2024年6月27日 (木)

あの時あの場所この1枚-27 沖縄のひめゆりの塔(NO.1825)

 今年の6月23日、沖縄では79年目の「慰霊の日」を迎えました。

 太平洋戦争の終盤、1945年4月1日に米軍の沖縄上陸作戦が始まりました。そして6月23日、日本の第32軍牛島司令官をはじめ司令部が自決して沖縄での組織的戦闘が終わりました。日本が沖縄戦で負けたのです。

 沖縄県民は4人に1人が亡くなったと言われています。沖縄ではこの日を「慰霊の日」とさだめています。

 17年前の2007年3月1日から7日まで沖縄旅行に妻と行きました。3度目の沖縄ツアーで、沖縄本土だけ時間をかけて回りました。

 平和祈念公園も訪ねましたが、3月5日には糸満市にある「ひめゆりの塔」を訪れました。沖縄線に動員されたひめゆり学徒隊の死者を慰霊する塔です。

Conv0080

 2つの女学校から生徒・教師240名が看護要員として動員され、そのうち136名が死亡しました。2校の愛称が「ひめゆり」であったことから、戦後「ひめゆり学徒隊」とよばれるようになったのです。

 沖縄には沖縄戦の悲しい戦争の跡や広大な土地を占めている基地を目の当たりに見た旅でした。

| | | コメント (0)

2024年6月23日 (日)

あの時あの場所この1枚-26 3度目の松本城(NO.1824)

 7年前の2017年6月25日から26日まで、民謡の紀楊美会の仲間と美ヶ原温泉旅行を楽しみました。紀楊美会では最後の旅行でした。

 その際訪れた観光地の1つが26日に行った松本城です。私にとっては3度目の松本城見物となりました。

 松本城は長野県松本市のシンボルとなっており、国宝に指定されています。日本の国宝天守閣は、松本城、姫路城(世界文化遺産)、彦根城、松江城、犬山城の5つです。

 日本には城の数は2万5千から3万ほどあったと言われていますが、天守閣が築城時の姿をとどめているのは、この国宝5城のほか、弘前城、丸岡城、備中松山城、丸亀城、伊予松山城、宇和島城、高知城の7つを加えた12城しかありません。

 私はこのうち9城を訪れています。好きな城は、姫路城は別格として地元の伊予松山城と松本城です。

 松本城の天守・城郭・城下町の整備を行い、今のような形にしたのは、徳川家康の元から豊臣秀吉の臣下に走った石川数正とその子康長です。

Conv0078

 北アルプスの山々バックに広い堀を前にした天守閣の姿が一番の写真スポットですが、残念ながら今回は曇り空だったため、きれいな庭を前にした1枚としました。

| | | コメント (0)

2024年5月22日 (水)

あの時あの場所この1枚-24 ベネティアのサンマルコ寺院(NO.1815)

 18年前の2006年5月29日から6月10日まで妻とイタリアのパックツアーに行きました。

 海外旅行は妻にとっては10年ぶり、私は4年ぶりのことでした。久しぶりの海外旅行のためいろいろ準備が大変だったのを覚えています。

 イタリア北部のミラノからシチリア島のパレルモまで13日間、イタリアの主な観光地を巡る旅でした。

 2日目に立ち寄ったのがベネティアでした。ベネティアは2度目です。1回目は1995年5月30日に立ち寄っているので、くしくも11年ぶりの同じ日に訪れたことになりました。

 相変わらず大勢の観光客でにぎわっていました。ベネティア一番の観光スポットサンマルコ広場のサンマルコ寺院の写真です。

Conv0071

 ベネティアはオーバーツーリズム対策として、今年の5月から1日5ユーロ(約840円)の入場料を取ることになったようです。

 私の訪ねたイタリアの観光地の中ではベネティアが一番混雑してたのではないかと感じました。トイレ探しが大変でした。

 コロナ・パンデミックで誰もいないサンマルコ広場の写真を見ましたが、コロナの収まった今では18年前よりも、もっと観光客が増えていることでしょう。

| | | コメント (0)

2024年5月 8日 (水)

あの時あの場所この1枚-23 トルコのカッパドキア(NO.1811)

 16年前の2024年5月16日トルコのカッパドキアを訪れました。そこには初めて見る不思議な光景が目の前に広がっていました。石のきのこがにょきにょき立っていたのです。

