2022年4月11日 (月)

お見事佐々木朗希投手、おめでとう完全試合(NO.1587)

 令和4年4月10日、ロッテの佐々木朗希投手がマリンスタジアムでオリックスを6-0で破り完全試合を達成しました。

 佐々木投手はドラフト1位指名の入団3年目、20歳5か月で史上初のプロ初完投、初完封での完全試合を達成したのです。史上最年少、14試合目の完全試合は史上最速です。1994年5月に巨人の槇原寛己投手の完全試合から28年ぶり16人目の快挙でした。

 同時に13人連続奪三振の日本新記録と、1試合19奪三振の日本タイ記録を作りました。

 この試合には長女夫婦がマリンスタジアムに観戦に行っていました。完全試合を目の前で見られるなどということは本当にラッキーとしか言いようがありません。おそらく一生に一度のことでしょう。実は長女の次男がチケットを2枚買っていたのですが、孫が都合で行けなくなったため、長女夫婦が幸運にも完全試合を見物できたのです。

 完全試合には私も思い入れがあります。

 日本のプロ野球で完全試合第1号は巨人の藤本英雄投手が1950年に青森市営球場で西日本パイレーツ相手に達成したのが最初です。戦後6年目、私は中学生でした。藤本投手は日本人で最初にスライダーを武器にした投手でした。日本最初の完全試合にもかかわらず、交通事情の悪かった時代で、青森のこの試合に立ち会ったカメラマンはいなかったそうです。

 その後槇原投手まで13人の投手が完全試合を達成していますが、大投手と言われたのは国鉄の金田400勝投手と広島の外木場投手くらいです。完全試合にはその時の実力もさながら、運が必要のようです。

 忘れられないのは2013年テキサス・レンジャーズに所属していたダルビッシュ有投手がヒューストン・アストロズ相手に9回ツーアウトまで完全試合ペースでしたが、最後にヒットを打たれて完全試合を逃したことでした。

 今回の佐々木投手はお見事でした。おめでとう佐々木投手、それにロッテファンの長女一家!

| | コメント (0)

2022年3月25日 (金)

プロ野球がコロナ以前の試合形式で開幕(NO.1581)

 令和4年3月25日、プロ野球公式戦が開幕します。

 昨年と同じくコロナ下ですが、観客の人数制限が撤廃され、延長戦は以前と同じ12回までとなります。おそらく球場ごとに感染対策は取られると思いますが、試合形式はコロナ以前と同じ状態となります。やっとプロ野球が戻ってきたと言ってもいいでしょう。野球ファンとしては「待ってました」と叫びたい気持ちです。

 昨年は、一昨年リーグ最下位だったヤクルトとオリックスがそれぞれのリーグで優勝しました。前代未聞のことでした。そんなこともあり、今年は全球団が優勝するつもりで戦うことと思います。

 先日のNHK BSの「スポーツ酒場 語り亭」で今年のプロ野球特集をやっていましたが、12人の野球評論家の順位予想はそれぞれ違っていました。どこが優勝してもおかしくない感じでした。

 昨年のプロ野球の話題のトップは、メジャー帰りの「田中将大」でしたが、今年は日本ハム新監督の「ビッグボス 新庄監督」です。MLBの大谷翔平選手が野球ファンの数を増やしたように、ビッグボス新庄監督が野球ファンの数を増やすことと思います。楽しみです。

| | コメント (0)

2022年3月15日 (火)

北京パラリンピックは平和の祭典ではなかった(NO.1577)

