2023年1月28日 (土)

コロナの5類への移行が5月8日に決まった(NO.1677)

 2023年1月27日、政府は感染症対策本部の会議で5月8日にコロナを「2類相当」から季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げることを決定しました。5月8日は大型連休明けの月曜日です。

 それと同時に次のことも決定しました。

・医療費やワクチン接種の公費負担は段階的に縮小

・コロナ患者に対する医療機関を段階的に拡大

・医療費の公費負担と医療提供体制は3月上旬をメドに具体的方針を決定

・マスク着用は屋内外を問わず、個人の主体的選択を尊重

・感染者の全数把握を終了、定点把握に移行

 また1月27日より大規模イベントの人数制限を廃止し、スポーツ、コンサート、舞台などで観客が大きな声で声援を送る場合でも収容人数の制限がなくなりました。

 ただ、地域の感染状況によっては都道府県知事の判断で制限も認めるとしています。

 5類になってもコロナは高齢者にとって怖い病気であることは変わりありません。現在感染者は減少しつつありますが、死亡者は減っていません。死亡者の内容はコロナで肺炎になって死ぬ人は減っていますが、持病持ちの高齢者の死亡が増えています。私も持病持ちの高齢者ですので今まで通り用心したいと思っています。

 今回の決定でちょっとわからないのが感染者の把握が定点に移行するということです。

 現在はテレビや新聞で毎日、感染者や死亡者の人数が都道府県別に発表されています。定点とはこれがどう変わるのでしょうか。世界の統計はジョンズ・ホプキンス大学の数字が毎日発表されています。国・地域別に感染者と死亡者の累計です。

 私はいくつかの国を選んでパソコンに記録し、日ごとの数字を計算しています。それを見ると中国は数字の発表を中止しました。イギリス、イタリア、スペインなどは週1回発表しています。フランスは週5回です。また世界1の人口を持つインドは日ごとな感染者が200人以下、死亡者は1桁でゼロの日も多くなっています。人口の多さ、医療環境などから見て信じられない数字です。統計の基準が国ごとに違うのかもしれません。

 5月8日から日本はどんな数字を報告するのでしょうか。

| | コメント (0)

2023年1月23日 (月)

5回目の大腸憩室出血(NO.1676)

 2023年1月18日夕方4時半ころ、トイレに行ったら出血しているのに気が付きました。また恐れていた大腸憩室出血です。前回から1年5か月後の5回目になります。

 この病気は突然発病します。私の場合は何の前触れもなく、痛みもありません。そのため泊りがけの旅行や帰省ができなくなりました。旅先で発病したら直ちに現地で入院するしかないからです。

 1度目は2016年10月でした。夜中に何度も出血したので救急車を呼び、名戸ヶ谷あびこ病院に運ばれました。そこで初めて大腸憩室出血という病気だと分かりました。11日間の入院でした。

 2度目は2年後の2018年10月でした。妻に名戸ヶ谷あびこ病院に車で連れて行ってもらい、そのまま13日間入院しました。

 3度目は5か月後の2019年3月でした。同じ病院で14日間入院しました。

 4度目は2年5か月後の2021年8月でした。その時は出血量が少なかったので、それまでの経験を生かして、3回目にもらっていた出血止めの薬を飲んで、丸1日間絶食し、その後も柔らかいものを少しずつ食べるようにして直しました。入院せずに済みました。

 今回も出血量が少なかったので、4回目と同じように直ちに絶食、同じ薬を飲みました。ホームドクターに用心のため同じ薬をもらっていたのがよかったのです。

 出血は22日に止まりました。現在はやわらかい食事を続けています。おそらく数日後には普通の生活に戻れると思っています。

 軽い出血で済んだのが幸いでした。これが3回目までのような何度も出血するような状態だったら入院するしかありませんが、コロナのため入院するのは正直怖いです。それにいまは病院が受け入れてくれるかどうかもわかりません。厄介な持病です。

 持病持ちの高齢者にとっては静かに暮らすのが一番のようです。

| | コメント (0)

2023年1月21日 (土)

新型コロナの扱いが今春から「5類」になる(NO.1675)

 2023年1月20日、岸田首相は新型コロナウィルスの感染法上の分類を、今春現在の「2類相当」から季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方針を表明しました。

 コロナの扱いは次のように変わります。

      現在  今春以降

・分類  2類相当  5類

・感染者の自宅待機 あり なし

・入院勧告 できる できない

・行動制限 できる できない

・感染者の把握 全数 定点

・対応医療機関 指定の医療機関 一般医療機関

・医療費窓口支払い 全額公費 自己負担も検討

・ワクチン接種 全額公費 公費負担は高齢者など

・屋内でのマスク 原則着用 不要な場面を拡大

 引き下げる理由はウィルスの病原性(重症度)が低下しているなどから判断したとのことです。

 しかし第7波と比較してみると

    1日の最大感染者数 1日の最大死亡者数

・第7波 263,442(2022/8/19) 343(8/23)

・第8波 246,510(2023/1/6) 523(1/13)

