« 水の館のレストラン旬菜厨房米舞亭オープン(NO.1016) | トップページ | 韓国大統領に文在寅氏が当選(NO.1018) »

2017年5月 9日 (火)

フランス大統領にマクロン氏が当選(NO.1017)

 20017年5月7日、フランス大統領選挙の決選投票が行われ、マクロン氏がルペン氏を約2070万票(有効投票の約66%)対約1064万票(同約34%)で破り勝利を収めました。

 マクロン氏は中道で無所属、EUの統合推進を唱えていました。一方ルペン氏は極右政党・国民戦線の党首で、EU離脱を唱えていました。

 マクロン氏は39歳フランス史上最年少の大統領になります。マクロン氏の両親は医師、29歳の時に高校時代の恩師で25歳年上のブリジットさんと結婚しています。ハンサムなイケメン大統領です。

 今回の選挙結果について読売新聞では「既存政治への不振鮮明に」として、次のような解説をしています。

 「マクロン氏の勝利は、主要先進国であるフランスが国際主義に踏みとどまり、世界に広がる『自国第一』の流れに歯止めをかけた点で意義が大きい。

 しかし社会、共和の2大政党がいずれも決選投票に進めない異常事態が起きた。ここでわき上がった仏国民の既存政治に対する不信はイギリスの国民投票や米大統領選で示された既存支配層に対する怒りや不満とそう違わない。(中略)

 39歳の若い指導者が取り組むのは、逆戻りしかけたEUの更なる推進、分断された国民の統合、そして政治への信頼回復。『今回示された怒りや不満を尊重する』と述べたマクロン氏の手腕に、今後も世界は注目するだろう。」

 今回の投票率は74.62%で、前回の決選投票より約6%低くなりました。白票・無効票も過去最多の11.49%を占めました。

 マクロン氏は大きな課題を抱えた舵取りになりそうです。

| |

« 水の館のレストラン旬菜厨房米舞亭オープン(NO.1016) | トップページ | 韓国大統領に文在寅氏が当選(NO.1018) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水の館のレストラン旬菜厨房米舞亭オープン(NO.1016) | トップページ | 韓国大統領に文在寅氏が当選(NO.1018) »