« ゴールデンウィークに裏磐梯旅行 | トップページ | 中国地方旅行(その1) »

2009年5月 9日 (土)

ゴールデンウィークに「満天の湯」に入る

 平成21年5月4日に手賀大橋のたもとにある「満天の湯」に入りました。

 満天の湯は2年前の平成19年3月にオープンしました。満天の湯に入るのは2度目です。ちょうど仙台から帰省していた長男一家が行ってみたいと希望したので、混雑を覚悟で3歳の孫をつれて5人で出かけました。

 Dc021406 満天の湯は温泉です。我孫子は温泉地ではありませんが、日本はたいていのところは地下深く掘れば温泉が湧くようです。最初、温泉を掘っていると聞いた時は信じられませんでした。

 お湯はちょっと赤みを帯びた色をしています。塩辛い味がします。満天の湯のホームページの説明では、「泉質はナトリウム-塩化物強塩泉」となっています。

 歩いても15分くらいのところですが車で行きました。案の定駐車場は満杯、第2駐車場の端にやっと空きを見つけました。 

 脱衣場はそれほどではありませんでしたが、湯船も露天風呂も洗い場も芋の子を洗うような混雑でした。連休中なので子供が大勢来ていました。妻の話では女湯のほうがもっと混んでいたようです。

 上がったあとは2階の満天茶屋の和室でビールと軽食をいただきました。風呂上りのビールの味は格別でした。

 写真はクリックすると鮮明になります。

| |

« ゴールデンウィークに裏磐梯旅行 | トップページ | 中国地方旅行(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールデンウィークに裏磐梯旅行 | トップページ | 中国地方旅行(その1) »