 となっています。確かに感染者は第8波のほうが少ないですが、死亡者は逆に増えています。第8波がいつ収まるか不明だとしたら重症度が低下していると判断していいか疑問です。

 1月21日の読売新聞社説には「移行の目的を明確にすべきだ」として次のように書いています。

「新型コロナウィルスの感染症法上の位置づけを見直すことで、どのような利点があるのか。政府はこれまでの考え方を転換する狙いを国民に分かりやすく示すべきだ。(中略)

 第8波の渦中にある今、高齢者を中心とした死者数の急増が問題になっている。受け入れ先が見つからず、救急搬送が困難な事例も過去最多を更新し続けており、逼迫ぶりは深刻である。5類にしたとたん、感染がさらに広がって死者数の増加に拍車がかかることがないよう、混乱のない移行の道筋を描いてほしい。(中略)

 いずれコロナの法的位置づけを変更する必要があるにしても、移行に当たっては、実態と照らし合わせて慎重に進めるべきだ。

| | コメント (0)

2023年1月 9日 (月)

コロナの日本の感染者の累計が3千万人を超え、死亡者の累計が6万人を超えた(NO.1671)

 2023年1月8日現在のコロナの日本の現状は

・感染者の累計 約3051万人

・死亡者の累計 6万206人

 となっています。

 感染者は1月6日に3千万人を超えました。世界第6位です。

 死亡者は1月8日に6万人を超えました。1月5日の1日あたりの死亡者498人は過去最多となっています。死亡者の累計は世界第16位です。

 東京都の感染者の累計は元日に400万人を超え、1月8日現在約410万人です。東京都の死亡者の累計は1月8日現在6997人なので9日には7000人を超えることは間違いないでしょう。

 いまが第8波のピークなのかもしれませんが、日本での規制がなくなり、海外からの渡航者もほぼ自由となっているので、これからどこまで増えるかわからないとも報道されています。

 特に感染の拡大してると言われる中国では、この1月にゼロコロナ政策が中止となり海外旅行もほぼ自由となりました。日本では中国からの渡航者には受け入れ空港を制限したり、72時間以内の陰性証明を要求していますが、果たしてそれで防げるのか不安が残ります。

 

| | コメント (0)

2022年12月30日 (金)

コロナの日本の感染者の累計が韓国を抜いて世界第6位となる(NO.1668)

 2022年最後のコロナについてのブログです。

 12月29日、コロナの感染者の累計が韓国を追い越して世界第6位となりました。

 12月29日の日本の感染者は約19万人で累計約2899万人、韓国が約7万で累計約2893人となり逆転したのです。

 12月21日に1億人を突破したアメリカが約1億60万人で1位、インド、フランス、ドイツ、ブラジルにつぐ6位です。7月ころから日本の1日当たりの感染者がほぼ世界最大となっていたため、いずれ上位に来るとは思っていましたが、年内に韓国を追い越すとは予想外でした。5位のブラジルとは700万人以上の差があります。ぜひ5位になる前に収まってほしいものです。

 コロナが爆発的に広がっているといわれる中国はジョンズ・ホプキンス大学の集計が12月23日で止まっています。最後の数字は感染者の累計が190万9905人、死亡者の累計が5242人でした。全く実情を反映していない数字だと思います。

 コロナのブログを書き始めたのは2020年2月12日です。もうすぐ丸3年になります。来年中には終わりにできることを願っています。

| | コメント (0)

2022年12月 8日 (木)

中国、ゼロコロナ政策を緩める(NO.1662)

 2022年12月6日、中国共産党の政治局会議が開かれ、新型コロナウィルス感染の抑止優先で堅持してきた「ゼロコロナ」政策を緩和に向かわせる方針が出されました。

 全国に広がった抗議行動の沈静化を図り、感染対策と経済社会の発展の両立に転じる軌道修正です。

 10項目からなる緩和改善策が発表されました。主なポイントは次の通りです。

・大規模なPCR検査は行わず、施設の出入りには原則陰性証明を求めない

・無症状および軽症の感染者は自宅隔離も可

・高リスク地域以外の人の移動を制限してはならない

・マンションの入り口などの封鎖は禁じる。

 中国での1日あたりの感染者はゼロコロナ政策のため永らくの間百人台と千人台をキープしていましたが、11月10日に約1万5千人を超えてから、11月30日には約7万1千人となり、その後も3万人越えを5日間記録しています。感染者の多い日本や韓国は別として、これはアメリカに次ぐ数字と言えます。

 私見ですが、これはゼロコロナ政策が一部破綻をきたしていると言ってもいいのではないかと思います。厳しいだけでは感染は防げないのではないでしょうか。

 でも習近平がどう考えているかはわかりません。読売新聞では次のように書いていました。

 「ただ、ゼロコロナ政策は、習氏自身が10月の党大会で『堅持』を強行している。国内の感染状況が高止まりしている中、政策そのものを撤回するかどうかについては、今後の情勢を見極めていくものとみられる。」

| | コメント (0)

