2021年9月 6日 (月)

東京パラリンピックが終わった(NO.1507)

 2021年9月5日、13日間にわたって私たちに感動を与えてくれた東京パラリンピックが終わりました。

 7月23日から始まった東京オリンピックと東京パラリンピックがすべて幕を閉じたことになります。パラリンピックもオリンピックと同じように新型コロナウィルスのため1年延期され、無観客で行われました。史上初めてのことでした。

 パラリンピックの閉会式は9月5日午後8時から東京・国立競技場で行われました。「多様性と調和」をテーマに、障害の有無にかかわらず互いを認め合う共生社会の実現を、鮮やかな色彩と音楽と人間のアクションで演出しました。印象に残る見事な閉会式でした。

 パラリンピック旗が小池都知事からパリ市長に引き継がれました。次回は3年後の2024年です。

 私にとってパラリンピックは新しい応援の仕方を教えてくれました。オリンピックは国と国との争いという感じで、何とか金メダルを取ってほしいと思っていました。ところがパラリンピックはメダル争いというより、アスリートがそれぞれの目標を達成してほしいと願うようになりました。

 初めに水泳の競技を見た時、皆さん障害を克服して、体のハンデを感じさせない泳ぎでゴールを目指していました。メダルや順位など気にしていない感じでした。感動でした。中にはメダルを目指す人もいるのは当然ですが、結果としてメダルを勝ち得た人のほうが多いように思いました。

 コロナの中、頑張ってくれたアスリートやボンティアの人たちに感謝感謝です。そしてこの大会は日本でなければ開催できなかったと思っています。

 最後に記録としてメダルの数を残します。

 東京パラリンピックは金13、銀15、銅23、総数51個でした。国別では、金、総数とも11位でした。

 東京オリンピックの金27、銀14、銅17より、銀と銅の数は上回りました。

 前回のリオパラリンピックは金ゼロで、合計24個でした。今回は、アテネ大会の金17、総数52個に次ぐ成績でした。

 東京大会は終わりましたが、パリを目指してアスリートの皆さんのご健闘を祈っています。

Conv0001_20210906105801

Conv0002_20210906105801

Conv0003_20210906105801

Conv0004_20210906105801

Conv0005_20210906105801

Conv0006_20210906105801

Conv0007_20210906105801

Conv0008_20210906105801

Conv0011_20210906110301

Conv0009_20210906105801

Conv0010_20210906105801

 

| | コメント (0)

2021年8月25日 (水)

パラリンピックの開会式と緊急事態宣言およびまんえん防止措置の拡大(NO.1503)

 2021年8月24日夜8時より東京・国立競技場で東京パラリンピックの開会式が行われました。

 東京パラリンピックには161の国・地域と難民選手団が参加します。2012年のロンドン大会の164に次ぐ史上2番目の規模で、選手の数は約4500人になります。日本からは過去最大の254人が出場する予定です。8月25日から9月5日まで、22競技539種目で競うことになります。

 開会式は東京オリンピックと同じく、光と映像があふれ、「WE HAVE WINGS」のテーマで行われた見事なアトラクションが展開されました。開会式も東京オリンピックと同じく無観客でしたが、テレビを通じてその素晴らしさが全世界に伝わったことと思います。

 なお競技もコロナの感染拡大を防ぐため無観客で行われます。

 開会式の一部です。

Conv0001_20210825125401

Conv0002_20210825125401

Conv0003_20210825125401

Conv0004_20210825125401

Conv0005_20210825125401

Conv0006_20210825125401

Conv0007_20210825125401

Conv0008_20210825125401

Conv0009_20210825125401

 

 同じ8月24日に政府は新型コロナウィルス対策として13都府県に発令中の緊急事態宣言に、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道府県を追加すると発表しました。

 またまんえん防止等重点措置に高知、佐賀、宮崎、長崎を追加します。期限は8月27日から9月12日までです。これで47都道府県のうち、33都道府県がどちらかの対象となります。私はいっそのこと全国を対象にすべきと思うのですが、政府はそこまでは踏み切れないのでしょう。

 何度も同じことを言いますが、これで最後にしたいと感じています。

 日本の日毎の感染者数は、イギリス以外のヨーロッパの国やロシアの感染者数を追い越し、デルタ型の本家インドに迫る勢いです。国民の皆さんはどう思っているのでしょうか。

| | コメント (0)

