2020年9月29日 (火)

コロナで変わったアメリカ大リーグとポストシーズン(NO.1384)

 2020年9月27日アメリカ大リーグのレギュラーシーズンが終了しました。

 今年は新型コロナウィルスのため異例ずくめのメジャーリーグでした。開幕は3月下旬から7月下旬に延びました。最後まで無観客でした。試合数は1チーム162試合から60試合に減りました。

 その代わりポストシーズンにプレーオフが取り入れられて、ポストシーズンの参加チームと試合数が増えました。従来なら各リーグとも地区の優勝チームとワイルドカードの4チームで地区優勝を争いますが、今年は勝率の良い8チームで地区優勝を争います。60試合のレギュラーシーズンでは地区の優勝チームは決められないと踏んだのではないでしょうか。

 ア・リーグでは、レイズ(東1位)、ヤンキース(東2位)、ブルージェイズ(東3位)、ツインズ(中1位)、インデアンズ(中2位)、ホワイトソックス(中3位)、アスレチックス(西1位)、アストロズ(西2位)の8チームです。

 ナ・リーグでは、ブレーブス(東1位)、マーリーンズ(東2位)、カブス(中1位)、カージナルス(中2位)、レッズ(中3位)、ブルーワーズ(中4位)、ドジャース(西1位)、パドレス(西2位)の8チームです。

 勝率が基準なので地区ごとに参加チーム数が違います。最初の組み合わせはワイルドカードシリーズで3回戦制、2勝先勝で地区シリーズに進出します。地区シリーズは5回戦制、3勝先勝でリーグ優勝決定シリーズに進出です。リーグ優勝決定シリーズとワールドシリーズは7回戦制、4勝先勝で決まります。

 9月29日から最長10月28日まで戦われます。

 無観客なのでアメリカ人はがっかりするでしょうが、日本でテレビで見る限りは変わりません。

 日本人選手もカブスのダルビッシュ、ツインズの前田、ヤンキースの田中、ブルージェイズの山口、レイズの筒香、レッズの秋山の6人が参加します。頑張ってほしいです。

 ステイホームの大きな楽しみです。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

今年の巨人は強い(NO.1382)

 令和2年9月15日プロ野球読売ジャイアンツは阪神タイガースに6-3で勝ちました。その結果マジック38が点灯し、先発した菅野投手は今年負けなしの開幕11連勝となりました。

 今年の巨人軍は文句なしに強いと言えます。9月15日現在の成績は46勝22敗4引き分けで、2位の阪神に10.5ゲーム差をつけています。

 強さの原因と戦い方を調べてみました。強いのは投打のバランスがいいことだと思います。

 打撃では長打力が他の5チームを圧しています。チーム打率こそ.259で6チーム中3位ですが、ホームラン数は93本でトップ、2番目のDeNAの75本をはるかに超えています。10点以上取って勝った試合は7試合、10点以上取られて負けた試合は2試合です。

 投手力では防御率が3.17で6チーム中の1位です。先発投手は菅野は別格として、他の先発投手はやや不安定なところがありましたが、その後体調が戻ってきたためか安定感が増してきました。

 なによりも中継ぎ、クローザーが選手の入れ替わりはありましたが、素晴らしい防御率を示しています。1点差のゲームは13勝6敗、2点差のゲームは8勝6敗の好成績を挙げています。9月1日から始まった13連戦では、甲子園の1試合が雨で中止となりましたが、10勝1敗1分けと素晴らしい結果を残しました。そのうちの8勝は僅少差のゲームでした。

 また、原監督の思い切った采配が輝きを増しています。それにこたえる選手も見事です。今年はまず優勝は間違いないでしょう。

 問題はパリーグの勝者との日本シリーズです。昨年はソフトバンクに4連敗と恥ずかしい試合をしました。今年はぜひ日本一になってほしいと願っています。

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

原辰徳監督1067勝おめでとう(NO.1379)

 令和2年9月11日プロ野球巨人原辰徳監督が1067勝を記録し、巨人の監督としては、国民栄誉賞の長島監督や、9連覇の日本一を達成した川上監督を抜いて最多勝となりました。

