« 「古河桃まつり」に行ってきた | トップページ | 手賀沼公園の桜がやっと開花 »

2010年3月29日 (月)

藤沢周平作品の朗読を聴く

 平成22年3月28日我孫子市のけやきプラザのふれあいホールで開催された朗読会を聞きに行ってきました。

100328_134209  友人の亀田さんが所属している「れいたく朗読グループR」の第21回公演です。読まれたのは藤沢周平の「山桜」と「花のあと」、出演したのは男性2人、女性9人のベテラン会員でした。

 このグループの朗読会は何度が拝聴していますが、今回初めて皆さん和服を着ての出演でした。また舞台の背景にも物語の雰囲気を出すような演出が工夫されていました。

 藤沢周平は私の好きな作家の一人です。長編はほとんど読んでいますが、今回取り上げられた2作品は読んでいませんでした。

 どちらも江戸時代の武家のけなげに生きる娘が主人公で感動的な物語です。出演者の皆さんは、登場人物になりきり、感情を込めた巧みな読みで、すばらしい舞台でした。舞台を重ねるたびに進化しているのが感じられます。100328_134120

 いただいたしおりに、「山桜」は2年前に映画化され、「花のあと」は今年の3月に映画化されたとありました。

 舞台の写真はとれないだろうとデジカメは持参しませんでしたが、写真は雰囲気を伝えられたらと古いケイタイで撮ったものです。

 

 

| |

« 「古河桃まつり」に行ってきた | トップページ | 手賀沼公園の桜がやっと開花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「古河桃まつり」に行ってきた | トップページ | 手賀沼公園の桜がやっと開花 »