2021年8月 9日 (月)

「ありがとう」の東京オリンピックが終わった(NO.1497)

 2021年8月8日、17日間の「2020東京オリンピック」が終わりました。

 8日夜8時からの閉会式は、無観客といつもより少ない選手での閉会式でした。開会式と同じように映像技術と多彩な登場人物によるアトラクションで、色彩にあふれた閉会式となりました。五輪旗が小池都知事から次の開催地のパリ市長に引き継がれました。

 今回のオリンピックは新型コロナウィルスのため、開催が1年延期となり、ほとんどの競技場が無観客という異常事態の元で開催されました。それでもアスリートたちは力いっぱい頑張り、数々のドラマを見せてくれました。

 前半のドラマは以前のブログで書きました。後半もいろいろ感動をもらいました。

 個人的には野球の金メダルが一番でした。1992年バルセロナ大会で野球がオリンピックの正式競技になって以後北京大会まで、日本は銀と銅メダルは1度づつありましたが金メダルは取っていませんでした。念願の金メダルをこの東京大会で獲得したのです。うれしいの一言です。

 日本が獲得したメダルは金27、銀14,銅17の合計58個、メダルの合計では5番目、金メダルはアメリカ、中国に次いで3番目となりました。日本のメダル数は過去最高です。

 28競技、306種目、参加選手数338人のリオ・オリンピックと比べると、今回は33競技、339種目、583人と増えていますが、リオの金12、銀8、銅21、合計41個をはるかに上回っています。地元の有利もあったのでしょう。アスリートの皆さんに、「お疲れ様」「本当にありがとう」と言いたいと思います。

 今回のオリンピック開催はコロナのため賛否両論の中で始まりました。中止を社説で唱えた新聞もありました。私はブログで何度も書きましたが、やるべきだと思っていました。コロナという未曽有の事態の中で実施すれば特別な大会になる、5年間頑張っていたアスリートの努力に報いると言ってきました。

 8月9日の読売新聞によると、各国のメディアはほぼ好意的なコメントを出しているようです。

 8月8日の読売新聞には、金メダル9個のアメリカのカール・ルイス氏の観戦記が載っていました。その一部です。

 「それにしても日本はよくぞ大会を開催してくれた。このコロナ渦で、オリンピックを成功させられる国は世界にもほとんどない。多くの人が今大会の開催に反対したが、アスリートのために、最終的には、やり遂げようと決意してくれた。(中略)

 今大会のヒーローは日本の皆さんだ。大会成功のためにコロナ対策を怠らず、献身的な取り組みを通じ、この素晴らしい機会を世界中のアスリートたちに与えてくれた。本当に心から、感謝の気持ちを伝えたい。」

 閉会式では日本のボランティアの代表の人たちに、バッハIOC会長から感謝の言葉と花束が贈られていました。そして閉会式の最後に「ARIGATOU」の文字がスクリーンに映されました。

 最後まで感動的な東京オリンピックでした。

| | コメント (0)

2021年7月28日 (水)

東京オリンピック、今までで最高に感動した3つの競技(NO.1494)

 2021年7月23日に開会した東京オリンピックは連日暑い戦いが続けられメダルラッシュとなっています。私は毎日テレビにくぎ付けです。昨日で5日が過ぎましたが、今までで最高に感動したのは次の3つの競技です。

 1つは26日に行われた男子体操団体です。

 今回はレジェンド内村航平が団体メンバーから外れ、橋本大輝(19)、萱和麿(24)、北園丈硫(18)、谷川航(25)の若手4人が出場しました。

 予選では日本チームがトップでしたが、決勝では6種目の最後の鉄棒の最終演技者の前までは、ROC(ロシアオリンピック競技会、ロシアはドーピング疑惑で国名は使えず)、中国に次いでの3位を続けていました。

 ところが、鉄棒の最後の橋本大輝が15.1の最高得点の演技で、中国を抜き2位となったのです。ROCとの差はわずか0.10でした。素晴らしい銀メダルでした。中国には負けたくないと思っていたので感動しました。みんな若いメンバーです。3年後のパリ大会ではきっと金を取ってくれるものと信じています。

