« 太田市の芝桜と足利学校 | トップページ | トルコ旅行-1 »

2008年5月10日 (土)

佐伯泰英の小説が面白い

 最近佐伯泰英と浅田次郎の小説を読み漁っています。その前に山本一力、吉村昭、高杉良の小説をほとんど読みつくして、次にはまったのが佐伯泰英と浅田次郎です。

 今までに佐伯泰英の小説は16冊、浅田次郎の本は30冊読みました。浅田次郎の30冊には小説だけでなくエッセイも入っています。

 今回は佐伯泰英について書いてみましょう。

 大きい書店に行くと、かならず佐伯泰英のコーナーがあります。すべて時代小説、すべて文庫本です。よく売れているようです。

 佐伯泰英は冒険小説や国際謀略小説も書いていますが、コーナーに並んでいるのは時代小説ばかりです。すっかり時代小説作家のイメージが定着してしまったのでしょう。

 テレビドラマでもよく放送されます。以前NHKで放映された「陽炎の辻」シリーズ、今テレビ東京で放送されている「密命~寒月霞斬り」シリーズがそれです。

 佐伯泰英の時代小説はシリーズものです。次のように10のシリーズがあり、それぞれ天下無敵の剣客が登場し、悪い相手をやっつけるという筋書きです。痛快な小説ばかりです。

①密命 

②夏目影二郎始末旅

③古着屋総兵衛影始末

④鎌倉河岸捕物控

⑤吉原裏同心

⑥長崎絵師通吏辰次郎

⑦居眠磐音江戸双紙

⑧悪松

⑨酔いどれ小藤次留書

⑩交代寄合伊那衆異聞 

 大変な多作家で、よくもこれだけ書き分けられるなと思います。背景はすべて江戸時代ですが、少しずつ時代を変えて、歴史上の人物や事件も取り入れられており、その博識ぶりに感心します。乱作という感じはしません。

 電車の中や病院の待合室などでの暇つぶしに、気楽に読める肩のこらない小説と言えるでしょう。

著者に関係するHPです。

http://members3.jcom.home.ne.jp/ynitta/(手賀沼へいらっしゃい)
http://members3.jcom.home.ne.jp/nittay/(手賀沼通信バックナンバー)
http://www.josuikai.net/semi/koyukai(最新の手賀沼通信)

| |

« 太田市の芝桜と足利学校 | トップページ | トルコ旅行-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太田市の芝桜と足利学校 | トップページ | トルコ旅行-1 »