2024年5月25日 (土)

あっぱれノーヒットノーランの戸郷翔征投手(NO.1816)

 2024年5月24日、ジャイアンツの戸郷翔征投手が甲子園球場でタイガースを相手にノーヒットノーランを達成しました。

 1-0の緊迫した試合で、9回裏にはワンアウトランナー2塁のピンチを迎えましたが、最後のバッターを三振に抑え見事ノーヒットノーランの記録を達成しました。「あっぱれ戸郷投手!」です。

 テレビで見ていてちょっと不可解だったのが阿部監督の無駄ともいえる抗議です。9回表2アウトで、泉口選手が内野ゴロを打って間一髪でアウトになりました。それに対して阿部監督がビデオ判定を申し出たのです。幸いな?ことに判定は覆りませんでした。

 次のバッターは戸郷です。たとえセーフになったとしても追加点が入る見込みはまずありません。セーフになれば戸郷投手が打席に立つことになり、余分な労力を使うことになります。早く9回裏の守り切り替えて戸郷投手の集中力を切らさないようにするのが監督としての判断ではなかったでしょうか。

 試合後のインタビューで、戸郷投手はそれまで硬かった表情を崩し、「うれしいです。大変緊張しました」と答えていました。

 戦前の1936年9月25日に、ジャイアンツの沢村栄治が同じタイガース相手にノーヒットノーランを達成して以来、89人目で101回目の記録となりました。

 それ以外に、2018年10月14日のセ・リーグのクライマックスシリーズでジャイアンツの菅野智之投手がスワローズ相手にノーヒットノーランを達成しています。

| | | コメント (0)

2024年4月 3日 (水)

あの時あの場所この1枚-17 プロ野球観戦(NO.1800)

 2024年3月29日セ・パ両リーグのプロ野球が開幕しました。

 私は太平洋戦争が終わってプロ野球が再開した1946年からの野球ファンです。巨人のファン歴78年になります。

 しかしプロ野球チームのない地方で育ったため試合をこの目で見ることはできませんでした。球場に足を運んで試合を見たのは大学生になった1956年以後になります。

 最初に見た試合はゴールデンウィークに後楽園球場で見た巨人戦です。9連覇の川上哲治監督が現役の一塁手として活躍していたので1957年か1958年だと思います。当時は後楽園球場にふらっと立ち寄っても巨人戦の当日券を買うことができました。その後巨人戦のチケットがプラチナ券と言われるようになったことを考えるといい時代(?)でした。

 後楽園球場で見た試合が一番多いと思います。

 神宮球場は長男が一時ヤクルトファンだったころ行きました。

 仙台に赴任していたころ、金田正一監督のロッテがフランチャイズにしていた宮城球場に家族連れで何度か通いました。楽天の今の球場ではなく昔の宮城球場です。

 東京ドームはチケットを買うのが難しかったため回数が限られました。読売新聞の販売店で配布されたチケットを何度か手に入れた記憶があります。

 最後に通ったのがロッテマリンスタジアムです。長女一家が熱烈なロッテファンのため、何度か2人の孫を連れてロッテ戦を見に行きました。

 17年前の2007年7月31日のロッテ-楽天戦の1枚です。

Conv0043

 最近はもっぱらテレビ観戦で、球場に足を運ぶことはなくなりました。

| | | コメント (0)

2024年3月31日 (日)

センバツ高校野球準決勝のパブリック・ビューイング(NO.1799)

 2024年3月30日、センバツ高校野球の準決勝の中央学院-報徳学園の試合のパブリック・ビューイングが我孫子市のアビスタ(生涯学習センター)で行われました。

 中央学院高校は甲子園出場は3回目、過去2回は初戦で敗退しています。今年は甲子園でまず1勝することを目標にしていましたが、なんと1回戦、2回戦、準々決勝と勝ち進んでベスト4となり準決勝に駒を進めました。

