2020年9月 5日 (土)

シルクロードについてのテレビ番組3種類を楽しむ(NO.1378)

 コロナのため今も外出自粛を続けています。家にいて楽しめるものの中でテレビが最大です。

 そのなかでシルクロードについての3つの番組の再放送が印象に残りました。いずれもNHKのBSプレミアムの再放送でした。

 私は2011年9月にIBMのOBなど11人で中国の蘭州から敦煌への西域の旅を楽しみました。テレビ番組と重なる地域が多かったのも番組を楽しめた理由かもしれません。

 一つは1980年4月から12回にわたって放送された「シルクロードー絲綢之路」です。約40年前の中国で、NHKと中国中央電視台の日中共同取材により制作されました。大変貴重な映像です。デジタルリマイスター版できれいな映像になっていました。喜多朗の音楽と石坂浩二のナレーションが番組に花を添えました。高視聴率だったのを覚えています。この番組で一躍シルクロードが注目されました。

 二つ目は、そのシルクロードで撮影した映像を、テーマ別に編集した「もうひとつのシルクロード」で、現在も再放送が続いています。24回にわたって放送されることになっています。これは最初1981年に放送されました。

 40年前の中国ですから、自然や美術や仏像や壁画は変わっていませんが、中国人の生活や街の様子は全く別の国といった感じになっています。

 三つ目は2013年1月から5回にわたって放送された「激走シルクロード104日の旅」です。トルコのイスタンブールを出発し、イラン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギスを通って、中国の西安(当時の長安)まで、トラックを改造したバスで行く、17000キロの旅です。

 以前ブログで紹介した「アフリカ縦断114日の旅」や「南米大陸一周165日の旅」と同じような番組です。イスタンブールと西安は行ったことがあるのでこれも印象深い番組でした。

 このような番組の再放送は、おそらくコロナのためNHKでも新しい番組が作りがたい事情があるためなのかもしれません。ステイホームの間、懐かしい番組に出会えたことはうれしいことでした。

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

テレビ番組「南米大陸一周165日の旅」を見る(NO.1368)

 令和2年6月16日から7月4日まで、NHKBSプレミアムで5回にわたって放送された「南米大陸一周165日の旅」を楽しみました。1回90分の番組でした。

 新型コロナが放送番組にも大きな影響を与え、以前放送された番組のうちから好評だったものの再放送が増えています。この番組は6月13日の手賀沼通信ブログで紹介した「ハイビジョン特集 アフリカ縦断114日の旅」全4回に続くものです。2010年に放送された番組の再放送になります。

 南米大陸のエクアドルのキトを出発し、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、ブラジル、ベネズエラと8か国を回って、ベネズエラのカラカスまでの旅を記録しています。乗り物はトラックを改造し、荷台を客室にしたもので、テント泊でキャンプを重ねながら、旅を続けます。全コースを回ると費用は1人140万円、途中で旅行をやめたり、途中から参加することもできます。日本からは30歳の女性が参加、全コースを回りました。

 普通の観光旅行と違うところは、現地に深く入り込み、探検あり、冒険あり、現地人との交流ありの旅です。例えば世界遺産のマチュピチュでは公共の乗り物を使わず、3泊4日のトレッキングで空中都市を目指します。パタゴニアでは氷河やマゼラン海峡やピーグル水道やイグアスの滝で大自然に触れます。アマゾンのジャングルに入り込み、ピラニア釣りなどを楽しみます。

 10人前後の乗客同士は共同生活を続けるうち、家族同様の関係になります。前回のアフリカも南米も日本人の参加者はなぜか女性のほうが多く、3対1で女性の強さを感じました。

 7月21日からは「激走シルクロード104日の旅」が始まりました。1回目を見ましたが大変面白く、これも最後まで見るつもりです。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

テレビの2つの旅番組に感動(NO.1355)

 コロナ禍でステイホームの毎日を送っているためテレビを見る時間が増えています。令和2年5月から6月に放送された、NHKBSプレミアムの2つの旅番組に感動しました。

 1つは「ハイビジョン特集 アフリカ縦断114日の旅」です。

 25人の旅人が、1台のトラックを改造したバスに乗って、エジプトのカイロを出発、スーダン、エチオピア、ケニア、ウガンダ、タンザニア、マラウイ、ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビア、を経由して、南アフリカの喜望峰まで114日間かけて旅をする番組です。放送は110分の番組が4回ありました。

