2022年9月26日 (月)

全都道府県でコロナの全数把握の方法が変わった(NO.1638)

 令和4年9月26日からコロナの全数把握の方法が変わりました。

 いままではコロナにかかった患者の氏名と連絡先などを診断した医師が保健所に届ける必要がありました。この作業が医師の診療以外の負担を増やしていました。

 今後は、①65歳以上、②入院が必要か必要になる可能性がある、③重症化リスクがありコロナの治療薬か酸素の投与が必要、④妊婦、の4通りの場合だけ従来通りとして、それ以外は年齢層別の患者数だけ保健所に届けるとしたのです。

 実は見直しは今月2日以降に行われていたのですが、やり方を政府が各都道府県に丸投げしていたため9県だけが実施し、あとの都道府県は統一したやり方を政府が決めるべきとして実施を控えていました。

 それが今日から統一した方法で実施されることになりました。それに伴って都道府県の多くが市町村別の新規感染者数の発表をやめることになりそうです。

 コロナの日本国内の新規感染者数は9月14日に10万人以上を記録しましたが、その後は10万人以下となり、ここ2日は連続して5万人を切っています。第7波も緩やかですが収まりつつあるようです。このまま減ってほしいものです。外国人の入出国の規制もコロナ前の状態に戻りつつあります。

 海外でのコロナ統計も変わりつつあります。新規感染者数の発表はイギリスでは3月から、ブラジルでは5月から、フランスでは6月から発表する日を限っています。スペインは最初から発表する日を定期的に休んでおり、ロシアや台湾は不定期に休んでいます。

 真面目に毎日発表する国のほうが多いのですが、国によってコロナ統計をどうとらえているかはわかりません。

| | コメント (0)

2022年9月10日 (土)

コロナの日本国内の感染者が2000万人を超えた(NO.1633)

 コロナの日本国内の1日あたりの感染者は8月19日の23万1343人をピークに減少傾向にありますが、9月9日の9万9491人でついに2000万人を超え2000万8557人となりました。

 1000万人に達するまでは2年半かかりましたが、2か月足らずでさらに1000万増えました。日本の人口の15.7%、6.4人に1人が感染したことになります。

 日本は7月22日にアメリカを追い越してから、世界1の感染者数を出し続け、3日前からほぼアメリカ並みの感染者数まで減りました。今では世界で9番目の感染大国になっています。

 ただ昨日9月9日の感染者数が、感染者の少ない月曜日を除いて7月19以来の10万人を割りました。この減少傾向がさらに加速することを祈っています。

| | コメント (0)

2022年9月 2日 (金)

日本国内のコロナの死者が4万人を超える。全数把握の見直しが今日から4県で始まる(NO.1631)

 令和4年9月1日、306人の死亡が確認され、コロナの累計の死者数が4万248人となりました。

 第7波では感染者が急増したため、死者数も過去最多となっています。4か月足らずで1万人増えました。80歳以上が死者数の74%を占めており、持病を悪化させて死亡する例が目立っています。私も心臓に持病があるため要注意です。

 今日から感染者の「全数把握」の方法が見直され政府の方針に従って、宮城、茨城、鳥取、佐賀の4県で県独自の方法で新たな仕組みを実施することになりました。

 いままではすべてのコロナ感染者の住所氏名などを確認して報告する「全数把握」の方式を取っていましたが、医療機関や保健所の事務的な負担が多いとの声が相次いだため見直しをすることが決まりました。ところが見直しする方式について、国が一律の方式を決めることをせず、各都道府県に独自に決めるよう丸投げしたため、ほとんどの知事が反発し政府に新しい仕組みを考えるよう要求しています。それまでは今のやり方で行くことになりました。

 4県はあえて独自の方式を取ることになりましたが、その勇気は称賛に値します。

 政府と厚労省役人の無策が浮き彫りにされました。7月22日以後、1日を除いて8月末まで1日当たりの感染者の世界最多記録を更新し続けました。9月1日になってやっとアメリカを下回りましたが、まだまだ全国の感染者は高水準にとどまっています。

 早く政府が新しいシステムを導入すべきと考えます。

 

| | コメント (0)

2022年8月26日 (金)

コロナ「いつまで続くぬかるみぞ」(NO.1629)