 それを予測したわけではないでしょうが、今回は我孫子市では会場を変えながらパブリックビューイング行いました。準決勝のパブリック・ビューイングの会場は我が家から自転車で行ける近くのアビスタだったためどんな雰囲気になっているかのぞいてみました。

Conv0002_20240331131201

Conv0001_20240331131201

 1階ホールが満員になって盛り上がっていました。校章入りの帽子とメンバー表をいただきました。

 最後まで見たかったのですが、体調を考え写真だけ撮って、我が家でゆっくり巨人戦と合わせてテレビ観戦するため引き揚げました。

 残念ながら2-4で敗れましたが、最後まであきらめない闘志をみせてくれました。

 よくやった中央学院高校。夏の甲子園を目指して頑張れ!

| | | コメント (0)

2024年2月 1日 (木)

2024年のプロ野球スプリングキャンプが始まった(NO.1781)

 2024年2月1日、プロ野球のスプリングキャンプが始まりました。

 今年は昨年と違って12球団が一斉にキャンプを始めました。開幕もセ・パ3月29日の同時です。

 今年はセ・リーグで1人、パ・リーグで2人の新監督が生まれました。セ・リーグでは巨人の原監督が阿部慎之助監督に代わりました。パ・リーグではソフトバンクの藤本監督が小久保裕紀監督に、楽天の石井監督が今江敏晃監督に代わりました。

 キャンプ地は昨年と同じ場所です。

セリーグ

・ヤクルト(高津監督) 沖縄浦添

・阪神(岡田監督) 沖縄宜野座

・巨人(阿部監督) 宮崎、沖縄那覇

・広島(新井監督) 日南、沖縄沖縄

・中日(立浪監督) 沖縄北谷

・DeNA(三浦監督) 沖縄宜野湾

パリーグ

・オリックス(中嶋監督) 宮崎

・ロッテ(吉井監督) 沖縄石垣島、沖縄糸満

・楽天(今江監督) 沖縄金武

・ソフトバンク(小久保監督) 宮崎

・日本ハム(新庄監督) 沖縄名護

・西武(松井監督) 日南

 キャンプではどのチームも日本一になることを目標にしています。過去3年を見ても、新しい順に阪神、オリックス、ヤクルトとそれまで日本一に遠かったチームが日本一になっています。

 昨年の日本シリーズは2年連続で優勝したオリックスと18年ぶり優勝の阪神が戦いました。今年はどのチームが日本一になるのでしょうか。目標に向かって頑張ってほしいと思います。

| | | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

大相撲初場所では常磐線に縁のある2力士が活躍した(NO.1780)

 2023年1月28日に終了した初場所は横綱照ノ富士と関脇琴ノ若が優勝決定戦を戦い、照ノ富士が勝って9回目の優勝を果たしました。4場所ぶりの出場でしたが、力強さは抜群でした。

 私はこの場所二人の力士を応援していました。琴ノ若と大の里です。2人とも我孫子駅がある常磐線と縁があります。

 琴ノ若は千葉県松戸市出身、所属する佐渡ヶ嶽部屋も松戸市内にあります。母方の祖父は横綱琴桜、部屋の師匠は父で元関脇琴ノ若です。今場所の大活躍で技能賞を受賞、大関に昇進することが確実となりました。

 大の里は石川県津幡町出身ですが、所属する二所ノ関部屋が茨城県阿見町にあります。常磐線の「ひたちのうしく駅」の近くです。師匠の元横綱稀勢の里は出身地の近くに部屋を構えました。大の里は現二所ノ関部屋の初めての幕内力士です。新入幕で11勝4敗、敢闘賞を受賞しました。敗れましたが新入幕で1横綱2大関と対戦しました。

 2人の将来性のある力士を今後とも応援していくつもりです。

| | | コメント (0)

2023年12月10日 (日)

大谷翔平選手が移籍先にロサンゼルス・ドジャースを選ぶ(NO.1765)

