« やったね!ヤング「侍ジャパン」(NO.1759) | トップページ | NHKのBS1とBSプレミアムが1つになるのは当然(NO.1761) »

2023年11月23日 (木)

手放したくない本-その21 あけぼの会の4冊の本(NO.1760)

 あけぼの会は千葉県柏市の高齢者の会です。

 家田会長ご夫妻が1991年に結成し、途中一度解散しましたが、事実上は2019年1月まで続きました。その後は会長はじめ会員が高齢化したのとコロナのため会が開けなくなりました。

 会の行事は、1泊旅行、バスハイク、映画会、歌舞伎や落語や能楽や浄瑠璃などの鑑賞会、ソプラノライブショウ、講演会、新年会、忘年会などで、年10回ほど集まっていました。ほとんどが家田ご夫妻が企画し実施されました。

 私は2001年5月から参加して最後まで実施のお手伝いをしながら楽しみました。

 会では5年に1回ずつ「記念文集」を出しました。手元にあるのはその第3号から第5号までの3冊とあけぼの会の「愛唱歌集」の1冊です。

Conv0008_20231123140801

 「記念文集」の第4号と第5号は私が中心となって編集しました。会員のほぼ全員の方から文章をいただきました。第5号では集合写真からお一人ずつ写真を切り取って文章に添えました。

 現在、あけぼの会のメンバーはほとんどの方が亡くなられたり施設に入っている状態で再度集まることはできません。

 さいわい「記念文集」には各地で撮った集合写真が数多く掲載されているので当時を思い出しながら懐かしく眺めています。

| |

« やったね!ヤング「侍ジャパン」(NO.1759) | トップページ | NHKのBS1とBSプレミアムが1つになるのは当然(NO.1761) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やったね!ヤング「侍ジャパン」(NO.1759) | トップページ | NHKのBS1とBSプレミアムが1つになるのは当然(NO.1761) »