 「いつまで続くぬかるみぞ」という言葉は日中戦争の時代に中国での戦場の厳しさを表した歌の一節です。コロナの今の状態を表しているといってもいいのではないでしょうか。

 2020年3月ころから日本に侵入してきたコロナは2022年8月下旬を迎えて第7波のど真ん中です。

 8月19日には1日当たりの日本の感染者が26万1343人となり、8月22日には1日当たりの死者数が343人でいずれも過去最多となりました。1日当たりの感染者は、7月22日にアメリカを追い越してから昨日の8月25日まで、1日を除いてダントツの世界1を続けています。

 東京の感染者数は減少傾向にありますが、地方の各県は最多記録を更新しています。夏休みやお盆休みで東京人が地方で感染をばらまいた感じとなっています。

 プロ野球では巨人に多数の感染者が出て、巨人の2カード6試合が中止となりました。高校野球は4チームに感染者が出て、メンバーの入れ替えや試合日程の調整が行われました。

 医療現場がひっ迫して、救急車が入院患者を運べない事態が続出しています。

 政府は現場のワークロードを減らすためコロナの全数把握の見直しを決めましたが、やり方を各県任せにしたため見直しを拒否している知事も出ています。国の担当者の無責任さが明らかです。

 昨年の7月下旬から17日間東京オリンピックが行われた時の感染者を調べてみました。開会式の7月23日は全国で4225人、東京が1359人となっていました。閉会式の8月8日は1万4472人と4066人でした。いまと比べると今が桁違いに多くなっています。

 岸田首相は4回目のワクチンを打ったにもかかわらず感染者となりました。日本の感染者の累計は昨日1千8百万人を超えました。日本人の人口が1億2478万人ですから、約14.4%、7人に1人が感染した勘定になります。

 まさに「いつまで続くぬかるみぞ」です。

| | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

コロナの日本国内の1日あたりの感染者数が最多記録を更新、世界最多の記録を19日間続ける(NO.1624)

 2022年8月10日、コロナの1日あたりの感染者数が25万403人となり、25万人を超えて7日ぶりに過去最多記録を更新しました。

 8月3日に24万9830人を記録してから少しずつ減少していたのですが、減少傾向は続きませんでした。これがピークなのか、さらに更新するのかわかりません。

 世界的にみると7月22日にアメリカの1日あたりの感染者を本格的に追い越してから、8月10日までの20日間、1日だけわずかにアメリカが多かったのですが、それ以外は日本がダントツの多さを記録しています。いまや日本が世界1の感染国になっています。これもいつまで続くのでしょうか。

 お盆休みを迎えて日本から観光のための出国者が増えています。コロナ前に迫る勢いです。いままでは海外からの入国者がコロナを広めるのではないかと心配でしたが、世界1となった日本からの出国者がコロナをばらまいてくるのではないかと余計な心配をしています。

 感染者の増加につれて死亡者が増えているのも心配です。8月2日に143人と3桁になって以後、3桁の死亡者が続いており、9日には278人、10日には251人と増加しました。

 病院に入るべき患者が自宅療養を続けざるを得なくなっています。このまま何もしなくていいのでしょうか。

| | コメント (0)

2022年7月24日 (日)

コロナの日本国内の1日の感染者が初めて20万人を超え、世界最大の1日の感染者数となっている(NO.1619)

 2022年7月23日のコロナの感染者が20万975人となって初めて20万人を超えました。

 1日の感染者数としては過去最多で、世界最大を記録しました。一昨日の感染者もアメリカを超えて世界最大でしたので2日連続ということになります。

 昨日の日本の感染者は第6波のピークの約2倍、17道府県で過去最多となりました。東京都は3日連続で3万人を超えました。

 感染者は30代以下が6割を占めています。若い世代のワクチンの3回目の接種と60歳以上の4回目の接種を促進する必要があります。夏休み期間中の旅行や会食も必要最小限に限ったほうがいいでしょう。

 早く世界一の汚名を返上してもらいたいと願っています。

| | コメント (0)

2022年7月17日 (日)

コロナの日本国内の1日あたりの感染者が過去最多となった(NO.1617)

