2021年9月12日 (日)

緊急事態宣言が19都道府県で9月30日まで延長(NO.1509)

 令和3年9月12日、本日までだった緊急事態宣言が19都道府県で9月30日まで延長されました。

 北海道、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、岐阜、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄の19都道府県で、宮城、岡山はまんえん防止措置に移行しました。まんえん防止措置はその2県と、福島、石川、香川、熊本、宮崎、鹿児島の6県が9月30日まで延長、富山、山梨、愛媛、高知、佐賀、長崎の6県が解除されました。

 今後は宣言解除は感染の減少などの5つの指標だけでなく、医療提供体制をより重視した新しい基準を適用することになりました。

 これで何度目の緊急事態宣言であり、何度目の延長でしょうか。国民は慣れっこになり緊急事態宣言の効果は減ってきています。人出は減っていません。菅首相は自民党総裁選への立候補を取りやめて、コロナ対策に専念するとのことですが、これを最後の宣言にしてほしいものです。

 明るい見通しとしては、ワクチンの効果がはっきりと出てきていることです。

 我孫子市の感染者が毎日メールで届きますが、高齢者が激減し、代わりに若い年齢層の患者が激増しています。日本国内の感染者数は8月13日に2万人を超え、一時は2万5千人を超えましたが、9月2日以降は1万人台となり、9月10,11日は8千人台となりました。

 ただ重症者数は日本国内で依然2千人を超えており、死亡者数も9月8日に89名となって今回の宣言下では最高になりました。

 9月10日現在のワクチン接種者数が、日本国内で約6308万人で、接種率が49.8%ですので、接種が進めば重症者も死亡者も減ってくると思われます。

 今年いっぱいでコロナに振り回される生活が終わってくれるよう願っています。

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

過去最大の緊急事態宣言(NO.1501)

 2021年8月17日菅首相は記者会見を開き、8月20日から9月21日まで緊急事態宣言とまんえん防止措置の追加と延長を発表しました。

 これで緊急事態宣言は、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、沖縄に加えて、茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の13都府県になりました。まんえん防止措置は、北海道、福島、石川、愛知、滋賀、熊本に加えて、宮城、富山、山梨、岐阜、三重、岡山、広島、香川、愛媛、鹿児島の16道県になりました。合計29都道府県で過去最大です。

 感染者も7月30日に1日あたり1万人を超えてからだんだん増え、8月14日からは2万人前後を数えています。少なかった死者も8月17日には1日あたり47人になりました。感染力の強いデルタ型のせいと思われます。

 パラリンピックも無観客で行われることが決まりました。高校野球も2校がコロナ感染者が出たため辞退することになりました。夏の大会で大会期間中の辞退は初めてです。

 緊急事態宣言を出しても感染を防ぐ効果的な手は見つからず、国民の自粛とワクチンの普及しかないようです。世界的に見てもアメリカやイギリスなどは、特に規制はせず、ワクチン任せ、コロナ任せというようになっています。そのうち収まると感じているのではないでしょうか。もしかしたら、日本もそんな感じになるかもしれません。

 たしかに過去の歴史を見ても収まらなかったパンデミックはありません。ただ、それまでにどれほど犠牲者がでるかでしょう。犠牲者を少なくする努力は怠ってはならないと思います。

| | コメント (0)

2021年8月13日 (金)

4回目の大腸憩室出血(NO.1499)

 2021年8月7日朝いつものようにトイレに行くと出血がありました。今までの経験からまた大腸憩室出血だと分かりました。4度目です。

 私の場合この病気は突然やってきます。何の前触れもなく痛みもありません。しかし突然出血するので、旅行や泊りがけの外出はあきらめています。

 1度目は2016年10月でした。早朝に何度も出血があり、何の原因かわからずあわてて救急車を呼びました。名戸ヶ谷あびこ病院に運ばれそのまま入院となりました。そこで初めて大腸憩室出血という病名がわかりました。絶食し、止血剤と食事代わりの点滴が6日間続き、11日間の入院でした。

 2回目は2年後の2018年10月日曜日の午後でした。トイレに行ったら便器が真っ赤な血で染まりました。大腸憩室出血の再発間違いなしと分かりました。名戸ヶ谷あびこ病院に電話して妻に送ってもらいそのまま入院となりました。前と同じ治療で13日間入院しました。

