2019年6月24日 (月)

日本の保釈制度についての素朴な疑問(NO.1245)

 令和元年6月23日に逃亡していた小林容疑者が、公務執行妨害容疑で逮捕されたというニュースが報道されました。小林容疑者は実刑が確定していたにもかかわらず、刑務所への収監がされていなかったのです。6月19日検察庁の事務官などが収容に訪れた際包丁を振り回して逃亡しました。

 包丁を持って逃亡したため、神奈川県の愛川町や厚木市では全小中学校が休校するなどという騒ぎになりました。小林容疑者は窃盗などで懲役3年8か月の実刑が確定していたのですが、即座に控訴して裁判中に保釈されていました。

 わたしが疑問に思うのはなぜ保釈されたかということです。1審で判決が言い渡されたならなぜその場で刑務所に入れなかったのでしょう。

 私は保釈は「証拠隠滅の恐れがない」「逃亡する恐れがない」容疑者が1審の裁判の確定する前に保釈金を払って許されるものと思っていました。控訴した場合は収監されずに保釈が許されるのでしょうか。

 小林容疑者は過去複数回服役し、粗暴さは県警内部では知られていたそうです。しかも「逃走罪」ではなく公務執行妨害容疑で逮捕です。刑務所からの逃亡ではないので、保釈中は適用されないようです。

 読売新聞によれば、2017年には1審判決前に保釈が認められた被告は1万4552人、小林容疑者のように1審の段階で保釈され、実刑判決後に再保釈された被告は808人だそうです。保釈中に別の事件で起訴された被告は246人で10年前の3倍近くになったと書かれていました。

 今回「逃亡する恐れがない」とはだれが判断したのでしょうか。

 私は今回の事件から次のようすべきと思っています。

・保釈は実刑が確定したら即収監する

・控訴しても保釈は認めない

・脱税や薬物の利用などを除いて、殺人、強盗、傷害、暴力行為、窃盗など他人に対しての犯罪の容疑者は1審中でも保釈は認めない。

 検索のトップは今回のようなことが2度と起こらないよう努力すると言いましたが、それと同時に保釈に関する法律を変えるようにすべきと思います。

 法律には素人なので的外れかもしれませんが、今回の事件で感じた素朴な感想です。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

新元号は「令和」となった(NO.1220)

 2019年4月1日11時40分頃、菅官房長官が首相官邸で記者会見をし、新元号は「令和」でありますと発表しました。

Conv0001 

 248番目の元号は、初めて中国でなく日本の古典が出典となりました。万葉集の「梅花の歌三十二首」の序文にある「初春の月にして、気淑く風らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」の文言から引用されました。

 元号の選定には1979年に大平内閣が定めたルールがありました。

1 国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること

2 漢字2字であること

3 書きやすいこと

4 読みやすいこと

5 これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと

6 俗用されているものでないこと(人名・地名・商品名・企業名等は不可)

です。

 NHKプレミアム放送に「アナザー・ストーリー」という番組があります。それに「平成」という年号を決めたときの裏話が取り上げられました。上記ルールの6番目の検証をある役人が担当しました。数百万件を調査した苦労話でした。その結果「平成」にOKが出たのです。ところが地名に小字で「平成(ひらなり)」地区があったということが分かったことが出ていました。大字までは調べたけど小字までは調べなかったのだそうです。

 「令和」にもそのうちいろいろなエピソードが紹介されるでしょう。

 「令和」がいい時代になってほしいと念願しています。

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

2018年海外10大ニュース(NO.1195)

 平成30年12月23日、読売新聞の読者が選んだ「2018年海外10大ニュース」が決まりました。

1 タイの洞窟で少年ら13人全員救出

2 史上初の米朝首脳会談、緊張緩和進む

3 インドネシア地震・津波、死者2000人以上

4 南北首脳会談、朝鮮半島非核化で合意

5 トルコのサウジ総領事館で記者殺害

6 英ヘンリー王子、米女優と挙式

7 平昌五輪開幕、韓国と北朝鮮が史上初の合同チーム結成

8 米が輸入制限発動、米中摩擦が激化

9 米中間選挙。上院共和、下院民主勝利

10 EU,英離脱協定を正式決定

 読売新聞が用意した11月までの49項目から10項目を選んで応募する方法です。

 有効応募数は昨年の11352通より増えて12143通でした。10項目的中者は昨年の8名より減って7名でした。今年も7項目的中者が一番多く24.5%でした。

 私も応募しました。日本10大ニュースと同じ6問の的中でした。過去最低です。昨年は日本、海外とも8問的中でしたので、大幅減です。どうも選ぶのに自分の好き嫌いが入った感じです。

 3,4,7,10の代りに

14 中国主席の任期撤廃、長期政権可能に

15 トランプ氏、イラン核合意離脱表明

17 韓国の朴槿恵・前大統領に実刑判決

18 露大統領選でプーチン氏が通算4選

| | コメント (0)

2018年12月22日 (土)

2018年日本10大ニュース(NO.1194)

