« あの時あの場所この1枚-25 我孫子市最後のあやめまつり(NO.1821) | トップページ | 老人の独り言-5 脊柱管狭窄症と夜間頻尿(NO.1823) »

2024年6月16日 (日)

老人の独り言-4 好きだった3つの歌(NO.1822)

 歌についての思い出の続きです。

 いろいろな歌を楽しみましたが、その中で一番多く歌ったのが次の3曲です。

 まず1949年に発表された「長崎の鐘」です。

 サトウハチロー作詞、古関裕而作曲で、藤山一郎が歌いました。この歌にはモデルとなる人がいました。原爆症で亡くなった長崎大学の永井隆博士です。哀調のある詞とメロディが心に響きました。カラオケのシステムが出るまえからの愛唱歌でした。

 その次は「無法松の一生ー度胸千両入り」です。

 吉野夫二郎作詞、古賀政男作曲で、1958年に出た村田英雄のヒット曲です。度胸千両の部分で曲調が変わるのが何とも言えず好きでした。

 私が歌い始めてから愛友会の仲間も何人かが好んで歌いました。三味線だけの伴奏で舞台で歌った猛者もいました。

 3っつ目は1980年に発表された、谷村新司作詞作曲、本人が歌った「昴(すばる)」です。詞にも曲にも演歌とは違った格調の高さがありました。

 3曲とも歌うことの楽しみを味わいながら歌いました。

 カラオケを楽しむ機会がなくなったことが残念でなりません。

| |

« あの時あの場所この1枚-25 我孫子市最後のあやめまつり(NO.1821) | トップページ | 老人の独り言-5 脊柱管狭窄症と夜間頻尿(NO.1823) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの時あの場所この1枚-25 我孫子市最後のあやめまつり(NO.1821) | トップページ | 老人の独り言-5 脊柱管狭窄症と夜間頻尿(NO.1823) »