 2022年3月13日、北京パラリンピックが終わりました。

 パラリンピックが始まる直前に突如ロシアがウクライナに侵攻しました。ロシアとベラルーシの選手団が出場を拒否されるという異常事態の下でのパラリンピックでした。

 開催国の中国は新型コロナウィルス対策を徹底して大会を無事乗り切りましたが、大会期間中もロシア寄りの姿勢を変えることはありませんでした。

 開会式と閉会式でIPCのアンドルー・パーソンズ会長の英語のスピーチのうち、ウクライナ情勢を念頭に置いたとみられる発言を中国語に同時通訳しませんでした。「平和」、「平和の闘士」、「平和への希望」などを訳さなかったり、別の表現に変えたりしました。共産党の機関紙「人民日報」は、18個の金メダルを含む61個のメダルを獲得したことばかり書きたてました。ウクライナやロシアについての報道は控えていたようです。

 こんな中国が平和の祭典であるパラリンピックを開催する資格があったのでしょうか。習近平は将来もしかりに台湾に侵攻するとしたとき、プーチンを味方にするつもりとしか思えません。

 一方アスリートはよく頑張りました。ウクライナは中国に次ぐ29個のメダルを取りました。日本は前回の10個から減って7個でしたが、金は一つ増えて4個となりました。

 でも今回は国別のメダル数などはどうでもよいことです。1日も早くプーチンの暴挙が止まることを願うばかりです。

| | コメント (0)

2022年3月 5日 (土)

北京パラリンピックが始まった(NO.1573)

 2022年3月4日第13回冬季北京パラリンピックの開会式が北京の「鳥の巣」スタジアムで行われました。

 ロシアがウクライナに侵攻する中でのパラリンピックとあって、ロシアとベラルーシの選手の出場は認められないという異常事態での開幕となりました。一旦個人での参加ということで出場が許されていたのですが、他国の選手団からの激しい抗議にあって取り消しとなりました。

 北京大会は今月13日まで46の国と地域から約600人が参加して、6競技78種目で争われます。

 日本からは4競技に29人の選手が出場します。前回の平昌オリンピックでは5競技に38人が出場したので今回のほうが少なくなりました。

 日本は平昌パラリンピックでは金3個を含む10個のメダルを取っています。ソチパラリンピックは20名参加で金3個を含む6個のメダルを取っています。パラリンピックでは、オリンピックで全く活躍する選手がいなかった、アルペンスキーや距離競技にメダル候補が並んでいます。ただ若手が少ないのが不安です。今回はどうなるのでしょうか。

 ちなみにロシアは自国で開催されたソチ大会で金30個を含む80個のメダルを取りました。そこでドーピングが発覚、平昌大会ではロシアではなくNPAとして参加、24個のメダルに減りました。

 ベラルーシは平昌大会では12個のメダルを取っています。併せて36個のメダルが今回は他国にわたります。両国の選手に責任はありませんが、プーチンの暴挙がこんなところにも影響しています。

 メダルのことばかり書いてきましたが、メダルに関係なく選手たちの活躍を楽しみにしています。

| | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

北京オリンピックが終了した(NO.1569)

 2021年2月20日、北京の「鳥の巣」スタジアムで閉会式が行われ北京オリンピックが終了しました。閉会式も開会式と同じように光と映像にあふれた華やかなものでした。

Conv0001_20220221142101

Conv0002_20220221142101

Conv0003_20220221142201

Conv0004_20220221142201

Conv0005_20220221142201

 北京オリンピックは中国の人権問題をめぐってアメリカなどが「外交的ボイコット」を行ったり、世界各地で反対のデモが起ったり、一方では習近平政権をゆるぎないものにする思惑がうかがわれるなど、政治的な雰囲気に満ちていました。

 またコロナの渦中だったため、東京大会と同じように一般客を入れず、東京大会以上に厳しい規制を設けたうえでの開催でした。

 終わってみると、アスリートの頑張りが印象深い大会だったと思います。日本は、金3個、銀6個、銅9個の合計18個のメダルを獲得しました。史上最大です。また惜しくもメダルを逃した選手の頑張りも心を打ちました。

