2019年5月27日 (月)

四国の実家がなくなったー続き(NO.1238)

 先日の続きです。5月24日解体工事が完了しました。その写真が甥から送られてきたのでまたブログに残します。

 解体前の実家の店舗の写真です。

Conv0001_8

 1階は荒物屋「山丈商店」の店舗、ポストが立っているのは切手やはがきの販売を行っているためです。2階は物置になっていましたが、私が高校を卒業するまでは、寝室や勉強部屋がありました。両親の寝室も2階でした。

Conv0002_12

Conv0003_8

 解体後はポストと灯篭が残りました。灯篭の前には小さな池があったのですが、埋められました。ポストの後方は右側が妹一家の住まい、左側は隣家の建物です。間口が狭かったのが実感できます。敷地はもっと広いと思っていましたが、意外と狭いのがわかりました。

 奥行きの長さは写真からはわかりませんが、私がいたころは玄関から延々と店舗、住まいの部屋、食堂、台所、風呂場、便所(トイレとは言いませんでした)、作業場、倉庫、小さな畑がつながっていました。それらは向かって右側の1本の土間の通路でつないでいました。歴史の感じられる建物でした。

 店を守ってきた妹一家には心から感謝感謝です。

| | コメント (1)

2019年5月25日 (土)

四国の実家がなくなった(NO.1237)

 2019年5月愛媛県伊予市にあった実家の建物が取り壊されました。

 実家は山丈商店という店舗名で主に竹製品、台所用品、掃除道具、ロープなどのいわゆる荒物を扱っていました。私の妹が4代目店主として守ってきましたが、大正時代に山崎丈三が愛媛県伊予郡郡中町で創業したという歴史があります。2代目は創業者の息子です。私の父の義理の兄になります。サラリーマンだった父が3代目を継いだのは昭和13年、今から80年前です。そして父が亡くなったあとを妹が継いだのです。

 郡中町は戦後の市制改革で伊予市となりましたが、家は創業時代のまま、築100年は超えていました。郡中町は戦災に遭っていません。郡中町の町家は歴史的にも珍しい建て方になっていました。間口が狭く奥行きが長いというウナギの寝床のような商家が立ち並んでいたのです。家と家との間隔はなく、お互い支え合って立っていたのです。 

 我が家は間口4間(約7.3メートル)、奥行きは25間(約45メートル)くらいあったようです。築100年を超えていたのは、街道側の店舗に使っていた表側で、奥のほうは妹の家族が住むため改築していました。今回取り壊すことになったのは、店舗の部分です。片側の家はすでに取り壊されて駐車場になっていました。

Conv0002_11

Conv0001_7

 今回反対側の家を壊したので家が傾き、改築が必要になったのです。しかし家が古いため改築も多額の費用が掛かり、妹も80歳近い高齢、後継者のいないため思い切って店をやめ、取り壊すことになりました。

Conv0003_7

 古い家をなくすのは大変だったようです。父や2代目の持ち物がかなり残っており、それを廃棄するには、妹と同居している三男が大汗をかいたようです。

 私は遠く離れているため何もできず、申し訳ない思いでした。その苦心談を聴くと、自分の終活も本気で考える必要があると感じた次第です。

| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

私と家族の平成30年(NO.1196)

 平成時代は来年4月に終わります。そのためかこの年末は平成30年間のいろいろな出来事が新聞やテレビで回想されています。

 私も家族を含めての30年を振り返ってまとめてみました。

 まずは楽しいほうからです。いっぱいありました。

 平成4(1992)年娘が結婚しました。相手は同じ我孫子の同年の男性でした。

 そして平成9(1997)年には長男が誕生しました。私たちの初孫です。平成12(2000)年には次男が誕生しました。長男は大学生となり、平成29(2017)年に成人式を迎え、来年4月には社会人となる予定です。次男は来年4月には大学生となる予定です。