K10013161551_2107262213_2107262220_01_02

 2つ目は同じ26日に行われた卓球の混合ダブルスで水谷隼(32)と伊藤美誠(20)のペアが中国のペアを破り金メダルを取ったことです。ゲームカウント0-2から逆転し、4-3で優勝しました。卓球で金メダルを取ったのは初めてです。

Zklzihcchlc8m4bjuq91

 2人は静岡県磐田市の同郷で、子供のころから12歳違いの兄妹のような関係だったそうです。日本は誇らしいペアですが、中国のペアは中国のマスコミから激しいバッシングを受けているようです。中国らしいですね。

  3つ目は昨日の27日、ソフトボールで日本がアメリカを2-0で破り金メダルを獲得したことです。

 ソフトボールは北京で日本が金メダルを取りましたが、ロンドン、リオデジャネイロ大会は競技種目から外れました。13年ぶりの金メダルとなりました。

K10013162331_2107272235_2107272251_01_02

 日本は予選リーグで、オーストラリア、メキシコ、イタリア、カナダ、を破り、アメリカには負けましたが、予選リーグの1,2位で争う決勝戦でアメリカに勝ったのです。

 エースの上野由岐子投手は「上野の413球」と言われた北京オリンピックでの大活躍後引退も考えましたが、東京でソフトボールが行われことになったため踏みとどまりました。試合中に39歳となりました。それでも投球術は衰えていませんでした。

 宇津木麗華監督の下、チーム一丸となって戦い金メダルを獲得したのです。

 今日もいろいろな種目で熱戦が戦われています。最後まで楽しみたいとテレビにかじりついています。

 なお写真はいずれもNHKのサイトからお借りしたものです。

| | コメント (0)

2021年7月24日 (土)

東京オリンピックの開会式で感じたこと(NO.1493)

 2021年7月23日午後8時から国立競技場で、1年延期となっていた第32回夏季オリンピックの開会式が開催されました。

 世界の205の国と地域から、約1万1千人の選手が参加し、過去最大の33競技、339種目に挑戦します。

 今回の大会は世界各国が新型コロナウィルスのため未曽有の危機を迎えているときに行われます。日本はそのためいろいろな工夫と配慮を重ねています。開会式をはじめほとんどの競技は無観客で行われます。

 57年前の東京オリンピックの開会式を思い出しながら感じたことを書いてみましょう。

 1964年の開会式は昼間に行われました。満員の観客であふれ、開会式は整然と行われました。選手の入場行進は隊列を整え、オリンピックマーチの合わせて一糸乱れぬ行進でした。ブルーインパルスはタイミングよく会場の上空に見事な五輪のマークを描きました。

 今回の開会式は夜です。開会式が夜に行われるようになったのは1992年のバルセロナ大会からです。聖火台に弓から火矢がはなたれて点火したのを覚えています。夜になってからは光が主役になりました。ブルーインパルスは開会式では出番を失い昼間に飛びましたが、その効果は前回ほどではありませんでした。

 今回は映像が活躍しました。形を変えていろいろ見せ場を作りました。

Conv0001_20210724131601

Conv0007_20210724131601

Conv0009_20210724131601

 各国の人物の映像が平和を願い格差や偏見をなくすよう訴えました。ただ老人には理解がむずかしい映像もありました。

 日本文化を世界の人に見てもらう企画もよかったと思います。

Conv0002_20210724131801

Conv0010_20210724131801

 花火も何回か打ち上げられました。

Conv0003_20210724132001

Conv0004_20210724132001

Conv0012_20210724132001

 圧巻は聖火の点火でした。

Conv0013_20210724132401

Conv0014_20210724132501

Conv0011_20210724132501

 ただ、無観客でコロナ渦での式典のため、熱気はあまり感じられず、粛々と行われた感じです。橋本組織委員長とバッハIOC会長演説がやたら長すぎた感じでした。

 お国柄に合わせたマスクをした選手の入場がにぎやかに行われたのは楽しめました。

Conv0005_20210724132701

Conv0006_20210724132801

 私は以前の東京オリンピックや高校野球のような整然とした行進が好きですが、今の世の中、多様な世界の人々にそれを強制はできないのでしょう。

 いろいろなところに日本人らしい配慮が見られました。アメリカやイギリスのスポーツのイベントが、マスクもしないで満員の観客を入れていますが、日本は無観客で感染を拡大しないよう配慮しているのです。何とかこのオリンピックを無事に成功させたいと努力しているのです。日本でなければこの時期にオリンピックはできなかっただろと報じた外国のメディアがあったと聞きました。