 特に感動したのは団体競技です。銀メダルの、女子カーリング、女子スピードスケートパシュート、銅メダルのフィギュアスケート団体、ノルディック複合団体です。またメダルは逃したものの、スキージャンプ混合団体、スキージャンプ男子団体、アイスホッケー女子の活躍にも目が離せませんでした。個人での活躍も素晴らしいですが、団体はチームメンバー同士の励まし、いたわり、絆などがひしひしと伝わってきました。感動が何倍にもなります。

 アスリートの皆さん、本当にありがとうございました。

 一方では、高梨選手のスキージャンプでの不可思議な失格問題、ロシアのフィギュア女子選手のドーピング問題などアスリートの活躍に水を差す出来事もありました。問題追及と改善を図ってほしいものです。

 今回、金3個、銀6個、銅9個のメダルを取りましたが、競技種目は109種目に増えています。長野では68種目で金5個、銀1個、銅4個で合計10個でした。前回の平昌大会では102種目で金4個、銀5個、銅4個の合計13個でした。競技種目が増えればメダルの数は増えます。ぜいたくを言わせてもらえれば、金が増えてほしいと思います。

 今回メダルにかすりもしなかった、スキーアルペン、スキー距離、バイアスロン、スケートショートトラックなどでも人材の発掘と育成を図ってほしいと思っています。

 次回の冬季オリンピックはイタリアのミラノとコルチナ・ダンペッツオです。コルチナ・ダンペッツオではアルペン回転競技で猪谷千春選手が銀メダルを取っています。それ以後日本はアルペンではメダルなしです。雪と山に恵まれた日本でアルペン選手が育たないのはなぜなのでしょう。ぜひ次回は第2の猪谷選手が現れることを期待しましょう。

| | コメント (0)

2022年2月 6日 (日)

冬季北京オリンピックが始まった(NO.1564)

 令和4年2月4日第24回冬季オリンピック北京大会が開幕しました。

 参加選手は前回の平昌大会とほぼ同じで、91か国・地域から約2900人、20までの17日間で過去最大の7競技109種目が行われます。日本からは過去最多の124人が参加します。

 開会式は夏季大会と同じ北京の「鳥の巣」スタジアムで2月4日午後8時(日本時間午後9時)から行われました。

 新型コロナウィルスの影響で観客は関係者や招待客のみ、一般客は入れませんでした。選手は東京オリンピックと同様にマスク着用で入場行進を行いました。日本人旗手はスキーノルディックの渡辺暁斗選手とスピードスケートの郷亜里砂選手が務めました。

 開会式は東京オリンピック以上に映像と光の祭典といった感じと、中国の習近平主席の権威付けといった政治色の強い祭典になっていました。

Conv0003_20220206111701

Conv0001_20220206111801

Conv0002_20220206111801

Conv0004_20220206111801

Conv0005_20220206111901

 東京オリンピックでは日本国内でオリンピック反対のデモがありましたが、北京オリンピックは国内のデモは政府に禁止されているため、海外の世界各地で中国の人権抑圧に抗議するオリンピック反対のデモが行われた様です。

 日本選手団は平昌大会のように具体的なメダル数の目標は掲げられませんが、平昌大会での13個のメダル以上が期待されています。

 早速5日には男子モーグルで堀島選手が銅メダルを獲得しました。

 北京は時差が1時間遅いだけなのでテレビ中継が楽しみです。日本選手の活躍に期待しましょう。

| | コメント (0)

2022年2月 1日 (火)

2022年のプロ野球キャンプが始まった(NO.1561)

 2022年2月1日、プロ野球のスプリングキャンプが始まりました。

 昨年は無観客でのキャンプでしたが、今年は新型コロナウィルスの感染防止対策を徹底して有観客で行います。

 今年は監督が3人変わりました。セリーグでは中日の与田監督が立浪監督に替わりました。パリーグはソフトバンクの工藤監督が藤本監督に、日本ハムの栗山監督が新庄監督に替わりました。新庄監督は昨年秋に替わってから、派手な衣装と奇抜な行動からたびたびマスコミの話題となっています。おそらく今年の日本ハムの試合は大幅に観客が増えることでしょう。早くコロナが収まり、球場いっぱい観客を入れられるようになりたいものです。

