の指導のもとに自治会内の公園で行いました。

Dc102001  消防署からは消防車が2台と数名ずつの消防隊員と救急隊員がかけつけ、自治会役員を中心とした大勢の自治会員を熱心に指導してくれました。

 まず最初は消火器の使用訓練です。消火器を使って、火の代わりのスチール板に向かって、勢いよく消化剤の代わりに入れた水を放射していました。本当の火事の際にも練習のように落ちついて消火できるといいですね。

 Dc102002 次はテントの中に充満させた煙を潜り抜ける練習です。火事の際の煙のように黒くて刺激の強い煙とは違いましたが、皆さん上手に煙をくぐっていました。

 また、この10月から設置を義務付けられた火災報知器の説明もありました。

 救急隊員の指導はまず三角巾を使っての傷の縛り方でした。最初戸惑っていた方も練習を重ねてうまく縛れるようになりました。ただ覚えてもすぐ忘れます。日ごろ繰り返して練習することが必要と感じました。

Dc102003  最後はADを使った蘇生訓練です。ADの使用方法と人工呼吸や心臓マッサージの実演がありました。これもときどき練習を繰り返して忘れないようにすることが大切です。

 最後に炊き出しで作ったアルファ米のご飯、味噌汁、乾パン、お茶、お菓子などが配られて訓練が終わりました。

 写真はクリックすると大きくなります。

|

« 船の科学館 | トップページ | 我孫子市少年野球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 船の科学館 | トップページ | 我孫子市少年野球 »