2019年7月30日 (火)

やっと梅雨が明けた(NO.1256)

 令和元年7月29日、関東甲信地方の梅雨が明けました。平年より8日遅く、昨年より30日遅い梅雨明けでした。

 昨年は6月29日に梅雨が明け、1951年からの観測史上最も早い梅雨明けでした。私の日記では雨が降ったのは6月6日の梅雨入りから明けるまでわずか9日間でした。

 それに対して今年は6月7日の梅雨入りから7月29日に梅雨が明けるまで、22日も雨が降っています。降らなくても曇りの日が多くなっています。いずれも雨の少ない我孫子での記録です。

 7月16日の読売新聞には「関東甲信を中心に記録的な日照不足が続いている。東京都心は6月27日から7月15日まで過去最長の19日連続で日照時間が3時間未満となり、7月は計5.6時間にとどまる。平年は計15日間に達する都心の7月の真夏日も、今年はこれまでに一度もない」と出ていました。

 私の日記からです。

        梅雨入り  梅雨あけ

・2019年  6月7日  7月29日

・2018年  6月6日  6月29日

2017年  6月7日  7月19日

・2016年  6月5日  7月28日

・2015年  6月8日  7月19日 

 過去5年間でも、今年は最も遅い梅雨明けでした。

 しかし梅雨明けと同時に猛暑がやってきました。熱中症に気を付ける必要があります。ヨーロッパではパリが42度の熱波に襲われました。今年はどんな夏になるか、気にかかるここ1,2か月です。

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

朝4時半にスパームーンを見た(NO.1210)

 平成31年2月20日朝4時半に自分の部屋からスパームーンを見ました。

 たまたま目が覚めたのでテレビでスーパームーンが見えることを思い出したのです。昨日は雨だったためまさか見えるとは思いませんでした。

 携帯用のデジカメのためこれ以上鮮明にはとれませんでした。

Conv0002

 スーパームーン(Supermoon)とは、満月または新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることです。

 2月20日未明の満月は今年最大の満月で、最少となる9月14日に比べると、直径で114倍、明るさで13倍になるそうです。

 Wikipediaから拝借した映像です。

220pxsupermoon_comparison1

220pxsupermoon_nov142016minneapolis



| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

甚大な被害をもたらした西日本豪雨(NO.1142)

 平成30年7月上旬に西日本を襲った西日本豪雨は甚大な被害をもたらしました。

 亡くなられた方に心から哀悼の意を表すともに、被害に遭われた方は少しでも早く元の生活に戻れるようお祈りいたします。

 住宅被害は31道府県で2万2千棟です。九州の鹿児島から東海の岐阜県まで13府県にわたって、死者179名、行方不明者61名(7月11日午後10時現在)となっています。平成になって最大の水害です。

 特に広島、岡山、愛媛の3県に死者不明者が多く出ました。私の故郷愛媛県は今まで台風などでも比較的被害が少なく安全と思っていたのですが、今回は死者26名、不明者2名を数えました。

 流域に多くの観光地のある美しい肱川が氾濫しました。我が家に比較的近い重信川は無事だったようです。

 実家に住む妹は雨の音がすごく、3夜あまり寝られなかったと言っていました。

 この豪雨は高気圧と低気圧に挟まれて停滞する梅雨前線に、湿った南風が流れ込み続けたことが原因とみられます。広範囲に長い間雨が降り続けました。

 人的被害が最も大きかった広島県には発生した積乱雲が連なる線状降水帯が観測されました。これは数年前に茨城県常総市などで小貝川が氾濫した水害の時にも見られました。

 関東地方は観測史上初めて6月に梅雨が明けました。そのとき、今年の夏は尋常ではない夏になると思ったのですが、それが早くもこのような形になりました。

 この夏の災害はこれで止まってほしいと願っています。

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

皆既月食を見た(NO.1095)

 平成30年1月31日、皆既月食を見ました。

 朝の天気予報ではうす曇りなのでうっすらと見えるかもしれないとのことでしたが、夜は晴れとなり鮮明に見ることができました。

 国立天文台によると次の時刻は日本中どこで見ても変わらないとのことでした。夜8時48分から満月が欠けはじめ、9時51分に皆既月食の状態になり、それが11時8分まで続き、2月1日の午前0時12分には満月に戻るとなっていました。