 2023年12月9日、大谷翔平選手が移籍先を同じロサンゼルスに本拠地を置くナショナルリーグのドジャースを選びました。

 10年契約で総額7億ドル(1014億円)です。プロスポーツ史上最高額です。

 大谷選手がどこと契約を結ぶかをめぐっては、連日、日米で大騒ぎとなっていました。最終的には、エンゼルス残留か、同じロスのドジャースを選ぶか、トロントのブルージェイズか、3球団に絞られていたようですが、ドジャースに決まりました。

 大谷選手は次の球団を選ぶ条件を3つ出していたようです。

・ポストシーズンに進出できる強い球団

・二刀流での活躍を認めてもらえる球団

・生活その他の条件の良い球団

 ドジャースは今シーズン、ナショナルリーグの西地区で優勝をしており、ポストシーズン進出の常連です。リーグ優勝24回、ワールドシリーズでは7回優勝しています。

 ナ・リーグも昨年から指名打者制に変わっており二刀流も可能です。

 生活条件は同じロサンゼルスということもあって変わりません。チームは変わりますが、ロサンゼルスの大谷ファンを失望させるのも最小ですみます。大谷選手にとっては条件にぴったりだったのではないでしょうか。

 余談ですが、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は沖縄出身で父親はアフリカ系のアメリカ人、母親は日本人です。

 私は以前からドジャースのファンでした。ドジャースはニューヨークのブルックリンに本拠地を置いていましたが、1958年ロサンゼルスに移ってきました。当時の球団オーナーのオマリーさんは親日家で日本との親善試合などで関係を深めていました。

 メジャーリーグに移籍した実質的な日本人初の野茂英雄選手が選んだのはドジャースでした。それ以後野茂選手を含めて9人の日本人選手がドジャースで活躍しています。大谷選手は10人目となります。

 来シーズンは二刀流はおあずけで打者としての活躍に絞られますが、ぜひワールドシリーズに進出して実力を発揮してほしいと願ってます。

| | | コメント (0)

2023年11月20日 (月)

やったね!ヤング「侍ジャパン」(NO.1759)

 2023年11月19日、「アジアプロ野球チャンピオンシップ2023」の決勝戦で、日本の若き「侍ジャパンは」韓国に4-3で勝ち、アジア一となりました。前回の2017年大会に続いての連覇となりました。

 この大会の参加資格は24歳以下か入団3年以内の選手で、オーバーエイジ枠として29歳以下の選手3人がメンバーとして認められます。

 日本チームは将来の「侍ジャパン」のメンバーとなりうる有望若手が選ばれました。新たに「侍ジャパン」の監督となった井端監督が指揮を執りました。

 参加チームは、日本、韓国、台湾、オーストラリアの4か国です。まず総当たり制で各チームが対戦し、1位と2位のチームが決勝戦を戦います。日本は総当たり戦で3勝し、決勝戦は再度韓国と闘いました。

 決勝戦は韓国が2点を取って先行しましたが日本が追いつき、タイブレークの延長戦となりました。延長戦はノーアウト、ランナー1,2塁で始まります。

 10回表韓国が1点を取りますが、その裏日本が1点を返した後、ツーアウト満塁で、門脇選手(巨人)がサヨナラヒットを打って劇的な勝利を収めました。無敗のアジア一となりました。

 MVPには門脇選手が選ばれましたが、全体を通してしてみると、日本の強さは投手陣にありました。総当たり戦での失点は韓国に1点取られただけ、決勝戦でも10回で3失点でした。日本の強さの伝統はここでも実証されました。今後のWBCがたのしみです。

 やったね!ヤング「侍ジャパン」

 

 

| | | コメント (0)

2023年11月18日 (土)

おめでとう!大谷選手の2回目のMVP(NO.1758)

 2023年11月16日、大谷選手がMLBアメリカンリーグのMVPに選ばれました。大谷選手は2年ぶり2度目のア・リーグのMVPで、2回とも満票で選ばれたのは大リーグ初の快挙となりました。

 大谷選手は現在エンゼルスからフリーエージェントとなっており、今後どのチームと契約するかが注目されています。同じロサンゼルスのナ・リーグのドジャースが最有力の移籍先と言われています。

