« 文科省「不正検定」を正す会の意見広告に参加したら「新しい歴史教科書」が届く(NO.1478) | トップページ | 3度目の緊急事態宣言が沖縄以外は解除された(NO.1480) »

2021年6月17日 (木)

プロ野球交流戦の結果と侍ジャパンのメンバー決定(NO.1479)

 令和3年6月16日プロ野球の交流戦が終わりました。セリーグ49勝パリーグ48勝11引き分けでした。2009年以来12年ぶりにセリーグが勝ち越しました。9回で打ち切りだったため、引き分けが増えました。

 勝率1位はパリーグのオリックスで11年ぶり2度目の優勝でした。巨人は7勝8敗3分けで12チーム中9位でした。2位から5位までに阪神、DeNa,中日、ヤクルトとセリーグのチームが入りました。

 これで阪神と巨人のゲーム差が7となり、今年のセリーグの優勝は阪神にほぼ決まりではないかと思います。

 長島監督時代の1996年、7月に11.5ゲーム差を付けられていた広島に逆転優勝をし、監督の造語「メークドラマ」が流行語大賞を得た年のようなミラクルは無理と思っています。

 パリーグは4ゲーム差の中に5チームが競っていますのでどこが優勝するか全くわかりません。

 また、6月16日にオリンピックに出場する侍ジャパンの24名の選手が選ばれました。

 12チームの中から24名を選ぶのは大変だったと思います。必ずしも今好成績の選手が選ばれたわけではないようです。

 稲葉監督の下、一昨年のプレミア12に優勝した時の選手が15名が入り、北京オリンピック出場の唯一選手、田中投手も選ばれています。ロッテを除く11チームから選ばれました。ロッテファンはさぞがっかりしていることでしょう。侍ジャパンというからには、ぜひロッテからもぜひ選んでほしかった思います。

 決まったからにはこの24名の選手で金メダルを目指して戦ってくれるよう望んでいます。

|

« 文科省「不正検定」を正す会の意見広告に参加したら「新しい歴史教科書」が届く(NO.1478) | トップページ | 3度目の緊急事態宣言が沖縄以外は解除された(NO.1480) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文科省「不正検定」を正す会の意見広告に参加したら「新しい歴史教科書」が届く(NO.1478) | トップページ | 3度目の緊急事態宣言が沖縄以外は解除された(NO.1480) »