 平成30年12月22日、読売新聞の読者が選んだ「2018年日本10大ニュース」が決まりました。

1 平昌五輪で日本は冬季最多13メダル・羽生結弦は連覇

2 西日本豪雨、死者220人超

3 日大アメフト部選手が危険タックル。スポーツ界で不祥事相次ぐ

4 テニス・大阪なおみが全米オープン優勝、四大大会で日本人初

5 日産・ゴーン会長を逮捕

6 北海道で震度7、道内全域で停電

7 ノーベル生理学・医学賞に本庶氏

8 オウム松本死刑囚ら元幹部の死刑執行

9 大谷翔平、メジャーで新人王に

10 大型台風襲来、関空が冠水し孤立

 読売新聞が用意した11月までの69項目から10項目を選んで応募する方法です。

 有効応募総数は昨年の16886通より増えて18710通でした。10項目的中者は昨年の20人から大幅に増えて65人でした。今年も7項目的中者が一番多く18.4%でした。

 私も応募しました。過去最低の6項目しか的中しませんでした。

 4,7,8,10の代りに

12 サッカーW杯ロシア大会、日本は16強

15 豊洲市場が開場

25 貴乃花親方が退職

30番以下 競泳・池江璃花子がアジア大会6冠

を選びました。もっと慎重に選ぶべきだったと反省しています。

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

今日サッカーワールドカップが始まる(NO.1135)

 2018年6月14日、サッカーワールドカップロシア大会が始まります。7月15日の決勝戦まで世界各地区の予選を勝ち抜いてきた32チームが熱戦を繰り広げます。

 32チームは4チームずつ8グループに分けられ、まずグループ戦です。

 日本はHグループで、FIFAランキング8位のポーランド、16位のコロンビア、27位のセネガルが相手です。日本はランキング61位なのでいずれも格上の相手です。

 各グループの上位2チームがベスト16となりトーナメント戦を戦います。

 日本は1998年以後アジア予選を勝ち抜き、6回連続の出場が決まりました。

 過去の成績は

・1998年 フランス大会 グループ戦敗退

・2002年 日韓大会 ベスト16

・2006年 ドイツ大会 グループ戦敗退

・2010年 南アフリカ大会 ベスト16

・2014年 ブラジル大会 グループ戦敗退

となっています。

 ベスト16に進出した日韓大会はフランスのトルシエ監督、南アフリカ大会は岡田武史監督でした。グループ戦で敗退した3大会はいずれも外国人の監督でした。

 今回は日本人の西野朗監督です。岡田監督だった南アフリカ大会も日本チームはグループ戦敗退が予想されていました。奇跡が起こったのです。今回も西野監督に期待しましょう。

 グループ戦の試合日程は次の通りです。

・コロンビア戦 6月19日21時 サランスク NHK総合

・セネガル戦 6月24日24時 エカテンブルグ NHKBS1、日本テレビ

・ポーランド戦 6月28日23時 ボルゴグラード フジテレビ

 時差の関係でいずれも夜遅いですが、ヨーロッパやアメリカよりはまだ「まし」と考えましょう。

 

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

理想の新入社員ランキング(NO.1125)

 昨日の続きで2018年の理想の新入社員ランキングです。

 明治安田生命が社会人720名(男女360名ずつ、平均年齢44.6歳)に聞いたアンケートです。

理想の新入社員(男性編)

1位 大谷翔平

2位 竹内涼真

3位 工藤亜須加

4位 福士蒼汰

5位 白井健三

6位 羽生結弦

7位 藤井聡太

8位 神木隆之介

9位 松阪桃李

9位 濵田岳

 1位となった大谷翔平は最近の活躍からなるほどとうなずけます。

 芸能人、スポーツ選手に将棋29連勝の藤井君が加わりました。

理想の新入社員(女性編)

1位 土屋太鳳

2位 新垣結衣

3位 イモトアヤコ

4位 有村架純

5位 石原さとみ

6位 広瀬すず

7位 小島瑠璃子

8位 石川佳純

9位 高梨沙羅

10位 宮原知子

 7位までは知らないなので芸能人でしょうか。

 ここまで、母親、父親、妻、夫、上司、新入社員とみてきましたが、一貫して感じたことがあります。

 まず芸能人が圧倒的に多いということです。これはテレビを中心としたマスメディアの影響でしょう。

 次に日本人に際立った人物が少なくなったことです。50年前だったら、藤山愛一郎、松下幸之助、本田宗一郎、正力松太郎、土光敏夫などの政治家や、実業家が父親や上司のところに顔を出していたような気がします。

 アンケートに答えた今の日本人の民度が低くなったとは考えたくないので、このような結果が出たのは世の中が変わってきたのではないかと思います。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

理想の上司ランキング(NO.1124)

 今日もゴールデンウィークのお遊びにお付き合いください。 

 今日は若者が選んだ理想の上司です。

 明治安田生命による2018年理想の上司のアンケートです。春から新入社員となる1100名(男女550名ずつ、平均年齢22.8歳)が回答しました。

理想の上司(男性編)