2022年12月 3日 (土)

コロナの日本国内の感染者の累計が2500万人を超え、死者の累計が5万人を超えた(NO.1660)

 2022年12月2日、コロナの日本国内の感染者の累計が2500万人を超えました。

 2000万人を超えたのが9月9日ですから2か月と23日で500万人の増加です。日本より感染者が多いのは、アメリカ、インド、フランス、ドイツ、ブラジル、韓国です。日本が7番目となりました。

 日本の人口が約1億2700万人ですから、5人に1人が感染したことになります。私の家族や知人でも5人に1人ほど多くはありませんが、ぼつぼつ感染者が出ています。

 イタリア、イギリス、スペイン、ロシアなどのヨーロッパ諸国は人口が少ないにもかかわらず、日本より早く急激に感染者が広がりましたが、最近は少なくなっており日本が追い越す形になりました。それを見ると、抗体を持った人がある程度の割合になるまで感染者が増えるのかななどと考えてしまいます。

 一方、日本の死亡者の累計は12月1日に5万人を超えました。

 死亡者のほうは日本は16番目になっています。感染者に対する致死率が低くなっています。ただコロナでの死亡者の基準が国によって異なるようで一律には比較できないようです。

 いずれにしても感染者を減らすことが肝要でが、感染がこれからどうなるのかわからないのが不安です。

| | コメント (0)

2022年11月26日 (土)

コロナの第8波が拡大中、いつ収まるのか(NO.1658)

 2022年11月25日、コロナの日本国内の1日の感染者が11万8767人、1日の死亡者が174人を数え、感染者の累計は2428万9707人、死亡者の累計は4万9082人となりました。

 コロナの第8波が少しずつ拡大しています。第8波になってから1日あたりの感染者が10万人を超えたのは4日、死亡者が100人を超えたのは10日にもなります。

 1日あたりの感染者を10万人、死亡者を100人と少なめに見積もっても、感染者が2500万人を超えるのは12月3日、死亡者が5万人を超えるのが12月5日となります。増加のスピードが速まれば、11月中にその数字を超えるかもしれません。

 もしそうなればその時点で日本がイギリスを抜いて、アメリカ、インド、フランス、ドイツ、ブラジル、韓国に次ぐ世界7位の感染国になります。1年前と比べると大出世(?)といえます。

 最近の傾向は韓国、台湾、中国、などで増加が顕著になっています。欧米はマスクなしでもそれほど増加していません。いま日本では政府も統一教会などのほかの問題にかかりっきりでコロナにはあまり目が向いていません。

 私は5回目のワクチンを打ちましたが、ワクチン接種もとどこおっている感じです。何とか年内に感染拡大が収まってほしいと願っています。

| | コメント (0)

2022年11月11日 (金)

コロナの第8波が始まった(NO.1653)

 2022年11月10日、新型コロナ感染症対策分科会の尾身会長は首相官邸で記者団に対し、「感染の拡大が新しい波に入りつつある」と述べました。また千葉県の熊谷知事は10日の記者会見で「第8波に入ったといってもいいのではないか」との見方を示しました。

 ここ1週間の日本国内の1日当たりの感染状況を見ると、休日明けの11月4日と7日は3万人台ですが、他の日は6万人台が1日、7万人台が2日、8万人台が2日となっております。その前の1週間は2万人台から7万人台でしたから明らかに急増しています。ある専門家によると2週間後にピークを迎えるなどの発言もあります。

 第8波に入ったのは間違いないでしょう。欧米はその兆候は今のところ見えていませんが、韓国、台湾、中国でも感染者は増加傾向にあります。その中でも日本は群を抜いています。具体的な対策は出ていません。個人で予防するしかないのでしょうか。

| | コメント (0)

2022年11月 3日 (木)

コロナ第7波が収束する前に再び感染が拡大した(NO.1651)

 2022年11月2日コロナの日本国内の1日の感染者が7万258人となり、7万人を超え11日連続で前週の同じ曜日を上回りました。

 7月初めに第7波に突入したコロナは8月19日に日本国内感染者26万1343人にまで急拡大しました。その後少しずつ減り始め、10月10日には1万813人まで減少しました。

 とことが10月23日からは連続11日間前週の数字を超えています。10月10日の数字は1週間で一番少ない月曜日の数字ですので第7波が収まったとは言えないと思いますが、もし収まったと判断するならすぐ第8波が始まったことになります。この増加傾向はいつまで続くのでしょうか。

 いまの日本はすべてのイベントや会合が人数や時間の規制がなくなり、日本人の旅行も内外ともコロナ以前のように自由となっています。海外からも自由に受け入れています。

 日本人は皆さんマスクはしていますが、政府の見解は屋外では原則マスク不要、屋内の人の密集するときだけマスクをすることのようです。

 ワクチンは3回目までの接種率が約8300万人で66.2%、4回目の接種した人が約4100万人、現在5回目の案内が来ています。ワクチンは効いているのでしょうか。

 ワクチン以外に感染者の増加を防ぐ手はあるのでしょうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