 平成15(2003)年には息子が結婚しました。相手はネットで知り合った同い年の女性でした。

 そして平成17(2005)年には長女が誕生しました。私たちの初めての孫娘です。来年4月には中学2年生になります。

 悲しい出来事もいっぱいありました。

 平成2(1990)年には母が73歳でなくなりました。その3年後の平成5(1993)年には父が86歳でなくなりました。

 その間の平成4(1992)年には愛犬ロッキーが10年の命を終えました。

 平成8(1996)年には私たち4人兄弟の末弟が54歳で亡くなりました。

 平成10(1998)年には同居していた義母が87歳で亡くなりました。義父が94歳で長寿を全うしたのは平成16(2004)年でした。

 平成21(2009)年にはすぐ下の弟の配偶者が65歳で亡くなりました。みんな悲しい別れでした。

 そのほかの平成での大きな出来後は次の通りです。

 平成5(1993)年にIBMをセカンド・キャリア・プログラムで退職し、アコムに入社しました。56歳でした。アコムは平成10(1998)年3月61歳で退職しました。

 同年7月よりIBMの新入社員研修の手伝いをする不定期な仕事を始めました。千代田情報システムとの契約でした。その仕事は平成18(2006)年まで約9年間続きました。その途中で平成12(2000)年10月から平成13(2001)年3月までMLI(三井生命とIBMの合弁会社)で週4日の勤務をしました。

 平成23(20011)年3月には東日本大震災が勃発、仙台に勤務していた息子一家が被災しました。怪我はなかったのですが、住んでいたマンションが住めなくなり、職場も変わって間もなく東京勤務になりました。

 IBMを退職したあとは比較的楽な仕事になったため、海外や国内の旅行に行けるようになりました。妻の両親がなくなったあとは、妻が介護や看護から解放されたため、二人で旅行を楽しみました。

 病気で入院したのは4回、手術を2度体験しました。

 平成を振り返ると、仕事に打ち込む時間が減って家族と過ごす時間が増えました。老後を楽しむ時間も増えました。転勤もなく、引っ越しもなく、多くの人と交流することができました。

 ただ平成の文化はあまり身につきませんでした。平成が51歳から始まったためかもしれません。今でもカラオケで歌うのは昭和の歌がほとんどです。

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

孫娘の2018年ピアノコンサート(NO.1139)

 2018年6月30日我孫子市のケヤキプラザ・ふれあいホールで行われたピアノコンサートを聴きに妻と行ってきました。

 遠藤操先生のどれみピアノスタジオが主催するピアノコンサートに孫娘が出演しました。1年半ごとに開催され、小学1年生の時から出ている孫娘は中学生になり今回で5回目となります。

 そのパパも前回までは単独で出ていましたが、今回は都合で独奏はお休みです。

 子供たちが主役のためか受付もかわいい作りでした。

Conv0002

 孫娘はブルグミュラー作曲の「大雷雨」を演奏しました。練習にはあまり積極的ではないようですが、なかなかの出来栄えでした。

Conv0003

 パパとママとの3人の連弾では「くまのプーさん」を弾きました。

Conv0006

 このコンサートは企画と演出が多彩で面白く、観客と出演者を楽しませるよう考えられています。

 プログラムもカラフルで丁寧で見栄えよく作られていました。

Conv0001

Conv0004

Conv0007

 フィナーレはいつものように出演者全員が舞台に上がり「ドレミのうた」を合唱しました。

Conv0008

 遠藤先生、出演者の皆さん、スタッフの方々お疲れ様でした。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2018年3月17日 (土)

我孫子第一小学校の卒業証書授与式に出席(NO.1108)

 平成30年3月16日我孫子第一小学校の卒業証書授与式に出席しました。

 9年前から続けている小学生の下校見守りの責任者として来賓として招待されたためです。毎年招待状が来ていたのですが出席するのは初めてです。長男の孫娘が今年卒業するので参加しました。

 中身は「卒業式」ですが、我孫子市では「卒業証書授与式」と呼んでいます。息子や娘の卒業式には出たことがないので、昭和23年の自分の卒業式以来の69年ぶりの卒業式でした。

 そのときの記憶はほとんどないのですが、今回のように色彩豊かなものではなかったように思います。

 第一小の卒業式は、会場の真ん中に菜の花の黄色を中心にピンクや赤などの花が飾られカラフルなのに驚きました。その上卒業生の衣装がきれいでした。卒業生は97名、約半数が女の子ですが、10名ほどが羽織はかま姿、洋服も素敵な衣装でした。男の子もはかまの子が1人、ネクタイを締めたスーツ姿が大勢見られました。

