« あっぱれノーヒットノーランの戸郷翔征投手(NO.1816) | トップページ | 老人の独り言-3 東北を歌う(NO.1818) »

2024年5月29日 (水)

老人の独り言-2 美空ひばりと八代亜紀(NO.1817)

 2024年5月29日は美空ひばりの生誕87年の記念日になります。

 美空ひばりは1937(昭和12年)年5月29日に生まれ、1989年(平成元年)6月24日に亡くなりました。52歳でした。

 私は同じ年の1月29日生まれですので、ひばりより4か月の年上ということになります。

 亡くなる約1年8か月前の1988年4月11日、東京ドームのこけら落としに美空ひばりの「不死鳥コンサート」が開催され、体調不良と脚の痛みに耐えながら39曲を歌いあげました。その後、最後の曲となった「川の流れのように」を収録、昭和から平成となった年に亡くなりました。

 「お祭りマンボ」「みだれ髪」「悲しい酒」「愛燦燦」「花笠道中」「柔」「真赤な太陽」「越後獅子の唄」などが私の愛唱歌です。「お祭りマンボ」はほかにあまり歌う人がいないので、私の十八番でした。

 「不死鳥コンサート」を収録したNHKのビデオは永久保存にしています。

 2023年12月30日に73歳で亡くなった八代亜紀の死はショックでした。あまりにも突然の死でした。八代亜紀は最後まで輝いた大好きな歌手でした。

 八代亜紀の「舟唄」「雨の慕情」「なみだ恋」はよくカラオケで歌いました。特に「舟唄」は、女性歌手の歌の中では一番多く歌ったと思います。

 2014年4月に中野サンプラザで行われた八代亜紀のコンサートが、追悼番組として民放で放送されました。そのビデオも永久保存としてとっています。

| |

« あっぱれノーヒットノーランの戸郷翔征投手(NO.1816) | トップページ | 老人の独り言-3 東北を歌う(NO.1818) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっぱれノーヒットノーランの戸郷翔征投手(NO.1816) | トップページ | 老人の独り言-3 東北を歌う(NO.1818) »