 3度目は5か月後の2019年3月でした。前2回と様子が違っていました。出血が少量で済んだのです。連続してトイレに行くこともありませんでした。それで止まったと思い軽く食事をとりました。ところが夜中に何度か出血したので、翌日妻に名戸ヶ谷あびこ病院に送ってもらい外来で診察、点滴と薬をもらって帰りました。そしてやはり軽く食事をとったのです。それが間違いでした。その夜も出血が止まらず結局は入院となってしまいました。入院期間も一番長く14日間となりました。

 4度目の今回は3度目の経験が活きました。出血後、昼食と夕食は取らず、前回もらった薬がほとんど手つかずで残っていたためその薬だけ少量の水で飲みました。翌日からは流動食にしました。アルコールも禁酒です。3日目に完全に出血は止まり、6日目には普通の食事がとれるようになりました。

 入院せずにすんだのです。私の入院は命を懸けている方の入院や、入院しても肉体的または精神的な苦痛のある方に比べると、まったく楽な入院かもしれません。痛みや恐怖はありませんし、点滴だけ我慢して時を待てばいいのです。それでも入院は避けたかったのです。コロナの影響で誰にも会えず、じっとベッドで我慢をしているのはいやなものです。

 いつ5回目がやってくるかもしれませんが、貴重な体験でした。

| | コメント (0)

2021年8月 7日 (土)

新型コロナウィルスの日本国内の感染者が100万人を超えた(NO.1496)

 2021年8月6日新型コロナウィルスの日本国内の感染者がついに100万人を超えました。

 私は昨年の2020年3月1日から読売新聞に掲載されるコロナの感染者と死亡者の統計をパソコンに転載し始めました。

 それによると2020年3月1日は感染者が218人、死亡者は5人でした。前日までの数字です。そして2021年4月11日に感染者が50万1473人、死亡者が9389人となって、50万を超えました。これも前日までの累計です。約1年1か月後です。

 そして今日8月7日の新聞には感染者が100万2096人、死亡者が1万5261人となりました。50万人に達してから4か月足らずです。

 ただ感染者の増加スピードに比べると死亡者の増加スピードは減っています。ワクチンと医療関係者の努力が効果を発揮したものと思われます。

 感染の拡大はコロナ感染力の強いデルタ株のせいと言われています。

 ジョンズ・ホプキンス大の集計による世界の主要国の数字が読売新聞に出ています。それによると、約3545万のアメリカを筆頭に、インド、ブラジル、ロシア、フランス、イギリスと続き、日本は21番目となっています。

 増加のスピードは一時よりは減りましたが、デルタ株のせいか最近はあまり減っていません。ワクチンの普及が世界をどう変えていくか期待と不安が交錯しています。

 新聞からコロナ統計が1日も早く消える日が来ることを願っています。

| | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

4回目の緊急事態宣言が首都圏3県と大阪府に拡大(NO.1495)

 2021年8月2日、東京都と沖縄県に出されていた緊急事態宣言が、神奈川、埼玉、千葉の3県と大阪府に拡大され、期間も8月31日まで延長されました。またまんえん防止措置が、北海道、京都、兵庫、石川、福岡に発令されました。

 日本国内の感染者が、7月29日に初めて1万人を超え、8月1日まで4日連続1万人超えが続いています。7月31日には1万2千人を超えています。

 東京では緊急事態宣言下でも各地で人出が増えています。7月23日にほとんどの競技場で無観客で始まった東京オリンピックの影響もあるかもしれませんが、日本各県で感染者が増えております。4月下旬の4連休や夏休みに入ったことで、人の動きが増えたことが原因と考えられます。そして何よりもインドで発生した、感染力の強いデルタ株が広まったのが大きいと思われます。

 この傾向は日本よりワクチン接種の進んでいる欧米でも見られます。アメリカは8月1日約19万5千人、イギリスは7月31日約3万人、フランスは7月30日約2万8千人となっています。日付はいずれも新聞発表の日です。一方死亡者はどの国も以前より極端に減っています。欧米で各種の制限が減った理由は、死亡者が減ったためかもしれません。

