« 読書の思い出-その4 三省堂書店と八重洲ブックセンター(NO.1597) | トップページ | コロナの日本国内の死者が3万人を超え、アメリカ国内の死者が100万人を超えた(NO.1599) »

2022年5月11日 (水)

民謡の思い出-その1 愛友会(NO.1598)

 平成元年(昭和64年、1989年)3月12日、民謡の愛友会に入会しました。そして平成31年(令和元年、2019年)12月8日、愛友会を退会しました。

 52歳から82歳まで30年9か月間、平成の時代を通して愛友会で民謡を楽しみました。

 以前から民謡が好きで一度民謡の個人教授を受けていたのですが、いい加減な先生だったのでやめました。市役所相談したところ我孫子市民謡連盟の会長が会長を務める愛友会を紹介してくれました。

 愛友会には師匠や先生はいませんでした。自分で唄いたい民謡をラジオやテープやCDで覚え、月2回の愛友会の稽古日に勝手に唄うという練習でした。自分で好きな唄を勝手に唄えるという自由な雰囲気が好みに合っていました。

 愛友会には名取の唄の名手がいました。唄い方がおかしかったり、外れたりしてたときはその名手や伴奏の方々が注意やアドバイスをしてくれました。民謡は三味線、尺八、太鼓の伴奏が付きます。愛友会の伴奏者も名取級の人たちで、どんな唄でも伴奏してくれました。

 師匠がいないため月謝もなく、会費は運営費だけで最初は月1500円で途中からは1000円になりました。

 82歳で愛友会をやめたのは足が痛くなって長く歩けなくなったのと、車の運転をやめることにしたためです。月2回の稽古は車で通っていました。

 民謡は自分の出せる声のいちばん高いキーで唄います。音の高さは尺八の音の高さに合わせます。民謡の尺八は1尺3寸から2尺3寸まで1寸刻みで11本あります。短いものは高い音が、長いものは低い音が出ます。曲によって何寸で唄うか自分で覚えておき唄うときに申し出ます。

 伴奏は通常、尺八、三味線、太鼓で行いますが、「小諸馬子唄」など曲によっては尺八だけの時があります。民謡は一部の曲を除いて通常「おはやし」がつきます。おはやしはできる人が勝手にやることになっていました。

 月2回の稽古は日曜日の午後3時間くらい行いました。1人ずつ順番に唄い、2回くらいで終わりました。伴奏者は全員の唄の伴奏をするので大変でした。私も学生時代尺八をやったことがあったので、途中から尺八の伴奏をやってみようと頑張ったのですがうまくいかず諦めて、唄に専念することになりました。

 楽しい思い出の詰まった愛友会の30年間でした。

|

« 読書の思い出-その4 三省堂書店と八重洲ブックセンター(NO.1597) | トップページ | コロナの日本国内の死者が3万人を超え、アメリカ国内の死者が100万人を超えた(NO.1599) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書の思い出-その4 三省堂書店と八重洲ブックセンター(NO.1597) | トップページ | コロナの日本国内の死者が3万人を超え、アメリカ国内の死者が100万人を超えた(NO.1599) »