« 札幌マラソンはアスリートファーストでなくIOCファースト(NO.1285) | トップページ | スカイツリーを望むレストランでミニ南六会(NO.1287) »

2019年11月 5日 (火)

35年間お世話になったホームドクターが閉院(NO.1286)

 令和元年10月30日、我孫子市若松の竹内医院が閉院しました。

Conv0002_20191105135901

 竹内医院は我孫子市若松のふれあい通りに、約50年前に内科医院として開院しました。我が家は若松に35年前に引っ越してきました。竹内医院から歩いて数分のところです。それ以来、義父母、私と妻、子どもたちと3世代にわたってホームドクターとしてお世話になりました。

 竹内先生は患者の体を丁寧に診察し、話をじっくり聞いて、適切な治療とアドバイスをしてくれる優しい先生でした。話好きで、次の患者が大勢待っているのになかなか診療が終わりません。こちらがはらはらしたくらいでした。難しそうな病気の時はすぐ適切な病院を紹介してくれました。

 私より1年先輩の昭和11年生まれ、83歳まで現役で頑張ってこられました。最後はふるさとの東京都世田谷区経堂に引っ越し、そこから週2回我孫子まで通って診療されていました。そしてついに10月末に閉院となりました。

Conv0001_20191105140001

 残念ですが仕方ありません。よくここまで頑張ってこられたと、いくら感謝しても感謝しきれない思いです。竹内先生、本当にありがとうございました。

 次に一番近いのは名戸ヶ谷病院ですが、ホームドクターとしてはやや敷居が高いので、新しくどこか探さなくてはなりません。

|

« 札幌マラソンはアスリートファーストでなくIOCファースト(NO.1285) | トップページ | スカイツリーを望むレストランでミニ南六会(NO.1287) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 札幌マラソンはアスリートファーストでなくIOCファースト(NO.1285) | トップページ | スカイツリーを望むレストランでミニ南六会(NO.1287) »