 日本では緊急事態宣言が4回目ともなると、飲食店へのアルコール自粛の徹底などが守られなくなっているようで、また国民全体の気のゆるみも出てきています。政府も打つ手がなく、宣言や措置を出すだけで、あとはワクチン待ちといった感じです。

 そのワクチンも不足気味で、自治体に接種体制拡充を薦めたのを途中でブレーキをかけるなどのお粗末を繰り返しています。

 今のところは、ワクチン接種が若者にいきわたるまでの時間待ちでしょうか。歴史を見るとどんなパンデミックも時間が立てば収まっています。政府も国民も内心はたかをくくっているのでしょう。これは私の独断です。

| | コメント (0)

2021年7月12日 (月)

東京に4回目の緊急事態宣言、オリンピックは無観客となる(NO.1489)

 2021年7月12日、東京に4回目の緊急事態宣言が出されました。

 東京と沖縄は8月22日まで緊急事態宣言、神奈川、埼玉、千葉、大阪はまんえん防止が8月22日まで継続されます。北海道、愛知、京都、兵庫、福岡はまんえん防止が解除されました。

 そしてオリンピックは、東京、神奈川、埼玉、千葉で行われる競技は無観客となりました。また、北海道、福島の会場も知事の判断で無観客となりました。コロナの感染拡大を防ぎ、オリンピックを安全に行うためには無観客が必要と判断されたためです。

 日本のプロ野球やサッカーなどなどは一定の制限を設けて観客を入れていますが、オリンピックは日本全体の行事であり次元が違います。観客を入れれば日本国内の人の移動が増えることは間違いありません。残念ですが、妥当な判断だったと言えます。

 コロナの中で無事に大会が終了すれば、この東京大会は記念すべき大会になると確信しています。我が家の子供や孫たちも一部の競技のチケットを確保していたので残念ですが仕方ありません。

 政府や関係者に望むことは、入国する選手や関係者の水際対策をしっかりやることです。例外を認めてはなりません。期間中の移動や行動にもしっかり気を配る必要があります。

 またワクチンの確保、接種の実施を確実にやることです。

 私たちは、テレビやSNSを通じて静かに応援しましょう。これが最後の緊急事態宣言とまんえん防止措置になることを願っています。

| | コメント (0)

2021年7月 9日 (金)

やっとコロナワクチン2回目の接種が終わる(NO.1487)

 令和3年7月8日、我孫子駅前のヨーカ堂南口店3階のアビークオーレでコロナワクチン2回目の接種が終わりました。名戸ヶ谷あびこ病院の担当でした。

 1回目は名戸ヶ谷あびこ病院で6月4日に接種したのですが、2回目の予約が約5週間後になっており今まで待たされたのです。妻はかかりつけ医で1回目6月16日と遅れたのですが、2回目は3週間後の7月7日と私より早くなりました。

 私は1回目終了時に5週間後になっても効き目は変わらないかと確認しました。6週間以内なら大丈夫と言われ半信半疑でしたが、評判通り2回目のほうが痛みが残っているので、効いているのかと変な納得をしています。おそらく予約が遅れたのは名戸ヶ谷あびこ病院に予約が集中したためと思われます。

 病院の場所は必ずしも便利なところにあるわけではないため、途中から我孫子駅前のアビークオーレに変えたのでしょう。会場が広くなり、聞き取りや接種をする流れが数倍になったため、多くの人が来ていました。

 我孫子に住んでいる子供や孫たちも、市や企業での予約が取れて8月中には終了するめどが立ったようです。まずはホッとしています。

| | コメント (0)

2021年6月21日 (月)

3度目の緊急事態宣言が沖縄以外は解除された(NO.1480)

 令和3年6月20日、10都道府県に出されていた緊急事態宣言が沖縄以外は解除されました。

 沖縄は7月11日まで延長となり、北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫はまんえん防止措置に移行、広島、岡山は解除です。まん延防止措置が出ていた、埼玉、千葉、神奈川は7月11日まで継続、岐阜、三重、は解除となります。

