« 野球のプレミア12で日本が世界一になる(NO.1292) | トップページ | 中曽根康弘元首相死去(NO.1294) »

2019年11月19日 (火)

我孫子市議会選挙が終わる(NO.1293)

 令和元年11月17日我孫子市議会選挙が行われました。定数24名に対して30名が立候補し当選者が確定しました。

 立候補した候補者のポスターです。ポスターを張らなかった候補者もいました。

Conv0001_20191119144101

 私は最近の参議院議員選挙と衆議院議員選挙は棄権しましたが、今回は身近な選挙とあって投票しました。参議院選挙は参議院そのものの在り方に従来から疑問を抱いており、衆議院選挙は大儀なき解散だったのと、両方とも投票したい候補者がいなかったため棄権しました。

 市会議員選挙は入れたい候補者が複数あり迷ったのですが、1回目の出馬で弱そうな方の候補者に投票しました。24名の最下位で当選し作戦は当たりました。4年間市政と市民のために頑張ってほしいと思っています。

 何人かの候補者は市会議員の定数削減をうたっていました。ある候補者が選挙公報に乗せた数字があります。お隣の柏市と比較すると、柏市は人口約42万9千人に対して定数36名、我孫子市は人口約13万2千人に対して定数24名となっています。議員1人当たりの人口は柏市は11,907人、我孫子市は5,515人で、我孫子市の議員が多いのがわかります。半数にしてもいい感じです。

 我孫子市が人口の減少局面に入ってから、議員定数及び議員報酬の削減は行われていないと書かれていました。国会議員も参議院などは人口減少の局面なのに、1票の価値が憲法に違反するといわれ定数を増やすようなことをやっています。ぜひ我孫子市の議員が頑張って議員定数を減らすお手本を示してほしいものです。

| |

« 野球のプレミア12で日本が世界一になる(NO.1292) | トップページ | 中曽根康弘元首相死去(NO.1294) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野球のプレミア12で日本が世界一になる(NO.1292) | トップページ | 中曽根康弘元首相死去(NO.1294) »