 けがの影響で9月3日を最後に欠場しましたが、それまでの成績はア・リーグホームラン王になるなど素晴らしいものでした。

   打撃成績

・試合 135

・打率 .304 4位

・本塁打 44  1位

・打点 95  14位

・盗塁 20  20位

・OPS(出塁率+長打率) 1.066 1位

   投手成績

・登板 23

・勝敗 10勝5敗

・投球回数 132

・奪三振 167

・防御率 3.14

 二刀流として、2年連続2桁ホームラン、2桁勝利は大リーグ初の記録となりました。

 大谷選手の地元奥州市では大盛り上がりです。

 余談ですが大谷選手が岩手県奥州市、大リーグで活躍している菊池雄星投手が岩手県盛岡市、ロッテの完全試合の佐々木朗希投手が岩手県陸前高田市の出身です。野球選手と言えば関東より西の出身選手が有名でしたが、岩手県出身の選手が大活躍しているのは私にとって驚きでした。

 閑話休題、大谷選手のさらなる活躍を祈っています。今度はワールドシリーズでのMVPを期待しています。ガンバレ! オオタニ ショウヘイ

| | | コメント (0)

2023年11月 6日 (月)

タイガース38年ぶりの日本一おめでとう(NO.1755)

 2023年11月5日、プロ野球日本シリーズで阪神タイガースがオリックスバファローズを7対1で破り、38年ぶりの日本一を獲得しました。

 関西シリーズと言われた今年の日本シリーズは、両チームの頑張りで3勝3敗で7戦までもつれました。おかげで大阪は大盛り上がり、全国に散らばる両チームのファンも38年ぶりの日本一か2連覇かで期待が広がりました。大変面白い日本シリーズでした。

 タイガースの岡田監督は、実力は言うまでもありませんが、強運の人です。

 38年前にはタイガースの選手でした。ペナントレースで巨人と闘った時のバックスクリーン3連発は今でも語り草になっています。1985年4月17日甲子園球場で7回裏、阪神のクリーンアップのランディ・バース、掛布雅之、岡田彰布の3選手が巨人の槇原投手から連続でバックスクリーンにホームランを打ちました。私はテレビで見ていました。この年セリーグで優勝し、日本シリーズで西武を破って日本一になりました。

 2005年に阪神が優勝した時の監督は岡田監督でした。今年の優勝はそれ以来です。

 タイガースの監督、選手、ファンの皆さん、日本一おめでとう。

| | | コメント (0)

2023年10月29日 (日)

第29回手賀沼エコマラソン(NO.1753)

 2023年10月29日第29回手賀沼エコマラソンが行われました。

 昨年はコロナの中での3年ぶりの開催だったため、開会式や沿道での吹奏楽や太鼓の応援は自粛でしたが、今年はコロナ以前のスタイルに戻りました。

 参加者は日本全国から約8500人がエントリーしました。コースは柏市と我孫子市にまたがる手賀沼を一周するハーフマラソンです。

 ただ前日までの好天と違ってあいにくの雨の中でのスタートとなりました。スタートから約10分後に我が家の近くを通ります。例年通りカメラを持って応援に駆け付けました。

 雨のせいか応援の人波はコロナ以前ほど多くはありませんでしたが、ランナーは皆さん元気よく走っていました。

Conv0009_20231029150101

Conv0010_20231029150101

Conv0011_20231029150101

Conv0012_20231029150101

Conv0013_20231029150101

 市民ランナーの中には、以前は派手な被り物や衣装を着けたり、目立つ持ち物を持って走る人がいたのですが、今回も昨年同様普通のスタイルで静かに走っていました。お祭り騒ぎで走るのは禁止されたのでしょうか。

 私も以前は応援の場所を替えて市民ランナーが戻ってくるまで写真を撮っていたのですが、そこまでお付き合いする体力と気力がなくなったため、家の近くで写真を撮って帰ってきました。

| | | コメント (3)

より以前の記事一覧