« 手放したくない本-その21 あけぼの会の4冊の本(NO.1760) | トップページ | 手放したくない本-その21 堀さんの追悼文集(NO.1762) »

2023年11月27日 (月)

NHKのBS1とBSプレミアムが1つになるのは当然(NO.1761)

 2023年12月1日からNHKのBS1とBSプレミアムが1つのBS101になると盛んに放映されています。当然のことで遅すぎたくらいと思っています。

 私はニュースやスポーツ放送はリアルタイムで見ますが、それ以外の番組は録画してみています。理由は、自分の好きな時間に見られることや、見たい番組の時間が重複している場合があることや、民放の場合はコマーシャルを飛ばせられることなどのためです。

 一番多く録画するのがBSプレミアムでその次がBS1になっています。

 ところがこの2つのチャンネルは「再放送番組」や「重複放送番組」が多いのです。以前放送したものから選んで放送する「選択番組」も少なくありません。これは電波と時間とお金の無駄遣いと言っても過言ではないと思います。例えば朝ドラと大河ドラマはBSプレミアムで録画してみていますが、どちらも総合テレビで同じ日に放送されます。

 どれだけ再放送などが多いか、11月26日(日曜日)のBSプレミアムとBS1の番組を新聞の番組表で調べてみました。

 朝6時から夜11時までの1020分間の「再放送」と「選択番組」と「重複番組」の数と時間です。

 BSプレミアムでは「再」が11、「選」が2、「重複」が2、で合計15番組、時間は1020分中890分で87.3%を占めています。

 BS1では「再」が7番組、時間は1020分中440分で43.1%を占めています。

 2つのチャンネルの合併直前でいつもより再放送などが増えているのかもしれませんが、1つのチャンネルにするのは大賛成です。その代わりに質の高い良い番組を放送するよう期待しています。

| |

« 手放したくない本-その21 あけぼの会の4冊の本(NO.1760) | トップページ | 手放したくない本-その21 堀さんの追悼文集(NO.1762) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手放したくない本-その21 あけぼの会の4冊の本(NO.1760) | トップページ | 手放したくない本-その21 堀さんの追悼文集(NO.1762) »