 25人の参加者は世界各国から集まった、年齢も若者から高齢者までの男女でした。日本からは20歳代と30歳代の男女3人が参加していました。

 2008年に放送された番組の再放送でなので、そのころのアフリカの現状が描かれていました。私はアフリカは行ったことはありませんが、この番組でアフリカの各国の生活や自然や動植物についてその一端を知ることができました。

 日本の青年を含めた3人がアフリカの最高峰キリマンジャロに登頂しました。キリマンジャロは5895メートルの高さがあり、簡単に登れる山ではありません。登山素人の青年が苦労しながらも登ったのには驚きでした。

 砂漠やサバンナやジャングルや川や湖も通りました。人種も言葉も年齢も慣習も違う25人が共同生活を重ねるうち、4か月の旅で深い絆に結ばれていく様子が感動的でした。

 このような旅番組を見ていつも感心するのは、番組のディレクターやカメラマンがそれを追っかけて忠実に撮影していることです。NHKには、田中陽希さんの「三百名山グレートトラバースⅢ」や、各国で行われる「グレートレース」などの過酷な環境でのある種の冒険番組みがあります。登場人物も大変な努力ですが、それを撮影するスタッフの苦労はそれに勝るものではないかと思います。

 2つ目の番組は「聖なる巡礼路を行く~カミーノ・デ・サンティアゴ1500km」です。

 フランスのル・ピュイ・アン・ヴレイからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの1500キロを歩く巡礼の旅を描いた番組です。

 日本にも四国遍路八十八か所めぐりがあり、これも1400キロと言われています。似たような距離ですが、日本は四国1周の周回コースに近く、サンティアゴはまっすぐです。日本では歩くだけでなく、観光バスや自家用車や公共交通機関を使う人も多いのですが、サンティアゴはほぼ巡礼専用道路を歩くようになっている感じです。

 番組では巡礼の旅を60分3回に分けて放送しました。8Kカメラで撮っているのできれいな画面になっていました。巡礼の旅は以前は祈りの旅だったようですが、今は祈りというより、自分を見直し再発見したり、他人との絆を強める旅になっており、21世紀になってますます人気が出て、今では年間35万人が歩くようです。ゴールはサンティアゴですが、途中から歩き始めてもよいようです。世界各国から参加していました。

 番組ではスペイン在住の日本人中年男性を追いかける形で進められ、その周りのいろいろな人のエピソードを紹介していました。心が洗われる番組でした。

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

コロナの影響でテレビが面白くなくなった(NO.1351)

 ステイホームでテレビを見る時間が増えましたが、テレビは面白くなくなりました。この状態はまだまだ続きそうです。

 通常なら今の時期、NHKのBS1では午前中はメジャーリーグの野球中継があり、夜はプロ野球中継があります。Jリーグの中継もあります。甲子園が始まれば高校野球中継もあるはずでした。ところが今日5月29日は夜7時から「あの試合をもう一度!1995年のオリックス頑張ろう神戸」となっていて昔の試合の再放送になっています。

 BSプレミアムでは今日は再放送が11番組も組まれていました。今はスポーツの試合は全部中止です。旅行番組や登山番組は自粛中なので放送だからと言って撮りに出かけるわけにもいきません。三密そのもののテレビドラマの制作は当然不可能です。NHKの大河ドラマも6月7日放送分までしか撮っていないようです。朝ドラも6月下旬で中断と聞いています。再放送が増えるのも仕方がないことかもしれません。

 出演者が顔を合わせる番組は出演者が遠隔から画面に顔を見せるオンライン出演になっています。生出演はニュース番組くらいといえるかもしれません。

 「再」や「選」のマークがなくても、見始めると「この番組は××××年×月に放送されたものです」というテロップが流れることもあります。

 はやくフレッシュな番組が製作できるような状態になってほしいものです。

 