Conv0001

Conv0002

Conv0003

 一人一人名前を呼ばれると、マイクに向かって将来の希望や感謝の言葉を述べ、校長先生から卒業証書をいただきました。

 私の場合は産めよ増やせよの時代で、全校生徒約2000人、1学年350人くらいいたので、一人一人ではなくクラスの総代がもらったように思います。

 卒業生や4,5年生が歌った歌も、「蛍の光」や「仰げば尊し」ではなく、「手のひらをかざして」「最後のチャイム」「旅立ちの日に」「さよなら友よ」「明日へつなぐもの」の5曲でした。

 ピアノ伴奏も音楽の先生ではなくみんな子どもたちで、その中の1曲は孫娘が弾きました。それぞれいい歌詞の歌でした。

 感銘深い卒業証書授与式でした。

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

我孫子第一小持久走大会(NO.1078)

 平成29年11月5日晴天のもと我孫子第一小学校の持久走大会が行われました。

 小学校6年生の孫娘の最後の持久走大会なので妻と一緒に応援に出かけました。第一小は我が家から歩いて10分足らずのところにあり、ほぼ毎年応援に行っています。孫のママも当然のことながら来ていました。

 持久走は小学1年の女子から始まり、学年別男女別に行われます。6年生女子は11時からでした。コースはグラウンドを1周しグラウンドの周りを3周し最後にまたグラウンドを1周するという10分前後のコースを走ります。

 孫は文科系に比べて体育系は得意ではありません。いつも後ろから数えるほうが早い成績です。今年は今までで一番頑張って真ん中頃の順位でした。

Conv0001

Conv0002

 男女とも大きく離されて一番最後になった児童に惜しみない拍手が送られました。

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

最後の一小音楽祭(NO.1072)

 平成29年11月9日我孫子第一小学校の音楽祭を見に行ってきました。

 小学6年生の孫娘が出るからです。6年生にとっては小学校での最後の音楽祭です。最後の音楽祭とあって孫のパパは休暇を取り、パパとママと私の3人で行きました。妻は抜けられない他の行事と重なったため欠席しました。

 音楽祭は器楽部の演奏、合唱部の合唱で始まり、あとは1年生から始まって各学年ごとの合唱があります。

 孫は器楽部でユーフォニュウムのメンバーです。今年はプログラムが手元になかったため、曲目はわかりませんでしたが、数曲演奏しました。

Conv0002

Conv0001

 学年ごとの合唱は、6年生はクラスごとの合唱と6年生全員での合唱がありました。

 孫は音楽部員のため、6年生の司会とクラスの歌の紹介と合唱と大忙しでした。

 クラスの合唱です。

Conv0003

 クラスの歌の曲名はわかりませんでしたが、最後に6年生全員で唄ったのは、ベートーベンの第9の歓喜の歌でした。ここでは「希望の歌」となっており、歌詞もそれにそって訳されていました。

Conv0004

 一小音楽祭はほぼ毎年聴きに来ていましたが、これで最後になると思うと感慨深いものとなりました。

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

孫が日中友好大学生訪中団に参加(NO.1053)

 法政大学に通っている孫が平成29年8月28日から9月2日まで日中友好大学生訪中団の1人に選ばれ中国を訪問しました。

 これは公益社団法人日本中国友好協会が中国駐日本国大使館の要請を受け、「日中友好大学生訪中団 公益社団法人日中友好協会派遣分団」を派遣したものです。

 8月29日には中日国交正常化45周年を記念する「中日大学生千人交流会」が、北京大学で行われました。千人交流会は日本と中国の大学生が北京大学で約500人ずつ参加し、相互理解を深め、中国の生活文化に直接触れ、より客観的に中国を理解することを目的として集まりました。

