« 東北新幹線全線開通 | トップページ | 大国の横暴と怠慢 »

2010年12月 8日 (水)

NTT社宅が全てなくなった

 平成22年12月我孫子市若松のNTT社宅が全て解体されました。

 NTT社宅は若松団地が造成されたとき、団地中央に9棟が建設されました。

 その後住民が減ったため4棟が解体され、5棟に集約されました。

 平成21年10月に残っていた5棟が空き家となりました。そしてそのうちの3棟が今年の5月から7月にかけて解体されました。

 その後はきれいに整地され、一部には既に住宅が建設され始めています。

Dsc00886

Dsc00891

 ふれあい道路に面した2棟は商業施設の用地のためか、そのまま残っていました。

 それがこの12月にやっと解体され、NTT社宅は完全に姿を消しました。

 解体前の写真です。

Dsc07079

Dsc07073

 解体後何が建つかは不明ですが、街づくりに貢献できるような建物か施設ができることを願っています。

Dsc00880

Dsc00899

| |

« 東北新幹線全線開通 | トップページ | 大国の横暴と怠慢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北新幹線全線開通 | トップページ | 大国の横暴と怠慢 »