« e-Taxによる確定申告をあきらめた | トップページ | 「あらたにす」発足 »

2008年1月26日 (土)

心臓カテーテル検査

 平成20年1月23日、新東京病院で心臓冠動脈カテーテル検査を受けました。前回冠動脈に狭窄部分が見つかって、バルーンで血管を膨らまし、ステントを挿入する手術を受けてから3年ぶりです。

 前回は我孫子市で実施している健康診断の心電図で異常が発見され、ホームドクターのアドバイスに従って新東京病院で精密検査をして、狭窄が発見されました。

 今回は新東京病院に3ヶ月に1回通院している際にうけた、トレッドミル負荷心電図検査で狭心症の症状がでたのでカテーテル検査となった次第です。前回も今回も自覚症状は全くありませんでした。

 カテーテル検査は1泊2日で検査します。この検査を受ける前に、別の日に血液検査、動脈硬化検査、超音波検査などがあり、その検査の結果をふまえてのカテーテル検査となります。

 カテーテル検査そのものは30分くらいで終わります。左手首の動脈に細い管(カテーテル)を挿入し、その管から造影剤を注入してX線で確認しながら、コンピュータに動画を録画します。

 管を挿入する際には局所麻酔を行うため痛みはありません。造影剤が血管に入ると、体が熱く感じたりしますが、苦しさはありません。初めてのときは様子が分からなかったので不安を感じましたが、4回目となると慣れもあって不安はありませんでした。

 終了後は点滴を2本します。これがちょっとわずらわしい感じです。ただ、足の付け根からカテーテルを挿入した場合は、検査後24時間ほどは動けないためかなり苦しいようです。

 検査後数時間後に主治医から検査結果の説明を受けました。薬は飲み続けなければならないが、特に外科的治療は必要ないとのことでした。ほっとしました。負荷心電図に出た狭心症の症状は心臓肥大が原因とのことでした。

 ただ動脈硬化が進んでいるので、死ぬまで心臓はウォッチしていかなければならないようです。

| |

« e-Taxによる確定申告をあきらめた | トップページ | 「あらたにす」発足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« e-Taxによる確定申告をあきらめた | トップページ | 「あらたにす」発足 »