 千人交流会には中国の劉延東副首相が出席し、基調講演を行ったいました。 劉副首相は、「中日両国が国交を正常化して45年、紆余曲折や厳しい試練を経験したが、各分野での協力が大いに進んで、両国国民、特に若い世代にとってプラスになっている。両国の平和、友好、協力は人々の願いであり、大きな流れである。中日国交正常化45周年と来年の中日平和友好条約締結40周年を機に、4つの政治文書と4つの原則的共通認識を基礎とし、実務協力のレベルを高め、両国関係を正しい方向へ進めて、発展を推進していくべきである」と述べたとありました。

  また日本の福田康夫元首相はビデオで談話を発表しました。

 そして「中日大学生平和友好宣言」が発表されました。

 その後孫たちは貴州省の貴陽に移動して当地の大学生と交歓し、最後に上海で観光して戻ってきました。

 孫は昨年は大学からアメリカに4か月ほど語学留学しています。

 私たちが学生のころは海外に留学するのは選ばれたごく一部の人たちで、夢のような話でしたが、今は簡単に海外に留学できる時代になったことを痛感しました。うらやましい限りです。

| | コメント (0)

2017年5月29日 (月)

孫の小学校最後の運動会(NO.1022)

 平成29年5月27日、第一小学校の運動会の応援に行きました。

 孫娘は小学6年生、第一小学校では最後の運動会になりました。そして私たち爺、婆にとっても小学校最後の運動会になりました。

 私たちには長女のところに2人の孫息子、長男のところには1人の孫娘がいます。長女家族も、長男家族も私たちと同じ我孫子市に住んでいます。

 長女の上の孫息子は2003年に我孫子第四小学校に入学、その年から運動会の応援が始まりました。下の孫息子は3年違いなので我孫子四小での運動会は2011年まで、そして2012年からは我孫子一小での運動会の応援に変わりました。

 合わせると15年連続、幼稚園から数えると17年連続での運動会でした。

 中学校になると運動会もちょっと雰囲気が変わりますので、これが最後の運動会かもしれません。ほっとすると同時にちょっとさみしい気もします。

 5月27日は前日までのぐずついたお天気が一転晴れあがりました。時々雲が出て日差しを遮ってくれます。炎天下の昼食は免れました。

 開会式では孫娘は吹奏楽員でユーフォニウムを吹いていました。

Conv0001

Conv0002

Conv0003

 第一小は現在の生徒数に比べて広い運動場となっています。子供たちはのびのびと運動会を楽しんでいました。

Conv0005

Conv0004

 孫娘は100メートル走、父親との2人三脚、騎馬戦、戦国演舞などで最後の運動会を精一杯楽しんでいました。

Conv0008

Conv0011

Conv0006

Conv0010

Conv0009






| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

傘寿のお祝いをしてもらった(NO.988)

 平成29年1月28日、長女と長男一家が長女の家で私の傘寿のお祝いをしてくれました。私の誕生日は1月29日、1日早いお祝いとなりました。

 ただ、長男のほうの小学5年生の孫が当日インフルエンザになったため、孫とそのママは欠席となりました。孫は参加を楽しみにしていたため、悔し涙にくれたそうです。

 長女のほうには大学2年生の男の孫がいますが、今年が成人式だったのでそのお祝いの席にもなりました。

 参加者は私と妻、長女一家はパパとママ、大学生の孫と高校2年生の孫、長男一家は長男だけの7人でした。2人の欠席はたまたまの出来事とはいえ、本当に残念でした。

 部屋には「CONGRATULATIONS」と「祝」の飾りが用意されていました。おそらく孫たちの発案でしょう

Conv0002

Conv0003

 料理は我孫子の老舗割烹「鈴木屋」などから取り寄せた豪華料理でした。味もよし見た目もきれいです

Conv0001

 お祝いの品には江戸切子の焼酎グラスをもらいました。皇室御用達の製品を作っているカガミクリスタルの江戸切子です。

Conv0004

 最後に80歳と20歳のローソク飾りのついたケーキが出てきました。食べるのがもったいないくらいでした

Conv0005

 振り返れば80歳までよく命を永らえたものと思います。

 これも妻をはじめ、家族のみんなが支えてくれたおかげです。感謝とともに幸せいっぱいの気持ちになりました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