1位 内村光良

2位 松岡修造

3位 タモリ

4位 池上彰

4位 林修

6位 明石家さんま

7位 所ジョージ

8位 イチロー

9位 長谷部誠

9位 大泉洋

9位 桝太一

9位 羽生善治

 1位の内村光良と9位の桝太一は全く知らない人でした。

 ネットで調べたら内村は人気のお笑いタレントでテレビのバラエティ番組で活躍しているようです。桝太一は日本テレビの人気アナウンサーで2011年から5年間「好きな男性アナウンサー」の1位に選ばれたそうです。所ジョージは父親、夫のランキングにも選ばれています。

理想の上司(女性編)

1位 水ト麻美

2位 天海祐希

3位 吉田沙保理

4位 有働由美子

5位 石田ゆり子

6位 深田恭子

7位 いとうあさこ

8位 イモトアヤコ

8位 渡辺直美

8位 夏目三久

8位 黒柳徹子

 こちらは4名しか知りません。世相に遅れていることを痛感しました。1位は日本テレビのアナウンサーとのことです。

 明日は理想の新入社員について書きます。

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

有名人の理想の妻、夫ランキング(NO.1123)

 昨日母親と父親についてのアンケート結果を載せました。

 今日は妻と夫についてのアンケート結果です。明治安田生活福祉研究所は2016年3月に全国の20~49歳の男女3595人を対象にアンケートを実施しました。

有名人の理想の妻ランキング(男性回答)

1位 上戸彩

2位 綾瀬はるか

3位 新垣結衣

4位 北川景子

5位 有村架純

6位 石原さとみ

7位 松嶋奈々子

7位 山口智子

7位 里田まい

10位 堀北真希

 私の年齢になると知らない名前や名前を聞いたことがあっても顔が浮かばない人がいます。

 北川景子さんは今放映中の大河ドラマ「西郷どん」で篤姫として売り出し中です。応援しています。

 里田まいさんは顔は知りませんが、ヤンキースの田中将大投手の奥さんです。

有名人の理想の夫ランキング(女性回答)

1位 つるの剛士

2位 佐々木健介

3位 藤本敏史

4位 唐沢寿明

5位 杉浦太陽

6位 谷原章介

7位 所ジョージ

8位 向井理

9位 玉木宏

10位 堺雅人

 所ジョージさんは昨日書いた父親になってほしい人にも登場しました。明るい人柄が人気なのでしょうか。

 女性より男性のほうが顔が浮かびました。

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

母親、父親になってほしい人ランキング(NO.1122)

 5月13日は母の日です。平成30年5月2日の読売新聞に日本生命保険がアンケートで「母になってほしい人」を調査した結果が出ていました。

 アンケートは今年3月にインターネットで契約者1万人に実施したものです。

母になってほしい人

1位 吉永小百合

2位 八千草薫

3位 天海祐希

4位 竹下景子

5位 山口百恵

6位 黒木瞳

7位 木村佳乃

8位 草笛光子

9位 樹木希林

10位 松嶋菜々子

 ついでに父の日のためにネットで探してみました。

 「父親にしたい有名人は誰ですか」というアンケート結果が見つかりました。同じ日本生命が2015年に調査したものです。

父親にしたい有名人

1位 所ジョージ

2位 イチロー

3位 長嶋茂雄

4位 高倉健

5位 関根勤

6位 加山雄三

7位 王貞治

8位 高橋英樹

9位 北野武

10位 松岡修造

 母のほうは芸能人ばかりでしたが、父には6人の芸能人に交じって、スポーツマンが4人入っていました。

 父親のイメージにはスポーツマンも似合うのでしょう。

 

| | コメント (0)

2018年3月10日 (土)

平昌パラリンピックが始まった(NO.1104)

 平成30年3月9日、第12回冬季パラリンピック平昌大会が始まりました。48の国・地域の選手と組織的ドーピングで選手団としての参加が認められず「中立のパラリンピック選手」(NPA)として個人資格で出場するロシアの選手ら570人が参加しました。

 今月18日まで6競技80種目が行われます。日本選手は5競技に38人が出場します。

 日本はソチパラリンピックでは20人が参加、金メダル3個を含む6個のメダルを獲得しました。今回は7個以上が目標です。

 日本は前々回のバンクーバーでは11個、その前のトリノでは9個のメダルを獲得しており、今回の目標は大変弱気な目標と言えましょう。

 ちなみに前回のソチ大会では、ロシアは金30個を含む80個のメダルを取りました。2位のドイツが15個のメダルでしたので、ロシアの組織的ドーピングは明白です。

 今回の平昌のパラリンピックは電子機器と照明装置をふんだんに使ったカラフルで美しい開会式でした。おそらくサムソンなどが全面的に協力して作り上げたのでしょう。ショーも楽しめました。次の東京大会も夜間に開会式が行われますが、韓国に負けないような装置と構成と演出が必要です。

 パラリンピックにはオリンピックで日本が全く活躍の場がなかったアルペンスキーにメダル獲得が有望視されている男女の日本選手が登場します。

 冬季オリンピックでは124選手で13個のメダルでしたが、38人のパラリンピックでは何個のメダルが獲得できるか楽しみです。

 メダルの事ばかり書いてきましたが、本当のところはメダルに関係なく、感動的な活躍を期待しています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