« 参議院制度改革を唱える党はなぜ出てこない(NO.1610) | トップページ | クルマの思い出 乗用車とバイク(NO.1612) »

2022年6月28日 (火)

ペットの思い出 ロッキーほか(NO.1611)

 太平洋戦争が終わった小学生から中学生だったころ、我が家には犬と猫が1匹ずついました。

 子犬と子猫の時から飼った記憶があるので、どこかで拾ったか、もらったのではないかと思います。当時はペットなどという言葉も考え方もありませんでした。ペットフードもなく、犬も猫も残飯を食べていました。

 狂犬病の予防注射だけはしたように思いますが、犬は放し飼いで、商家だった家の中と外を勝手に行き来していました。どこでもついてきましたが、子犬のころ海に放り込んだため海が嫌いになり海に近寄るのは嫌っていました。マルという名前で、家族にも近所の人にも可愛がられていました。

 猫はミーコという名前で私たち子どもがおもちゃ代わりにかわいがっていました。当時は家の中にノミがいるのは当たり前、アメリカ渡りのDDTという粉末の薬をまいてノミ退治をしていましたが、猫の毛の中にいれたところ薬が効きすぎて猫が一時的におかしくなったのを覚えています。

 その後は結婚してからもアパート、公団住宅、マンション暮らしが続き、犬や猫を飼える環境にはありませんでした。

 ところが1982年(昭和57年)12月妻が子犬を購入しました。ヨークシャテリアの雄犬でした。ロッキーと名付け我が家のアイドルになりました。私は45歳、妻と中学生の長女と小学生の4人家族に愛犬1匹が加わったのです。

 当時はマンション暮らしだったのでペットは飼ってはいけなかったのですが、内緒で飼うことにしたのです。ところがロッキーは散歩が3度の飯より好きという張り切りボーイで、家を出たとたんうれしいため大きな声で吠えたてます。すぐにばれてしまい自治会長から苦情を言われてしまいました。何とかそっと飼うよういろいろ苦心しました。

 そして1年半後の1984年6月、若松に2世帯住宅を建て引っ越しました。やっとロッキーも晴れて散歩を楽しむことができるようになりました。休日には3回、手賀沼公園や遊歩道を我が物顔に駆けていました。

 ロッキーは小型犬ですが、大型犬並みに元気がよく、頭もよくて私たちの言葉を理解していました。(親ばかかもしれません)。

 ところが1992年8月、散歩中に発作を起こし倒れました。フィラリアのため心臓発作を起こしたのです。動物病院で室内犬だから予防薬はいらないでしょうと言われたため、フィラリア予防の薬を飲ましていなかったのです。私たちのミスでした。

 別の動物病院を探して、いろいろ手を尽くして看病しましたが、その年の12月に死にました。10年ちょっとの命でした。

 家族同様にしていたので、みんなの悲しみは大きく、妻は体調を崩してしまいました。近くの動物専門の墓地に棚の1区画を借り、小さな骨壺を飾って定期的にお参りをしました。あの悲しみが大きかったためそれ以後はペットは飼いませんでした。

|

« 参議院制度改革を唱える党はなぜ出てこない(NO.1610) | トップページ | クルマの思い出 乗用車とバイク(NO.1612) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参議院制度改革を唱える党はなぜ出てこない(NO.1610) | トップページ | クルマの思い出 乗用車とバイク(NO.1612) »