« 手賀沼通信のシリーズもの(NO.855) | トップページ | 若松地区の避難訓練、防災訓練と手賀沼公園でのガス展(NO.857) »

2015年10月20日 (火)

原巨人監督ありがとう(NO.856)

 平成27年10月19日プロ野球原巨人監督は記者会見で引退を表明しました。

 原監督は会見で「ここ3年ほどチーム力は落ちてきている。新しいリーダー、監督に託すほうが正しい選択だと思い、こういう形になった」と語りました。

 今年は最後までヤクルトと激しい優勝争いを戦い、1.5ゲーム差で2位となりました。さらにクライマックスシリーズでもヤクルトに敗れて日本シリーズ進出を逃しました。

 怪我人続出のうえ、チーム打率リーグ最下位、打撃ベスト10に1人も入っていない貧打のチームで、最後まで優勝を争ったのは、原監督の采配のおかげと言えると思います。

 しかし、昨年までリーグ3連覇とは言え、1昨年は日本リーグで楽天に3勝4敗で敗退、昨年はリーグ優勝しながら、クライマックスシリーズで阪神に負け、今年はリーグ2位というのは、常に優勝を期待されている巨人の監督としては、責任を取らざるを得なかったのでしょう。

 原監督は2002年長嶋監督のあとを受けて巨人の監督になりました。その年、就任一年目でリーグ優勝、日本一になりました。しかし翌年3位となったため責任を取って辞めざるを得ませんでした。

 ところがあとを継いだ堀内監督がさらにひどい成績だったため、2006年に監督に復帰して今年まで10年監督を勤めました。

 12年間の成績は日本一3回、リーグ優勝7回(日本一3回を含む)、2位1回、3位3回、4位1回となっています。素晴らしい成績です。

 それと忘れてはならないのは、2009年には第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)で日本代表監督としてチームを連覇に導いています。

 原監督、本当に長い間ご苦労さまでした。ありがとうございました。

 巨人の歴代監督を勝利数の順番に5番目まで並べてみました。

 監督名  勝利数 年数 優勝回数 日本一回数

・川上哲治 1066  14   11     11

・長嶋茂雄 1034  15    5      2

・原辰徳    947  12         7             3

・水原茂    881     11        8              4

・藤田元司  516   7    4       2

 なお、原監督の後任には高橋由伸外野手兼打撃コーチが挙がっています。それには現役を引退する必要があるでしょう。巨人の監督は兼任では務まりません。中日とは違います。

 私は本人の事情が許せば松井秀喜さんがベストと思います。だめなら桑田真澄さんにやらせてみてはと思っています。

| |

« 手賀沼通信のシリーズもの(NO.855) | トップページ | 若松地区の避難訓練、防災訓練と手賀沼公園でのガス展(NO.857) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手賀沼通信のシリーズもの(NO.855) | トップページ | 若松地区の避難訓練、防災訓練と手賀沼公園でのガス展(NO.857) »