 天皇陛下により開会が宣言されました。オリンピックは始まりました。

Conv0008_20210724133001

 アスリートの皆さんの活躍をテレビで楽しみたいと思っています。

| | コメント (0)

2021年7月23日 (金)

東京オリンピック、日本すばらしいスタートを切る(NO.1492)

 今日7月23日、東京オリンピックの開会式が新装なった国立競技場で行われます。新型コロナウィルスという前例のない人類の災難の中記念すべき大会が開始されます。

 開会式に先立ち、ソフトボールと男女のサッカーの予選リーグが一昨日の21日から始まりました。

 ソフトボールは福島市の福島県営あづま球場で日本対オーストラリア戦が行われ8-1のコールドゲームで日本が勝ちました。22日には延長戦の末、日本3-1メキシコで日本が連勝しました。両試合とも22日に39歳の誕生日を迎えた上野投手が先発しました。

 女子サッカーは21日、札幌ドームで行われたカナダとの試合に、なでしこジャパンが1-1で引き分けました。カナダに先行を許しましたが、後半追いついたのです。

 男子サッカーは22日調布市の東京スタジアムで行われ、日本が南アフリカを1-0で破りました。

 3カ所とも試合は無観客でした。開会式を前にして日本は幸先良いスタートとなりました。

 今日の開会式も無観客です。どんな開会式なるか楽しみです。明日からは選手の皆さんは5年ぶりの思いを全力で発揮してほしいと思います。オリンピックがコロナ渦での苦しい生活に救いとなることを願っています。

| | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

専大松戸13回劇的な幕切れで高校野球夏の甲子園へ(NO.1491)

 令和3年7月21日、高校野球千葉県大会で専大松戸高校が木更津総合高校を破り優勝、甲子園行きの切符を手にしました。

 千葉県は大阪府、愛知県、神奈川県などと並んで出場校が多く、激戦地です。優勝するまでには8回勝ち抜く必要があります。両校ともシード校だったため1回少なくなりましたが、それでも7回戦いました。

 専大松戸は今年の春の甲子園出場校、木更津総合は昨年の千葉県大会の覇者でした。

 予想されたように好試合となりました。木更津が3点先制すると、専大松戸が途中で逆転しましたが、8回に木更津が追い付き、6-6のまま延長戦に入りました。延長12回では決着がつかず、13回からタイブレークに入りました。

 延長戦は以前は18回まで、その後15回になりましたが、選手の疲れや投手の肩のことを考え、現在は延長13回からタイブレークの制度が採用されています。13回からはノーアウト、ランナー1,2塁で試合が始まります。

 昨日の決勝戦は先攻の木更津総合が拙攻でチャンスをつぶした後、後攻の専大松戸がノーアウト満塁とし、満塁ホームランでサヨナラ勝ちとなりました。

 専大松戸は長男の出身校です。テレビの前で思わず喜びの声を上げました。我が家は子供2人、孫3年がそれぞれ千葉県の別の高校出身または通学中です。今年は、専大松戸、我孫子、柏南、柏の葉、県立柏の5校に、我孫子の中央学院を加えた6校を応援しました。

 専大松戸、中央学院以外は県立です。千葉県では以前我孫子高校が2度甲子園に出ましたが、今は県立高校が優勝するのは難しくなっています。孫の1人は野球部のレギュラーになることを狙って県立のあまり強くない高校を選んだほどです。中央学院も準決勝まで行きました。

 専大松戸が甲子園に出るので、高校野球を見る楽しみが一層強くなりました。頑張ってほしいと願っています。

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

ありがとう松坂投手(NO.1486)