 私はいつも10時には床に就くため、パジャマ姿で、何度かテラスに出て寒さをこらえながら写真を撮りました。

 しっかりしたカメラではなく、コンパクトカメラで手持ちで撮ったため、なかなか月をとらえることができませんでした。アルコールが入っていたせいもあるかもしれません。

 月の大きさもまちまち、かなりいい加減な画像となりました。

Conv0001

Conv0002

Conv0003

Conv0004

 次の写真は国立天文台のものです。

20180201lunareclipse2201

 皆既日食は太陽が黒くなりますが、皆既月食は月が赤銅色になり、月の形が残ることに気が付きました。

 次に今回のように日本全国で部分食の初めから終わりまでを見ることができるのは2022年11月8日だそうです。

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

我孫子に梅雨は来なかった(NO.1039)

 平成29年7月19日関東地方の梅雨が明けました。平年より2日、昨年よりは10日早い梅雨明けです。

 今年の梅雨は気まぐれで九州北部には大きな被害をもたらしました。必ずしも梅雨前線のためだけではなかったようですが、それ以外にも梅雨の期間に九州南部や山陰地方や東海地方や東北地方にも大雨が降りました。

 東京にも梅雨明け前日に雹が降りました。ところが我孫子には梅雨明け前日は一時的に黒い雲がかかっただけで雨は一滴も降りませんでした。

 関東地方は6月7日に梅雨に入り、7月19日に梅雨が明けましたが、我孫子には梅雨は来なかったのではないかと思っています。

 日記から天候を調べてみましょう。梅雨入りから梅雨明けまでの43日間の記録です。

・晴れ(晴れと曇りの混じった日を含む) 31日

・曇り 3日

・少しでも雨の降った日 9日

でした。

 1日中雨の降った日は全くなく、雨の降った日でも小雨や普通の雨で、大雨の日は1日もありませんでした。

 以前から我孫子は雨が少ないと感じていましたが、今年の梅雨でそれを再確認しました。

 梅雨が明けたのでこれからはしばらく晴天が続くようです。被災地の方には申し訳ありませんが、雨らしい雨が降ってほしいと願っています。

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

11月の54年ぶりの初雪(NO.968)

 平成28年11月24日、朝起きてみると雪が降っていて夕方まで降り続き、庭などには数センチ積もりました。

 我孫子市の記録ではありませんが、東京では11月としては1962年以来54年ぶりの初雪となりました。11月の積雪は1875年(明治8年)気象観測を始めて以後、初の積雪とのことです。

Conv0001

Conv0002

Conv0003

Conv0004

 Conv0005

 寒さもこの秋で最も寒い日となりました。我孫子市も最高気温が2度台でした。

 交通機関も大幅に乱れ、転倒などでけが人が出ました。

 夕方には雪もやみ、残念ながら防犯パトロールは中止とならず、寒さに震えながら実施しました。

| | コメント (0)

2016年4月18日 (月)

熊本地方に大地震発生(NO.908)

 平成28年4月14日午後9時26分、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、益城町で震度7を観測しました。死者は9人が確認されました。

 そして16日午前1時25分、熊本県を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し熊本市や南阿蘇村、菊池市で震度6強を観測しました。

 気象庁の見解では、14日夜のマグニチュード6.5の地震は「前震」で16日の深夜の地震が「本震」とみられると発表しました。

 その後も大小の余震が続き、18日の朝までに震度1以上の地震が500回を超えています。死者は合わせて42人となりました。

 読売新聞の18日の朝刊に地震被害状況が出ていました。

・最大震度 7

・死者 42人

・安否不明者 7人

・負傷者 1101人

・避難 11万2029人

・建物損壊 2796棟(全壊 401棟)

・交通被害

 -九州新幹線 運転見合わせ

 -九州自動車道 一部区間通行止め

 -熊本空港ビル 閉鎖

・その他

 -停電 3万8900戸

 -断水 27万2204戸

 -ガス供給停止 10万5000戸

 この地震の原因は断層帯が動いたためで、日奈久断層帯と布田川断層帯の一部が動いたとみなされています。震源は熊本県から大分県に移動しています。

 私たち夫婦は4月7日から10日まで雲仙、長崎、北九州に旅行していました。今回の地震のちょうど1週間前です。雲仙は熊本県とは島原湾を隔てた40キロ弱のところにあります。