 すっきり一斉解除と行かないのは感染状況や医療のひっ迫が目覚ましく改善したと言えないためと思います。国民の気のゆるみとワクチン接種の遅れが最大の原因でしょう。

 千葉県はまんえん防止措置が継続されますが、対象となる市は継続と解除と新規対象の市が発表され、わが我孫子市は対象から外れました。根拠ははっきりしませんが、我孫子が外れたので一安心です。

 緊急事態宣言とまんえん防止措置との違いがいまいち不明確です。そのうえ自治体によって、制限や自粛の内容が異なるので理解するのが大変です。お店や施設の方も混乱するところが出てくるのではないかと心配しています。

 日本の場合は外国のロックダウンや禁止でなく、自粛なので罰則がなく、自粛しないところが出てきているようです。

 オリンピックとパラリンピックの観客制限もまだはっきり決まっていません。私は以前から無観客で行うべきと思っていましたが、尾身会長も同じことを言われています。感染の状況次第で決めるようですが、早く決断したほうが混乱しません。いろいろ利害が対立しているので決められないようですが、基準をオリンピックを無事に終えること、感染を拡大しないことに絞って決めるべきと考えます。

 

| | コメント (0)

2021年6月 5日 (土)

1回目のコロナワクチン接種(NO.1473)

 令和3年6月4日、名戸ヶ谷あびこ病院でコロナワクチンの1回目の接種を受けました。

 ワクチンはファイザー社のメッセンジャーRNAという種類のワクチンで2回受ける必要があります。2回目は名戸ヶ谷病院は混んでいるため、約5週間後の7月8日の予定です。係の人に聞いたら1回目から6週間以内なら問題ないとのことで安心しました。

 当日は朝から雨、しかも強風が吹いていましたが、出かけるときには雨脚が衰えたので歩いていきました。家から10分くらいです。予約は3時から3時半の時間帯、5分前につきました。

 友人が別の病院で接種したときは病院の外で炎天下のもと待たされたと聞いていたので、雨の中で待たされるのかと不安でしたがそのまま入れました。病院の入口で検温の後、7階の大会議室の接種会場に行きました。会場の入口で待つこともありませんでした。

Conv0002_20210605110401

 受け付け、面接、注射も滞ることはありませんでした。接種の後、3時5分まで会場の椅子で待機して終わりました。待機している人も10人くらいで、密にはなりませんでした。注射は全く痛まず、翌日になってちょっと痛みがある程度です。

 事前に送られてきた書類にはアルコールについては何も書かれてなかったのですが、用心して夕食時はいつもより減らして缶ビール1本にしました。

 我孫子市は84歳の人への案内時には4カ所でしか接種できなかったのですが、今は多くの病院や医院で接種できるようになっています。

 妻は案内が来た時に申し込んだら8月の予約しか取れなかったのですが、6月2日に接種場所が増えたのでキャンセルして予約し直しました。6月半ばにかかりつけ医で1回目を行い2回目も私より早く終わることになりました。

 遅れていたワクチン接種が加速したのは、コロナ対策はワクチン接種が最大の効果を生むことがやっと政府や自治体にも理解されたためと思います。若い人にも早く行き渡ってほしいと願っています。

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

今回を緊急事態宣言の最後の延長としてほしい(NO.1472)

 令和3年6月1日、北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡の9都道府県に出されている緊急事態宣言が5月31日から6月20日に延長されました。また、埼玉、千葉、神奈川、岐阜、三重に出されているまんえん防止等重点措置も6月20日まで延長となりました。

 東京都については、1回目の宣言が1度延長、2度目の宣言は2度延長、3度目の今回の宣言も2度延長となりました。飲食店などは8回の苦しみを経験したことになります。

 このように小刻みに宣言を出し、小刻みに延長するのは、日本政府の危機管理のまずさ、定見のなさ、そして臆病さが原因と考えられます。

 アメリカやヨーロッパでは猛威をふるっていたコロナが急速にしぼんできています。特にイギリスでは1日あたり最大7万近い感染者を出し、2千近い死亡者を出したことがありますが、今では感染者は千人から3千人台、死亡者は1桁か10人台と激減しています。ワクチンが効果を発揮していると思われます。

 日本でも遅まきながらやっとワクチンの接種が進み始めています。今回の宣言延長が最後になってほしいと願っています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