« 2014年手賀沼花火大会(NO.735) | トップページ | 東北3大祭り見物-その1(NO.737) »

2014年8月 8日 (金)

我孫子市若松の道路の白線が引き直された(NO.736)

 平成26年8月8日我孫子市の若松地区の道路に書かれた白線が引き直されているのに気付きました。5日から7日まで留守にしていたので工事現場は見られませんでしたが、知人の話では6日に引き直されたようです。

 6月3日の手賀沼通信ブログで、「ゾーン30の思想に反する線引き」というタイトルで、車のための線引きがなされたことを書きました。

 若松地区は我孫子市内では国道6号線に次ぐ交通量の多いふれあいラインに面しています。ふれあいラインの混雑を避けて住宅地の若松に通過するだけの車が入ってきます。

 そのような車を少なくするため、若松地区がゾーン30に指定されました。そして従来の車優先の白線を、中央線を消して両側に歩道を設けるよう書き直しました。

 ところが今まで白線の引かれていなかったふれあいラインのすぐ隣の道路に車のための白線が引かれたのです。

 これがその白線です。白線は電柱にぶつかります。

Conv0002

 反対側も白線の外を人が歩ける状態ではありません。

Conv0004

 6月3日のブログで 「白線は人のために引かれたのではなく、車のために引かれたとしか思わざるを得ません。車は堂々と白線のなかを疾走するでしょう。むしろ白線はなかったほうがよかったのです。どうしても白線を引くなら、南か北の片方にだけ、十分な広さを確保してひけばよかったのではないかと思います。」と書きました。

  さっそく自治会が市や警察に働きかけ、引いたばかりの白線を消して片方だけにして、人のための人が歩ける白線が引かれました。写真のように以前の白線を消して書き直されたのがわかります。

Conv0001

Conv0002

Conv0003


 これなら人のための白線といえます。この線引きを推進された皆様ご苦労様でした。ありがとうございました。

| |

« 2014年手賀沼花火大会(NO.735) | トップページ | 東北3大祭り見物-その1(NO.737) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年手賀沼花火大会(NO.735) | トップページ | 東北3大祭り見物-その1(NO.737) »