 令和3年7月7日、西武ライオンズの松坂大輔投手が今年限りで現役を引退すると発表しました。40歳まで頑張りましたが体調は元には戻らなかったようです。

 松坂投手にはいろいろ思い出があります。まずは甲子園での活躍です。1998年のセンバツ高校野球では松坂のいる横浜高校があっさりと優勝しました。そして春夏連覇のかかる夏の甲子園大会でドラマを見せてくれました。準々決勝ではPL学園と延長17回を戦い250球を投げて完投勝利、翌日の準決勝では明徳義塾戦で1回を投げて逆転勝ち、そして決勝戦では京都成章を相手にノーヒットノーランを達成しました。いまだにはっきり記憶しています。

 ドラフト1位で西武ライオンズに入団した後は、投手の各賞を獲得、2004年には日本一になりました。

 シドニーオリンピックとアテネオリンピクに出ています。

 2006年と2009年のWBCでは日本代表として優勝、MVPを獲得しています。

 レッドソックスに入団した年にはワールドシリーズ優勝に貢献しました。

 高校時代、西武時代、WBC,メジャーリーグとこれほど活躍した投手はほかにいないと思います。いろいろケガをしたせいで、200勝投手の名球会には入れませんでしたが、記録より記憶に残った投手としては類を見ません。

 松坂投手と同じ年代の選手を「松坂世代」と言いますが、松坂世代には数多くの選手が活躍しています。

 松坂投手、たくさんの思い出を残してくれてありがとう。これからも野球界のために活躍してくれることを望んでいます。

| | コメント (0)

2021年7月 4日 (日)

千葉県の聖火リレー公道を走らず(NO.1484)

 令和3年7月1日から3日まで、千葉県内の聖火リレーが行われました。

 最初の計画では21市町で走行することになっていましたが、新型コロナウィルスのまんえんが収まらないため、走行は中止となりました。我孫子市では我が家のすぐそばを走ることになっており、昨年から楽しみにしていたのですが、その機会は奪われてしまいました。残念です。

 その代わり行われたのは「トーチキス」と呼ばれる行事でした。会場のステージで、トーチからトーチへ聖火を移すというお遊びのようなイベントです。千葉県では7月1日は山武市の蓮沼海浜公園、2日は千葉市の幕張メッセ駐車場、3日は松戸市の松戸中央公園が会場となりました。

 それぞれ翌日の読売新聞千葉版のページに参加者の写真が出ていました。聖火を持ったランナーが公道を元気よく走ってこそ聖火リレーと思いますが、感染防止のためには仕方がないことなのでしょう。

 新聞の紙面では参加者の人たちが笑顔を作り、記事も懸命に持ち上げていました。オリンピックを盛り上げるため、皆さんそれなりの努力をされているのを見て、思わず笑ってしまいました。失礼!。皆さんにはありがとうと言いたいと思います。

| | コメント (0)

2021年6月17日 (木)

プロ野球交流戦の結果と侍ジャパンのメンバー決定(NO.1479)

 令和3年6月16日プロ野球の交流戦が終わりました。セリーグ49勝パリーグ48勝11引き分けでした。2009年以来12年ぶりにセリーグが勝ち越しました。9回で打ち切りだったため、引き分けが増えました。

 勝率1位はパリーグのオリックスで11年ぶり2度目の優勝でした。巨人は7勝8敗3分けで12チーム中9位でした。2位から5位までに阪神、DeNa,中日、ヤクルトとセリーグのチームが入りました。

 これで阪神と巨人のゲーム差が7となり、今年のセリーグの優勝は阪神にほぼ決まりではないかと思います。

 長島監督時代の1996年、7月に11.5ゲーム差を付けられていた広島に逆転優勝をし、監督の造語「メークドラマ」が流行語大賞を得た年のようなミラクルは無理と思っています。

 パリーグは4ゲーム差の中に5チームが競っていますのでどこが優勝するか全くわかりません。

 また、6月16日にオリンピックに出場する侍ジャパンの24名の選手が選ばれました。

 12チームの中から24名を選ぶのは大変だったと思います。必ずしも今好成績の選手が選ばれたわけではないようです。

 稲葉監督の下、一昨年のプレミア12に優勝した時の選手が15名が入り、北京オリンピック出場の唯一選手、田中投手も選ばれています。ロッテを除く11チームから選ばれました。ロッテファンはさぞがっかりしていることでしょう。侍ジャパンというからには、ぜひロッテからもぜひ選んでほしかった思います。

 決まったからにはこの24名の選手で金メダルを目指して戦ってくれるよう望んでいます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