セリーグ

・ヤクルト(高津監督) 沖縄浦添

・阪神(矢野監督) 沖縄宜野座

・巨人(原監督) 宮崎、沖縄那覇

・広島(佐々岡監督) 日南、沖縄沖縄

・中日(立浪監督) 沖縄北谷

・DeNA(三浦監督) 沖縄宜野湾

パリーグ

・オリックス(中嶋監督) 宮崎

・ロッテ(井口監督) 沖縄石垣島、沖縄糸満

・楽天(石井監督) 沖縄金武

・ソフトバンク(藤本監督) 宮崎

・日本ハム(新庄監督) 沖縄名護

・西武(辻監督) 日南

 今年も外国からの助っ人、社会人、大学、高校などから有望な新人が多く入団しました。コロナの影響で外国人の来日は遅れていますが、開幕までには2か月近くあります。早く来てほしいと願っています。

 今年の開幕は両リーグとも3月25日です。昨年は東京オリンピックがあったため例年と違った日程でしたが、今年は正常に戻ります。プロ野球の中断はありましたが、オリンピックでの侍ジャパンの金メダルは実に感動的でした。

 昨年の日本シリーズは一昨年の最下位チーム同士が戦いました。そしてヤクルトが優勝しました。今年も何が起こるかわかりません。各チームとも優勝を目指して頑張ってほしいと願っています。

| | コメント (0)

2021年11月28日 (日)

あっぱれヤクルトー今年の日本シリーズは面白かった(NO.1539)

 令和3年11月27日、プロ野球日本シリーズでセ・リーグのヤクルトがパ・リーグのオリックスを破り4勝2敗で日本一を勝ち取りました。

 ヤクルトは20年ぶり6度目の日本一です。セ・リーグのチームが勝ったのは9年ぶりのことです。ヤクルトもオリックスも昨年は最下位でした。前年最下位同士のチームが日本シリーズを戦うのは史上初です。どちらが勝っても1960年の大洋ホエールズ以来の前年最下位が優勝という記録に並ぶことになっていました。ヤクルトがやりました。

 今年の日本シリーズは、6戦中5戦が1点差、残り1試合も2点差というまれに見る好試合でした。昨年、一昨年のだらしない巨人とは大違いです。巨人はソフトバンクに8連敗でした。

 巨人ファンの私はどちらかというとセ・リーグのチームを応援するのですが、シリーズが始まる前は25年ぶりの優勝がかかったオリックスが勝ってもいいと思っていました。しかし第1戦でヤクルトがサヨナラ負けをしたため、やはりセリーグを応援することになりました。

 それにしても面白かったです。ヤクルト、オリックス、ありがとう。そしてヤクルト、おめでとう。

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

MVPおめでとう大谷翔平選手(NO.1534)

 2021年11月18日ロサンジェルス・エンゼルスの大谷翔平選手がアメリカンリーグのMVPを獲得しました。

 全米野球記者協会の30人が全員大谷選手を1位に選ぶという満票でした。日本人の受賞は2001年のイチロー選手以来20年ぶりで、MVPに選ばれたのはイチロー選手と大谷選手の2人だけです。

 大谷選手の受賞は読売新聞の夕刊のトップ記事で報道されました。テレビでも各社が大きく取り上げました。イチロー選手のときは、はっきりした記憶はありませんが、社会的にはこれほど騒がれなかったと思います。

 イチロー選手は2001年初の日本人野手としてシアトル・マリナーズに入団、いきなり首位打者と盗塁王の記録を残して、新人王とアリーグMVPに選ばれました。新人王とMVPを同時にとった選手は初めてでした。野球界ではこの快挙に大騒ぎでした。

