« 手賀沼遊歩道の八重桜が満開になった(NO.909) | トップページ | ゴールデンウィークの手賀沼(NO.911) »

2016年4月25日 (月)

ああ熊本城(NO.910)

 平成28年4月14日と16日に最大震度7の熊本地震が発生しました。

 4月24日現在死者48人、関連死疑い12人、安否不明2人、負傷者1432人、避難者6万76人、建物損害1万969棟の被害が出ています。

 そして名城熊本城も大きな被害を受けました。

 約2年前の平成26年の3月20日ツアーで熊本城を見物しました。

 そのときの被害を受ける前の見事な熊本城の様子です。

 天守閣に登り本丸御殿の大広間に入っています。

 天守閣の威容に驚き、天守閣からの眺めを楽しみ、本丸御殿大広間の見事さに感銘を受けました。

Conv0001

Conv0003

Conv0002

Conv0004

Conv0005

 ところが地震で、天守閣は最上階の瓦がほとんど落ち、下層階の屋根に積もっています。鯱瓦もなくなっています。

Conv0006

 北十八間櫓と東十八間櫓は高さ20メートルの石垣とともに崩れ粉々になっています。

 熊本城は城跡が国の特別史跡、建造物13棟が国の重要文化財に指定されています。

 熊本城総合事務所によると、小天守側の基礎の石垣が大きく崩れ、全体がわずかに傾いているとのことです。

 石垣は熊本城全体では、約50か所で崩壊。重文5棟が全半壊し、残る8棟も損害を受けました。

 写真はどこの場所かわかりませんがその惨状を伝えています。

Conv0001_2

Conv0002_2

Conv0007

Conv0008

 文化庁の規定では、重文の修復は回収した石垣の石や建物の部材などは使えるものは元に戻して修復する必要があるので、修復には5年から20年かかるかもしれないとのことです。

 加藤清正が作った名城、早く元の姿に戻ってほしいものです。

|

« 手賀沼遊歩道の八重桜が満開になった(NO.909) | トップページ | ゴールデンウィークの手賀沼(NO.911) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手賀沼遊歩道の八重桜が満開になった(NO.909) | トップページ | ゴールデンウィークの手賀沼(NO.911) »