« 遅まきながらやっと日本国内でのワクチン接種が始まった(NO.1436) | トップページ | 学校の思い出-その5 一橋大学(NO.1438) »

2021年2月20日 (土)

コロナの中で手賀沼公園に小さな春を見つけた(NO.1437)

 令和3年2月20日、日差しが暖かかったので手賀沼公園に散歩に出かけました。

 緊急事態宣言が出ているので不要不急の外出は自粛ですが、脚の衰えを少しでも防ごうと出来るだけ人出を避けて散歩するようにしています。

 手賀沼公園はそれほど密にはなっていません。家族ずれがテントを持ったり、ボールを持ったりしてきていました。繁華街に行くより、公園で過ごすほうがコロナは避けられます。小さな春を楽しんでいました。

Conv0007_20210220145601

Conv0008_20210220145701

 今年は早く暖かくなったせいか、渡り鳥が早くいなくなったような気がします。見かけたのは留鳥がほとんどでした。これも春の気配です。

Conv0009_20210220145801

Conv0012_20210220145801

 手賀沼公園は今2カ所で工事を行っています。バリアフリーのための鋪道の工事とあゆみの里の列車倉庫の補修工事です。いずれも3月半ばの完成となっていました。春を迎える準備でしょう。

Conv0011_20210220145901

Conv0010_20210220150001

 そして最も春を感じさせてくれたのがカワヅザクラでした。満開はまだですが、結構花をつけていました。木はまだ成長途中です。あと何年かすれば大木となって見事な花を咲かせてくれるでしょう。

Conv0001_20210220150101

Conv0002_20210220150201

Conv0003_20210220150201

Conv0004_20210220150201

Conv0005_20210220150201

Conv0006_20210220150301

 コロナの中で見つけた小さな癒しでした。

| |

« 遅まきながらやっと日本国内でのワクチン接種が始まった(NO.1436) | トップページ | 学校の思い出-その5 一橋大学(NO.1438) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遅まきながらやっと日本国内でのワクチン接種が始まった(NO.1436) | トップページ | 学校の思い出-その5 一橋大学(NO.1438) »