 大谷選手のMVP獲得はアメリカの野球など知らない人を巻き込むほどの大きなニュースになりました。地元アメリカでも大谷選手の活躍はシーズン中から大きく報道され、大ニュースになっています。社会現象にもなったと言えます。

 おそらくその原因はベーブルース以来と言われる投手と打者の「二刀流」にあったと思われます。投手としてはチームトップの9勝2敗、奪三振156、防御率3.18という堂々たる成績でした。打者としては、打率こそ.257でしたが、ホームラン46本(あと2本でホームラン王)、盗塁26個、3塁打8個(リーグトップ)、申告敬遠20個(リーグトップ)の好成績を残しました。両方が素晴らしい成績だったのが人々を驚かせたのです。野球界に革命をもたらしたと言えましょう。ベーブルースも二刀流のときはこんなにホームランを打っていません。

 記録には残りませんが、大谷選手の人柄の良さも人気を呼んでいる原因でしょう。エンゼルスのファンだけでなく、対戦相手の選手や他球団のファン、報道関係者や審判や球場のスタッフなどにも好印象を与えているようです。

 これからもますます活躍するよう祈っています。

| | コメント (0)

2021年11月13日 (土)

巨人は今こそ2回目の「地獄の伊東キャンプ」をやるべき(NO.1533)

 令和3年11月12日プロ野球セ・パのクライマックスシリーズ・ファイナルステージが行われ、ヤクルトとオリックスがくしくも同じ2勝1分けで日本シリーズに進出することが決まりました。

 初めての対戦です。巨人ファンなので巨人が出ないときはセリーグのチームを応援することが多いのですが、今年は日本一から一番遠ざかっているオリックスが勝ってもいいかなと思っています。悔しい結末でしたが、3年振りに気楽に日本シリーズを楽しむことができます。

 だらしないのが巨人です。はっきり言って選手個々の力が弱いのです。

 チーム打率はセリーグ6球団中5位です。打撃ベストテンに誰も入っていません。やっと17位に松原、20位に坂本が入っているだけです。

 岡本がかろうじて本塁打王と打点王を取りましたが、シリーズ終盤には打てなくなり、クライマックスシリーズはわき腹を痛めて欠場しました。長嶋や王は現役時代体調を悪くして欠場することはありませんでした。

 投手もチーム防御率は6球団中4位でした。投手成績では戸郷がやっと9位に入っているだけです。期待されていた菅野は体調不良でシーズン通して投げられず、6勝7敗、規定回数にも達していません。

 若い選手が育っていません。今までフリーエージェントなどでの補強を重視し、選手育成を怠っていたつけが回ってきています。FAでの補強選手もほとんど活躍していません。活躍しているのは丸くらいです。

 巨人には今でも語り継がれる「地獄の伊東キャンプ」という伝説があります。第1次の長嶋監督の時代の1979年に、5位で終わったシーズンの秋、10月から11月にかけて伊東でキャンプを張りました。

 今では各球団とも秋のキャンプがあたりまえになりましたが、当時は秋のキャンプは珍しかったのです。集められたのは、投手は江川、西本など6人、捕手は山倉など2人、内野手は篠塚、中畑など5人、外野手は中井、松本など5人でした。

 長嶋監督はこのキャンプで選手を徹底的にしごきました。それで「地獄」と言われたのです。翌年は結果が出ず、長嶋監督は解任されて藤田監督に変わりましたが、藤田監督は1981年見事優勝を果たし日本一にもなりました。地獄の伊東キャンプが実を結んだのです。ここで鍛えられた選手はその後も活躍しています。

 今年こそ巨人は選手を鍛えるべきです。若手だけでなく、今年結果を出せなかった選手は猛練習すべきと考えます。原監督はお休みいただき、阿部慎之助コーチを中心にチーム一丸となって「地獄」を体験してほしいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