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

「そして街から人が消えた~封鎖都市・ベネチア」を見る(NO.1336)

 2020年4月19日、NHKのBS1でテレビ番組「そして街が消えた~封鎖都市・ベネチア」を見ました。ベネチアは2月はカーニバルの季節です。そのカーニバルをやっている最中に新型コロナウィルスのため、カーニバルは中止、その後封鎖されました。

 私はカーニバルは見たことはありませんが、妻とベネチアには2度行き、イタリアでは一番好きな都市です。世界中からやってきた大勢の観光客が町のいたるところにあふれ、歩くのもままないくらいでした。その町が封鎖され人影がなくなってしまったのです。ショックでした。

 カーニバルは2月の8日に始まりました。18日続くことになっていました。ベネチアの中心のサンマルコ広場は仮装した地元の人と観光客でいっぱいでした。

7111963_0_0_3205_2048_1000x639_80_0_0_8c

 コロナの影が忍び寄っていましたが、2月8日はイタリア全土でまだ感染者3名、死亡者は1名でした。ところが2月23日にイタリアの感染者146名、死亡者3名となったところで、あと2日を残して翌日からのカーニバルが中止となりました。

 そして3月8日ベネチアを含むイタリア北部の都市が封鎖されました。ロックダウンです。食料品店と薬局に行くのを除いては罰金付きの外出禁止です。その日はイタリアのコロナは感染者7375名死者66名で中国に次いで2番目に多くなっていました。

 人っ子1人いないサンマルコ広場です。悲しい風景ですね。

Images3

 その後イタリアは世界一の感染者と死亡者を数えましたが、4月21日の読売新聞では感染者が17万8972名でアメリカ、スペインに次いで3位、死亡者が2万3660名で世界2位となっています

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

日本三百名山一筆書きグレートトラバース(NO.1089)

 2018年1月1日田中陽希さんが3度目のグレートトラバースに出発しました。

 1度目は2014年に深田久弥氏が選んだ日本百名山を、屋久島の宮之浦岳から利尻島の利尻岳まで人力だけで一筆書きで踏破しました。

 2度目は翌2015年に深田氏が百名山に入れなかった46座と深田クラブによって選ばれた54座を合わせた日本二百名山とされる100座を、北海道の宗谷岬を出発して九州佐多岬まで一筆書きで踏破しました。

 3度目となる今回は1978年に日本山岳会によって選定された、深田氏の百名山に200座を加えた「日本三百名山」とされる300座を、一筆書きで踏破する計画です。

 正確に言うと日本二百名山に選定されている「荒沢岳」が日本三百名山には含まれていないため、合計301座を登ります。

 総延長1万キロメートルを超える距離で、期間は約1年6か月を超えます。

 田中陽希さんは今年の1月1日に屋久島の海岸で初日の出を見た後、宮之浦岳を目指して出発しました。ゴールは百名山の時と同じ北海道利尻島の利尻岳です。

 三百名山には佐渡島の金北山も入りますので、佐渡へカヤックでわたる海路が加わります。

 田中陽希さんはホームページで今回の壮大なプロジェクトに対する思いを次のように語っています。

 「日本二百名山ひと筆書きのチャレンジのゴールで『Next Challenge』と叫んだあの日から、2年の月日が流れました。次のチャレンジを模索する中で、時間の経過と共に、過去2度のチャレンジで登ってきた山々の思い出が頭の中を駆け巡り、また登りたい山、歩きたい町が次々に溢れ出てきました。
 さらに、『日本の四季』を味わってきたと言ってきましたが、実際は「春夏秋」を主に歩き、登ってきたため、冬の山の厳しさや美しさを味わうことは未だにできていません。
 再び日本を旅の舞台とし、その集大成とするべく、これまでの200座に新たな101座の山々を加えたトータル301座の踏破を目指す『日本3百名山ひと筆書き~Great Traverse3~』。今、新たな旅がスタートします。」