 原監督は2002年に巨人の監督に就任し、途中2度の中断がありましたが、今年は3度目、通算14年目の監督を務めています。巨人一筋です。

 監督としての勝利は1773勝の鶴岡一人、三原脩、藤本定義、水原茂、野村克也、西本幸雄、上田利治、王貞治、別当薫、1181勝の星野仙一に次ぐ11位となります。鶴岡監督は南海一筋でしたが、他の監督は複数球団の監督を経験しているので、原監督は単独チームの監督としては2人目です。原監督はWBCでも王監督に次いで世界一になりました。

 今年はコロナのため120試合と例年より少なくなっていますが、来年から元の143試合に戻ればもっと勝ち星を重ねることと思います。昨日の原監督のインタビューでも、「目標は勝つこと」と力強く述べていました。1067勝はあくまでも通過点です。今年はぜひ日本一になってほしいと願っています。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

東京オリンピック、パラリンピックは中止となるのではないか(NO.1358)

 2020年4月1日以後、連日読売新聞に掲載される世界各国のコロナの感染者と死亡者の統計から毎日の感染者と死亡者の数を集計しています。

 6月27日にはアメリカの感染者が合計で242万人、1日の感染者が4万1千人、死亡者が合計で12万4千人、1日の死亡者が2400人でした。4月1日の数字は1日の感染者が2万3千人、死亡者が700人でしたから、3か月たっても減るどころか増えています。

 来年のオリンピックは、今年の10月にIOCのバッハ会長が中心となって開催の有無を決めることになっています。

 オリンピックの諸経費はかなりの部分アメリカのNBCテレビとの独占契約で賄っています。

 アメリカは11月に大統領選挙を控えており、トランプ大統領はコロナ対策より自分の選挙対策しか頭にありません。先日の共和党の大会でも、参加者はマスク姿はほとんどなく、これぞ3密といった感じでした。アメリカの感染状況は州によって差が出ていますが、急速に感染が増えている3つの州は共和党の知事です。

 アメリカが財政的にオリンピックを支えなければ開催はあり得ません。今のアメリカの状況を見れば10月までにコロナ終息の予測はたたたないでしょう。オリンピック出場の選手を選ぶことも難しいと思います。ロシアも感染拡大は止まらない状態です。また、ヨーロッパの各国もまだまだコロナを抑える方向ではありません。

 一方、開催国の日本も東京は感染が衰えてはいません。感染拡大国を含めた世界各国からの選手を喜んで迎えられる状態にはならないと思います。観客のほうも無観客でのオリンピックは考えられと思います。

 10月にIOCがオリンピック開催を決定するにはあまりにもハードルが高い感じです。バッハ会長はおそらく中止と判断するのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

プロ野球今年の成績予想(NO.1357)

 昨日ブログに「待ちに待ったプロ野球が開幕した」を書きましたが、その中に書き忘れたことがあったので改めて書きます。

 今年の成績予想です。専門家ではないので、1ファンとして私と孫の希望がこもった予想です。予想というより願望かもしれません。

セリーグ

1位 巨人

2位 阪神

3位 広島

4位 DeNA

5位 ヤクルト

6位 中日

パリーグ

1位 ロッテ

2位 ソフトバンク

3位 楽天

4位 西武

5位 日本ハム

6位 オリックス

日本シリーズチャンピオン:巨人

 今年こそは巨人に日本一になってほしいと願っています。勝手なブログになりすみません。

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

待ちに待ったプロ野球が開幕した(NO.1356)

 令和2年6月19日、コロナウィルスで延期されていたプロ野球が開幕しました。待ちに待ったという感じです。

 しばらくの間は無観客で行われます。コロナの状況を見て観客を入れることになるようです。試合数は昨年の各チーム143試合から120試合に減りました。コロナの感染を防ぐため、なるべく移動を少なくするよう工夫されました。6連戦も昨年より増えるようです。

 セ・パの交流戦は中止です。オールスターゲームもありません。日本シリーズに参加するチームを選ぶクライマックスシリーズはセリーグは中止、パリーグは1位と2位のチームで3試合先取で行われます。日本シリーズは今まで通りの形で行われるようです。

