« 本の終活-手放したくない本(NO.1713) | トップページ | 手放したくない本-その1 大野耕一さんの手づくりの本(NO.1715) »

2023年5月31日 (水)

新しい補聴器を購入した(NO.1714)

 2023年5月30日、オムロンのデジタル補聴器「オムロン・イアメイト」、29,800円を購入しました。それまで使っていたシナノケンシの「美聴だんらん」が故障したためです。

 イアメイトは「美聴だんらん」と同じ方式で、補聴器とイアホンがコードでつながっています。補聴器の主流となっている耳穴挿入式とは違って、常時使うものではなく必要な時だけ装着して使う軽度難聴者用です。

Conv0002_20230531144901

 落語を聞きに行ったときや講演会に参加した時、やや聞き取りにくいと感じるようになったため、2015年3月に新聞広告で見た「美聴だんらん」を購入しました。

 日常は使っていませんでしたが、その後だんだん難聴が進んで、人と話をするときに相手の言っていることが聞き取りにくくなってきました。耳穴挿入式もあったほうがいいと考え、ニコン・エシロール耳穴型デジタル補聴器の右用と左用を購入しました。

 それぞれに使い勝手が違うため臨機応変に使っていました。今回「美聴だんらん」が故障したため、同じ様式のオムロンを買った次第です。8年もたっているので、オムロンが美聴だんらんより性能が上がっていることを期待したのですが、あまり違いはないようです。

 今も日常は補聴器は普段は入れていません。1人でテレビを見るときは補聴器なしで手元スピーカーを使います。人と話すときや講演など話を聞くときや夕食時は片耳1つだけ補聴器を使います。

 コード付きは主に昼食時とバックアップ用です。外出には不便ですが、左右自由に使えるのと電池が耳穴式より1桁長く使えるので電池交換をあまり気にしなくて使えます。それに初めて使ったのがコード付きだったため愛着があるのかもしれません。

| |

« 本の終活-手放したくない本(NO.1713) | トップページ | 手放したくない本-その1 大野耕一さんの手づくりの本(NO.1715) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本の終活-手放したくない本(NO.1713) | トップページ | 手放したくない本-その1 大野耕一さんの手づくりの本(NO.1715) »