« 美しかった東北の海岸の思い出 | トップページ | 今こそサマータイムを実施すべきだ »

2011年3月31日 (木)

やっと手賀沼に春が来た

 寒かった3月も今日で終わりです。この数日暖かい日が続き、やっと手賀沼公園と遊歩道に春がやってきました。

 大地震の爪痕がまだ遊歩道に残っていますが、春の息吹はその光景を和らげてくれます。

 白モクレンやこぶしの花が満開、朱モクレンも咲き始めています。遊歩道に数多くある黄色の花の名前は知りません。

 赤い花はボケでしょうか。

 木々の緑も少しずつ見られます。

 代わりに冬の手賀沼に多く来ていたカモ類が北に旅立ち、残っている渡り鳥はゆりかもめだけになってしまいました。

Dsc03247

Dsc03256

Dsc03254

Dsc03250

Dsc03257

Dsc03252

Dsc03261

Dsc03262

Dsc03264

Dsc03267

| |

« 美しかった東北の海岸の思い出 | トップページ | 今こそサマータイムを実施すべきだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しかった東北の海岸の思い出 | トップページ | 今こそサマータイムを実施すべきだ »