« 雪かきは住民の義務 | トップページ | 手賀沼の築堤-新堤防が旧堤防と同じ高さに »

2013年1月21日 (月)

昭和の大横綱大鵬が亡くなった

 平成25年1月19日昭和の大横綱大鵬幸喜さんが心室頻拍のため亡くなりました。72歳でした。

 私は1937年生まれ、大鵬は1940年生まれ、王貞治は同じ1940年生まれ、長嶋茂雄は1936年生まれです。みんな同じ世代です。身近な人がなくなった思いで残念な限りです。

 私も「巨人・大鵬・卵焼き」が大好きでした。大鵬の連勝が「世紀の大誤審」で前頭の戸田に敗れて45でストップした時は、怒り心頭という感じでした。そのため翌場所からビデオ判定が導入されました。

 大鵬は1996年に亡くなった横綱柏戸とともに、柏鵬時代を築きました。余談ですが柏戸は山形の花笠祭りを見に行った時見かけましたが、大鵬はテレビで見ただけです。

 大鵬は樺太生まれ、父親はウクライナ出身です。1956年16歳で二所ノ関部屋に入門しました。60年初場所で新入幕、その年の9月場所後に大関昇進、大関5場所目だった61年秋場所で柏戸との決定戦を制して3度目の優勝を飾りました。そして柏戸と同時に横綱に昇進しました。

 それから引退するまでは大鵬の強さが目立ちました。数々の記録を作っています。

 71年夏場所途中で新鋭の初代貴ノ花に敗れて現役を引退しました。ちなみに長嶋茂雄が現役を引退したのは3年後の74年でした。

 大鵬の主な記録は次の通りです。

               歴代順位

・幕内優勝回数 32回   1

・全勝優勝回数  8回   1

・年間最多勝    6回   2

・年少横綱昇進 21歳3か月 2

・連続優勝 6連覇(2度) 3

・連勝記録   45連勝  4

・連続年間最多勝 5年  2

・最速優勝(新入幕から) 6場所 3

・年少優勝 20歳5か月  2

・横綱在位場所 58場所 3

・横綱出場回数 716回  3

・横綱通算勝ち星 622勝 3

・幕内通算勝ち星 746勝 4

 ちなみに通算成績は872章82敗136休でした。2009年相撲界から初めての文化功労者に選ばれました。

| |

« 雪かきは住民の義務 | トップページ | 手賀沼の築堤-新堤防が旧堤防と同じ高さに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪かきは住民の義務 | トップページ | 手賀沼の築堤-新堤防が旧堤防と同じ高さに »