 昨日の開幕戦はセリーグは3試合とも関東地区で行われました。雨の中の試合でしたが、屋根のない神宮球場と横浜スタジアムの試合も強行されました。おそらく観客を入れた試合なら中止になっていたと思います。日程に余裕がないのだと思います。

 パリーグは関東と大阪と福岡で、いずれもドーム球場でした。

 観客席に人の代わりにいろいろなものを並べて試合を盛り上げている球場もありました。いずれもプロ野球始まって以来の異常事態ですが、それなりに面白い試合が展開されました。そのうち観客が入れば、ファンも選手も一段と盛り上がっていくことでしょう。やっと楽しみが一つ戻ってきました。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

やっとプロ野球が見られる(NO.1350)

 令和2年5月25日首都圏の1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除され、これで全国すべての地方が解除されてやっと元の生活に近い日々が戻ってくる第一歩となりました。

 解除後の外出や店舗営業、イベント開催などが段階的に再開されます。学校もそれぞれの地区ごとに、感染予防に工夫しながら再開されます。

 そして6月19日には待ちに待ったプロ野球が開幕するのです。アメリカのメジャーリーグの開幕は未定ですが、台湾や韓国ではすでに始まっています。

 6月19日からは当分の間無観客で試合が行われます。おそらく7月半ばころからは一定の観客が球場に入れるようになるのではないでしょうか。試合数は各球団143試合から減らされて120試合になるようです。セパの交流戦は中止、日本シリーズは11月21日開幕予定です。

 感染防止対策を怠りなく、選手や関係者の健康を守りながら、いい試合を見せてほしいと願っています。

 私は1946年に戦後再開されてからのプロ野球ファンです。ジャイアンツファンです。毎年春の開幕が何よりの楽しみでした。

 それがコロナでお預けになり、いつ開幕するかわからない状態になりました。70年近くプロ野球を見てきたものにとって初めての経験でした。コロナの第2波がやってきて再度中止になることのないよう祈っています。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

東京オリンピック開催の条件-1回目(NO.1349)

 先日IOCのバッハ会長が「東京オリンピックの再延長はない、今年の10月には開催について決断をする」との発言が報道されました。10月まではあと5か月です。「まだ5か月ある」のか「もう5か月しかない」のか、現時点での開催の条件を考えてみました。

 以下は私の全くの独断です。間違っているかもしれませんが整理してみます。

開催国日本の条件

 日本は今日5月25日に緊急事態宣言が解除されます。コロナ終息の第1歩と考えてもいいでしょう。

 開催時にどうなっていなければならないのかです。

① 日本でコロナが終息していること

② 日本で感染の恐れが払しょくされていること

③ アスリートの安全が確保されること。柔道、レスリング、空手など、体を密着する種目はオリンピック種目から外されるかもしれません。

④ スタンドや会場から観客が普通通り応援できること

⑤ 入国が原則自由になっていること。入国時にコロナ検査で陽性の人は入国を断ります。

⑥ 国内の移動が自由にできること

⑦ ホテルや飲食店や観光地が受け入れ可は能になっていること

などでしょう。観客はマスク着用が要求されるかもしれませんが、三密はOKになっていなければなりません。

参加国の条件

 海外ではアジアの諸国の一部ではコロナが抑えられていますが、欧米では大感染が続いています。新聞発表の統計では、5月25日現在、アメリカ、ブラジルでは毎日の新規感染者が2万人前後、ヨーロッパのロシア、イギリス、スペイン、イタリアなどで毎日の新規感染者が700~9000人、死亡者は上記6か国では毎日数百人から1500人を数えています。

 条件は、国ごとに

① 参加する意思があること

② 安全上参加できる状態になっていること

③ 選手などの派遣費が出せること

④ 選手が辞退するおそれがないこと

などでしょう。

 IOCは開催の可否を決めるまでに、各国にアンケートを取って上記を調べる必要があると思います。

 もしかしたら来年の6月ころまでにコロナワクチンが開発されていることがIOCの判断の基準に入るかもしれません。日本入国の条件にワクチンの接種やコロナ抗体の有無が条件に入るかもしれません。

 私の感じでは、今の状態ではオリンピックの開催は5分5分ではないかと思います。状況が変われば2回目の判断を書くつもりです。

 