 ホームペジには今までの2回の経験から田中陽希事務局からの皆様へのお願いが出ていました。

「・田中陽希を追跡したり、所在地を調べるのはお控えください。

 事故防止のため今回の挑戦では田中陽希の現在地を公開しません。

 ・皆様が撮影した田中陽希の画像・映像などをSNSなど公共の場で転載しないでください。

 皆様の転載により現在地が特定される恐れがあります。

 ・旅の道中や山頂でのサインはご遠慮ください。

 ほんの数分の事ですが、山中では事故へつながる可能性が高くなります。

 ・田中陽希への差し入れはご遠慮ください。

 荷物の軽量化は旅においてはとても重要です。」

 確かにNHKの放送を見ていて心配する場面がいっぱいありました。山旅では時間と荷物の軽さは貴重です。

 田中陽希さんが無事に三百名山を踏破して、ゴールすることを祈っています。

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

球辞苑の続きが待ち遠しい(NO.1044)

 NHKのBS1の放送番組に「球辞苑~プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち~」というのがあります。

 お笑い芸人が司会者となり、数人の定番の参加者、プロ野球の記録に詳しい人、ゲストの元プロ野球の選手などが登場し、その時のキーワードを巡って、現役や元プロ野球選手をインタビューをもとに話を進めるドキュメンタリー番組です。

 今まで取り上げられたキーワードは、「流し打ち」「ファースト」「アンダースロー」「ホームスチール」「クイックモーション」「スイッチヒッター」「インハイ」「外野手の捕殺」「リード(離塁)」「ホームランキャッチ」「ファウル」「球持ち」「6番打者」「満塁」「左殺し」「ストレート」「フルカウント」「ゲッツー」などです。

 それぞれにこんな記録があるのかと思われる記録が披露され、その記録に登場する人物にインタビューが行われます。

 たとえば「ゲッツー」では、最もゲッツーを多くとった2塁手、遊撃手のコンビは昨年では誰かとか、過去の記録では誰かとか、最も多く併殺打を打った選手はだれかとか、逆に併殺打を打たなかった選手はだれかとか、最も多く併殺打を打たせた投手は誰だとかの記録が、上位何人か出てきます。

 そしてその何人かの選手にインタビューしてその極意を聞き出す番組です。確かにこれを見るとプロ野球を見る楽しみが増えます。

 ところが今年の2017年3月25日放送の「開幕直前スペシャル」以後新しいキーワードの放送がなくなり、たまに再放送があるくらいになりました。キーワードが見つからなくなったのかもしれません。

 だだ、3月25日の放送時に、「これで終わり」とは言っていませんので、次があることを楽しみに待っています。

| | コメント (0)

2015年9月24日 (木)

グレートトラバース2の2百名山一筆書きが楽しみ(NO.849)

 昨年九州屋久島の宮之浦岳から北海道利尻島の利尻岳までの日本百名山を、208日と11時間をかけて一筆書きで人力踏破した田中陽希さんが、今年は日本2百名山を一筆書きで人力踏破しています。

 日本2百名山は深田久弥があまりにも険しく奥が深いと言って百名山から外した41座と、深田久弥を慕う人たちが山の「品格、歴史、個性」から選んだ59座の合計百の名山です。

 百名山より人が登ることが少なく、奥深いため、百名山よりも困難な登山となります。百名山は総移動距離7800キロ、累積標高差10万メートルでしたが、2百名山は総移動距離8000キロ、累積標高差11万メートルとなっています。

 NHKでは今年の2百名山一筆書きをグレートトラバース2として放送しています。

 昨年は南から北へ向かっての一筆書きでしたが、今年は5月25日に日本最北端の北海道の宗谷岬を出発、九州最南端の佐多岬がゴールとなっています。逆コースなのでまた違った季節の自然が出てくることでしょう。

 NHKではBSプレミアムで8月1日に「第1集:春~初夏・北海道の山」を、9月12日に「第2集:夏・東北~新潟18座に挑む」を放送しました。あと4集、全部で6回の放送になる予定です。

 田中陽希さんは現在長野県と静岡県にまたがる赤石山脈の山に挑戦しています。元気で目標が達成できることを祈っています。

 そして今後4回の放送が楽しみです。

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

JCOMのアナログ放送が終了した(NO.793)

