« 待ち遠しい第3回WBC | トップページ | 2月に国立演芸場に2回行った »

2013年2月19日 (火)

あっぱれ高梨沙羅選手

 平成25年2月17日、スロベニアのリュプノで行われたノルディックスキー女子ジャンプワールドカップ大会で日本の高梨沙羅選手が優勝しました。高梨選手はグレースマウンテン・インターナショナル・スクールに通う高校生です。

 今年のワールドカップ大会で14戦のうち8勝して、個人総合優勝を決めました。日本人のジャンプワールドカップの個人総合優勝は男女を通じて初めてです。また16歳4か月での総合優勝は、ジャンプ男子のフィンランドのトニ・ニエミネンの16歳9か月を抜いてスキーワールドカップ史上最年少です。

 1メートル52センチ、45キロの小さな体で、今月10日の蔵王大会から4連勝、この4試合合計8本のジャンプはすべてトップの成績でした。どこにあんな力があるのでしょう。

 来年のソチオリンピックから、スキー女子ジャンプ競技は正式種目になります。楽しみがまた増えました。

 我が家の孫と同い年、あっぱれ高梨沙羅ちゃんです。

| |

« 待ち遠しい第3回WBC | トップページ | 2月に国立演芸場に2回行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 待ち遠しい第3回WBC | トップページ | 2月に国立演芸場に2回行った »