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

夏の高校野球選手権大会が中止となった(NO.1347)

 令和2年5月20日、日本高校野球連盟は、新型コロナウィルスの影響で、この夏の全国高校野球選手権大会(甲子園球場)と49の代表校を決める47都道府県での地方大会を中止すると発表しました。

 高野連は、県境をまたぐ移動と長期の宿泊を伴う全国大会と事前の地方大会での選手などの感染リスクを完全に排除できないこと、長期間の休校による夏休み短縮などで全代表が決まらない可能性があること、部活動の停止による練習不足でけがの懸念があること、などを考慮して中止を決断しました。

 夏の大会の中止は1918年の米騒動、1941年の日中戦争の深刻化、に次いで3度目の中止で、戦後は初めてとなります。また、今年は春の大会も中止になっていますので、同一年での春夏両大会の中止は初めてです。なお1942年~45年は太平洋戦争のため行われていません。

 夏の大会の中止は、甲子園を目指して練習を重ねてきた3年生にとってはやりきれない気持ちと思います。新聞やテレビでは、現役の高校生や先輩や監督などのコメントが出ていました。また高校野球ファンの私にとってもがっくりです。

 各都道府県の高野連はそれぞれ独自の動きがあるようで、コロナウィルスの感染を避けて独自の大会を開催するところも出てくると思います。千葉県でも感染を避ける万全の手配りをしてぜひトーナメントをやってほしいと思います。無観客でも仕方ありません。選手は3年間の思いを込めて力いっぱい頑張ると思います。

 私の孫の一人は千葉県の高校の野球部で3年間頑張ってきました。千葉県は甲子園に行くには8回勝たねばならないくらい高校の数が多く、孫の高校は弱小校のため甲子園はとても無理でしたが、野球部での3年間は何物にも代え難い貴重な経験だったようです。野球部の友達が一番仲が良いと言っていました。

 今年は全国で3800校が地方大会に参加することになっていました。残念ながら甲子園の夢はなくなりましたが、甲子園を目指して頑張ってきたことは、これからの人生に必ず役に立つと思います。コロナで夢を絶たれた人はほかにも大勢います。ぜひ、くじけずに前向きに進んでほしいと願っています。

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

東京オリンピック・パラリンピックの日程が予想通りとなった(NO.1330)

 2020年3月30日、IOCの臨時総会で日本が提案した東京オリンピックとパラリンピックの日程が承認され決定しました。

 オリンピックは2021年7月23日~8月8日、パラリンピックは8月24日~9月5日です。

 これは私が3月25日に書いた「東京オリンピック1年延期への提言」のとおりです。でもこの日程は1年程度延期と決まったとき、一番考えられやすい日程で、自慢するほどではありません。曜日を今年に合わせて1日ずらしただけの日程です。当事者の頭にまず浮かんだ日程だと思います。会場やチケットのことを考えるとなるべく変更を少なくできるのではないでしょうか。

 提言にはあと3つ考えました。1つはチケットはそのまま有効にしてキャンセルしたい人は期間を限って払い戻しすることです。これもその通りなりそうです。競技のスケジュールと会場が変わらないなら、1日ずらして使えるようにすればいいと思います。払い戻しは半年前くらいに1か月の期間を設けて行えばいいと思います。

 2つ目は選手の選考です。早々と今年選ばれた選手はそのまま出場できると決めた競技団体もありますが、1年たつと選手の力が変わってきます。私の意見は選び直すことです。

 ただ今年の出場が決まっていたマラソンなどは、選ばれた選手にボーナスポイントを与えて戦わせればいいと思います。例えばマラソンなら、箱根駅伝の2日目のように、1位の選手は3分前、2位の選手は2分前、3位の選手は1分前のようにボーナスを与えてスタートさせ、順位を競わせればいいと思います。今年選考から漏れた選手も目標ができますし、選ばれていた選手も本番に向けての調整にもなり、その時点での実力を反映してより公平だと思います。

 3つ目の提言は会場の確保ですが、オリンピック優先で考えることにすればいいと思います。

 日程が決まったことで、選手もスタッフも目標がはっきりしました。あとはコロナウィルスに1日も早く打ち勝つことでしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