 平成27年2月27日正午、JCOMが利用者サービスで続けていた、地上波テレビ放送をアナログに変換するサービスが終了しました。

 これは平成23年7月27日正午にテレビのアナログ放送がデジタル放送に切り替わった時から続けられていたサービスです。3年8か月ほど続けられました。

 私の部屋にあるテレビはアナログ時代に買ったテレビで、AQUOSの24インチ型です。当時は液晶で最新型でしたが、今となっては我が家で一番古いものになりました。

 ただJCOMのチューナーHUMAXを通せばデジタル放送を見ることができます。   

 テレビとHUMAXの両方の電源を入れる手間がかかりますが、私の部屋にはパソコン3台とプリンターが場所を取っていて、大きなテレビを置くスペースがないので、故障するまではこのテレビを使うつもりです。

| | コメント (0)

2012年6月27日 (水)

大河ドラマ「平清盛」の視聴率が最低の理由を考えて見た

 平成24年6月24日に放送されたNHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率が、関東地区で10.1%まで下がりました。これは過去最低だった1994年8月14日の「花の乱」の視聴率と同じ数字です。

 関西地区では6月3日に9.2%と最低の記録を出しました。ワールドカップのアジア最終予選日本-オマーン戦と重なった影響もありましたが、関西を舞台にした平清盛のドラマがひと桁の視聴率というのは異例のことと報道されていました。

 鳴り物入りで始まった「平清盛」が視聴者に受けない理由を考えてみました。理由はいっぱいあります。

1.面白くない

・主役の平清盛がヒーローとして描かれていません。今まで大河ドラマの主役は強く、凛々しく、聡明で、人を引きつける魅力ある人物として登場するのですが、このドラマではわけのわからない人物となっています。

・主役の松山ケンイチには痛快感、爽快感、知性が感じられません。笑顔もありません。ミスキャストではないでしょうか。

・大河ドラマには毎回ヤマとなるような盛り上がりがあるのですが、今回のドラマにはそれが欠けています。会話がやたらに多く、ストーリーの展開が阻害されています。

・腹黒い人物、意地悪な人物ばかり登場するような印象を与えています。

2.分かりにくい

・登場人物が多すぎ、その関係が複雑で、解説書がなければ理解できません。

・宮中、公家、武家とも同じような名前が多いため、区別がつきにくいのです。

・誰が誰の味方で、誰が敵なのかなかなか理解できません。人物がしっかり描かれていないのです。

・画面の転換が唐突で、今どこが舞台なのかわからなくなります。

・もっとナレーションを入れて、視聴者に親切なドラマにする必要があります。

3.画面が暗く、汚い

・リアリズムを狙ったせいか、画面が暗く汚い感じを与えます。

・昨年の大河ドラマ「江」はきれいすぎるという批判がありました。それを意識したかどうか分かりませんが、汚いよりはきれいな方が視聴者には好まれます。人気の韓国ドラマはどれも画面がきれいです。

4.テンポが遅い

・ドラマは平清盛の一生を描くのでしょうか。清盛が高熱で死んでしまうまでなら中途半端なドラマで終わってしまうように思います。今のテンポではとても平家の滅亡まではたどり着けません。

・テンポの遅さにはイライラします。楽しくない場面を延々と見させられる視聴者はたまったものではありません。平忠正と源為義が清盛と義朝に首を打たれる場面ではスローテンポにばかばかしくなってしまいました。

5.脚本が悪い。音楽も悪い。

・今まで原作のない脚本家のオリジナル脚本の大河ドラマは一部を除いて人気が出ていません。今回も藤本有紀のオリジナル脚本ですが、ちょっと荷が重すぎた感じです。

・大河ドラマの音楽は「赤穂浪士」のテーマミュージックをはじめとしてすぐれた音楽が多くあります。今回の吉松隆の音楽は特徴のない音楽と思います。聞いていて楽しくありません。

 今まで我慢して見てきた感じでは、「平清盛」はどんなドラマにするかというテーマに欠けた大河ドラマになっているように思います。訴えるものがありません。楽しんで見るようなものでもありません。

 おそらく年間の平均視聴率も、最低だった「花の乱」の14.1%をはるかに下回る視聴率になると確信しています。

| | コメント (0)