 もしツアーが1週間遅かったらおそらくかなり恐ろしい経験をしたことでしょう。ツアーのその後も無事に進んだかどうか疑問です。被災された方には申し訳ありませんが、私たちはラッキーだったと言えます。

 25年前の雲仙普賢岳の大噴火の時も、1991年5月15日に島原市にツアーで行っていました。ところが約半月後の6月3日にあの大火砕流が島原を襲ったのです。この時もラッキーでした。

 今回大きな被害を受けている熊本城には2年前にツアーで行きました。あの見事な石垣と屋根瓦が無残に壊れたのはほんとうに残念です。

 今回亡くなられた方、そのご家族にお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。

| | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

我が家の梅が狂い咲き(NO.879)

 昨年の暮れから咲き始めた我が家の梅の花が、平成28年1月7日3分咲きくらいになりました。

Conv0003

Conv0004

 我が家の庭は冬の間は日当たりが悪いため、いつもの年は2月末に咲きだすのですが、今年はまさに狂い咲きと言ってもいいでしょう。

 梅の木のそばの蝋梅はまだ紅葉が続いています。葉が落ち切れないのです。小さなつぼみが少しだけでていましたが、果たして咲くのでしょうか。

Conv0002

Conv0001

 今年の冬は以上に暖かく、北海道や東北に一部を除いて雪も少ないようです。中国地方の大山では雪が全くないと報道されています。

 今日1月8日から少し寒くなりましたが、今年はどんな冬になるのでしょうか。

| | コメント (0)

2014年10月 3日 (金)

御嶽山噴火の捜索が難航(NO.751)

 平成26年9月27日午前11時53分、長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)が突如噴火しました。

 ちょうど紅葉シーズンの土曜日のため約250人ほどの登山者が頂上付近にいたと報道されています。お昼を食べていた人もいたことでしょう。

 10月3日現在、死者は47名、さらに16名が行方不明とのことです。死者47名は、死者44名を出した雲仙普賢岳の火砕流を上回り、戦後最悪の火山災害となりました。

 現在約1000人の県警、自衛隊、消防の人たちが連日山に登って捜索活動を続けていますが、悪天候のためしばしば中断されました。今日も雨のため中断したままです。

 御嶽山は1979年に中規模の噴火、91年と2007年に小規模の噴火がありましたが、死者は出ていませんでした。

 登山者もまさか御嶽山が噴火するなんて思いもよらなかったと言っています。グレートトラバースの田中陽希さんは6月11日に御嶽山に登りました。私はその様子をテレビで見ています。噴火を心配する映像は全くありませんでした。

 この噴火はマグマで地下水が熱せられて爆発する水蒸気爆発でした。死者47人のうち46人は噴石の直撃による損傷死で、1人は熱傷死とのことです。

 日本は火山だらけ、日本百名山にも火山が多く含まれています。私も火山には多く登りましたが、雨や寒さに対する準備はしていきましたが、噴火に対する準備など考えたこともありませんでした。

 富士山も火山です。もう登山シーズンは終わりましたが、来年の登山にはどんな影響が出るのでしょうか。外国人など大幅に練るのではないでしょうか。

 御嶽山の捜索はまだ続いています。早く行方不明者が見つかるよう願っています。

| | コメント (0)

2014年7月23日 (水)

関東地方の梅雨が明けた(NO.734)

 平成26年7月22日関東地方の梅雨が明けました。

 昨年と比べると今年の梅雨はほぼ平年並みです。

・今年 梅雨入り  6月5日(平年より3日早い) 

     梅雨明け 7月22日(平年より1日遅い)

・昨年 梅雨入り  5月29日

     梅雨明け 7月6日

 これを見ると昨年が異常でした。

 今年の梅雨の期間は48日間でしたが、我孫子に雨が少しでも降ったのは21日間でした。7月10日と11日は台風8号がやってきましたが、我孫子はほとんど影響を受けませんでした。

 東京と違ってゲリラ豪雨やひょうが降ることもありませんでした。我孫子は穏やかな梅雨だったといえます。

 昨年より夏の期間は短そうですが、今年の夏の暑さはどうなるのででしょうか。 

| | コメント (0)