« 台湾の李登輝と司馬遼太郎(NO.1369) | トップページ | 読書の終活「功名が辻」を読み終え「北斗の人」へ(NO.1371) »

2020年8月 4日 (火)

がんは見つからなかった(NO.1370)

 令和2年7月30日慈恵医大柏病院に、7月22日に行った喉頭白板症の手術結果を聞きに妻の運転で行きました。

 耳鼻咽喉科の中山先生の診察です。2時半の予約で2時20分に受付をしましたが、4時10分前になっても呼ばれません。受付に確認したら、ミスで受け付けられていませんでした。

 すぐに呼ばれて、がんは見つからなかったと聞きました。ホッとしました。「患部はきれいに取れました。変性していたのでほおっておくとがんになる可能性があった」とのことでした。1月14日以来妻と2人でがんセンターと慈恵医大柏病院にせっせと通ったのが報われました。

 次は1か月後に来てくださいと言われました。経過を見るのだと思います。帰宅後早速心配してくれていた子供たちや兄弟たちに知らせました。そして11日間禁酒していた、ビールで祝杯を挙げました。

 ブログに書くのが遅くなりました。うれしかったのでつい忘れたためです。

|

« 台湾の李登輝と司馬遼太郎(NO.1369) | トップページ | 読書の終活「功名が辻」を読み終え「北斗の人」へ(NO.1371) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾の李登輝と司馬遼太郎(NO.1369) | トップページ | 読書の終活「功名が辻」を読み終え「北斗の人」へ(NO.1371) »