« タイガース38年ぶりの日本一おめでとう(NO.1755) | トップページ | 手放したくない本-その20 2冊の三井生命ハイキング部の会報(NO.1757) »

2023年11月11日 (土)

軽くて済んだ6回目の大腸憩室出血(NO.1756)

 2023年11月6日、昼食後にトイレに通うと便に血が混じっていました。痛みや前触れもなかったので、いつもの大腸憩室出血だと確信しました。6回目です。

 前回は今年の1月末でしたので約9ヶ月ぶりです。すぐ出血止めの薬を飲み、夕食からまる1日絶食しました。

 幸いなことにその後出血がなかったので、7日の夕食からは2日ほどおかゆを食べ、その後もやわらかいものを食べるようにしています。毎晩の楽しみだったアルコールも断っています。外出もできません。

 ただ出血が1回だけだったので、このままいけばおそらく数日後には以前の生活に戻れると思います。

 大腸憩室出血の最初の3回は10日から2週間ほど入院しましたが、4回目以降は入院しなくて済みました。出血量が少なくなったのと対処法がわかってきたからです。

 この病気は何の前兆もなく突然発病するので、旅行や外泊はできなくなりました。間もなく87歳になるので、ほかのところも悪くなっており仕方がないとあきらめています。

| |

« タイガース38年ぶりの日本一おめでとう(NO.1755) | トップページ | 手放したくない本-その20 2冊の三井生命ハイキング部の会報(NO.1757) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイガース38年ぶりの日本一おめでとう(NO.1755) | トップページ | 手放したくない本-その20 2冊の三井生命ハイキング部の会報(NO.1757) »