 2022年7月16日、コロナの日本国内の1日あたりの感染者数が11万676人となり過去最多を記録しました。1日あたりの感染者が11万人を超えるのは初めてです。

 全国的にみると、14県で過去最多となり、島根、愛媛、熊本、鳥取、大分県では第6波までのピークの2倍を超えています。西日本のほうで感染拡大が目立ちます。

 世界的には16日は15万8千のアメリカに次いで2位となりました。世界で1日あたりの感染者が2位となるのも初めてです。

 それでも感染防止の目立った方策は見られません。これでいいのでしょうか。

| | コメント (0)

2022年7月15日 (金)

コロナの日本国内の感染者の累計が1千万人を超えた(NO.1616)

 2022年7月14日、コロナの日本国内の感染者の累計が1千万人を超えました。

 読売新聞に毎日発表されているアメリカのジョンズ・ホプキンス大による統計によると、1千万人を超えている国はアメリカの約8900万人を先頭に34か国中13か国です。日本は14日の感染者が9万7788人となって13か国目になりました。

 14日の感染者数は、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリアに次いで5番目に多い数字となっています。アメリカに次いで3大感染国だったインドとブラジルは日本以下に抑えています。

 最近の増加傾向を見ると、15日には1日の感染者が10万人を超えることは間違いありません。10万人を超えれば2月8日以来となります。

 政府は経済活動の制限や各所の人数制限は設けないとしています。はっきりした理由はわかりませんが、第6波までの経験から、制限を設けててもあまり効果はないと判断したのかもしれません。経済活動を抑え込む影響の方が感染拡大より大きすぎると考えたのかもしれません。

 コロナは次々と変化しています。そのたびに感染が拡大します。いまのところ死亡者はそれほど増えていません。ワクチンを何度も打って重症化や死亡者を少なくすればいいと考えているのかもしれません。ただ、全国的な旅行の割引の実施は先延ばしのようです。

| | コメント (0)

2022年6月 7日 (火)

コロナの日本国内の1日あたりの感染者がやっと1万人以下となった(NO.1605)

 2022年6月6日のコロナの日本国内の感染者が9106人となり1万人を下回りました。

 1万人を超えたのは1月12日だったので、感染者が1万人以下となったのは約5か月ぶりとなります。1月11日は6378人だったのが、12日には13244人となり、ピークは2月8日の10万1280人でした。

 1万人を超えてからピークまで24日しかたっていません。オミクロン株の感染スピードがいかに速かったかを物語っています。

 ピークの後は増減を繰り返し、ピークから約4か月かかってやっと1万人を切ったのです。

 月曜日は1週間で一番少ないので、6月7日はまた1万人を超えると思いますが、減少傾向は続いています。このままいけば秋までには1月3日の782人(3桁)以下、年内には昨年12月6日の60人(2桁)以下となるのではないかと期待しています。

| | コメント (0)

2022年5月14日 (土)

コロナの日本国内の死者が3万人を超え、アメリカ国内の死者が100万人を超えた(NO.1599)

 2022年5月13日、コロナの日本国内での死者が3万10人となり3万人を超えました。

 2万人を超えたのが2月11日でしたので、約3か月で1万人増えたことになります。1万人に達したのは2021年4月26日でした。1万人から2万人までは約9か月半かかりましたが、3万人までは3か月と死亡者数が急増しました。

 オミクロン株は重症化するのが少ないと報じられていたのですが、死亡者に関してはオミクロン株拡大中に急増しています。2月22日には1日あたりの感染者が322名と過去最大を記録しました。

 第6波では80歳以上の高齢者の死亡の割合が73%になりました。高齢者施設のクラスターが増え、基礎疾患のある人や体力の衰えた高齢者がコロナにかかり死亡した例が多いのではないかと思います。コロナによる肺炎でなくても、死亡した人がコロナにかかっていたらコロナの死者に数えるようです。

 アメリカでは5月12日コロナの死亡者が100万人を超えたと報じられました。国別では世界最大です。

 34か国と地域のジョンズ・ホプキンス大による集計が読売新聞に毎日出ています。5月13日現在、日本は感染者数では13位、死亡者数では20位になっています。感染者に対して致死率が低いと言えると思います。

 ただ日ごとの感染者数は、5月13日の1日を例にとれば、日本は世界の主要12か国(34か国より私が選んだ12か国について日ごとの統計を取っています)中3位と高い数字を示しています。13日に限れば日本より多いのはアメリカと台湾だけです。ちょっと心配です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