Conv0072

 6000年前にタウロス山脈が隆起、その時生まれたエンジェルス火山とハッサン火山が長期にわたって火山灰を堆積させ、柔らかい石灰岩層を形成しました。そこに流れ込む雨水と風雪による浸食がカッパドキアの摩訶不思議な光景を作り出したのです。カッパドキアには地下都市もありました。

 トルコ旅行ではほかにもいろいろな発見と驚きがありました。

 ギリシャやローマ時代を中心とした数々の遺跡、シルクロードの名残り、オスマントルコ時代のイスラムのモスクや宮殿、キリスト教とイスラム教の文化の交じり合い、トルコ料理のおいしさ、グランドバザールの賑わい、ダーダネルス海峡とボスフォラス海峡の美しさなどです。

 トルコについてはほとんど知らなかっただけに素晴らしい13日間のツアーでした。暑くも寒くもなく、昼間が長い5月後半という時期もトルコ旅行には最適だったようです。

| | | コメント (0)

2024年5月 5日 (日)

あの時あの場所この1枚-22 あしかがフラワーパークの大藤(NO.1810)

 16年前の2008年のゴールデンウィークの4月30日に妻とあしかがフラワーパークに行きました。

 読売旅行社のバスツアーで「GW関東三大花めぐり」との名称で、「館林つつじが岡公園」のつつじと、「あしかがフラワーパークの」藤と、「太田市北部運動公園」の芝桜を見るバスツアーです。

 当日は好天に恵まれ、今年のゴールデンウィークと同じように気温がうなぎ上りに上昇、28度にもなりました。3会場とも大変な人出で、特に中高年の女性が多かったと16年前のブログに書いています。

 館林市のつつじが岡公園は、約11万平米の園内に、50余品種1万株のつつじが咲き誇り、中でも高さ5メートルを超えるやまつつじが見事ないろどりを見せていました。

 あしかがフラワーパークは樹齢140年(当時)の世界最大の大藤で有名です。当日は見事な咲き具合でした。

Conv0069

 園内には300本以上の「うすべに藤」「むらさき藤」「白藤」「きばな藤」などがあります。

 あしかがフラワーパークの入園料は花の咲き具合によって変わるようです。当時は4月15日~5月25日は、900円~1500円でした。その後入園料も値上がりして、2024年5月5日は2000円となっています。

 太田市の運動公園には100万株の芝桜が素晴らしい景観を見せていました。芝桜の斜面は小高い丘につながっていて、その上からはるか遠くを見渡すことができました。

| | | コメント (0)

2024年4月23日 (火)

あの時あの場所この1枚-21 オランダのキューケンホフ公園のチューリップ(NO.1813)

 17年前の2007年4月21日、オランダ旅行をした時リッセのキューケンホフ公園に立ち寄りました。チューリップで有名な公園です。ちょうど花の盛りで大変な人出でした。

Conv0057

 チューリップの原産地はトルコと言われていますが、今はオランダの代表的な花となっています。

 キューケンホフ公園はアムステルダム郊外の小さな町リッセにある世界最大のチューリップの公園です。

 3月中旬から5月中旬の2か月しか開園されないという珍しい公園で、世界100か国以上から約100万人の観光客が訪れます。東京ドーム約8個分の広大な庭園に、チューリップを中心にスイセン、ヒヤシンスなどの花々が見られます。

| | | コメント (0)

2024年4月21日 (日)

あの時あの場所この1枚-20 国営ひたち海浜公園のネモフィラ(NO.1812)

 2024年4月24日、朝のNHKのニュースで国営ひたちなか海浜公園のネモフィラの映像が流れました。見ごろのようです。

 14年前の2010年5月6日、妻と二人でネモフィラ見物に行きました。柏駅から常磐線で特急スーパーひたちに乗り勝田駅で下車、タクシーで海浜公園まで行きました。

 みはらしの丘のネモフィラは満開、大勢の見物客であふれていました。

Conv0052

 みはらしの丘はネモフィラが終わると、コキアが植えられます。コキアは8月から11月まで、緑いろ、紅いろ、黄金いろと色どりを変えながら目を楽しませてくれます。

 公園内では季節ごとにスイセンやチューリップなどいろいろな花が咲き誇ります。公園は広大なので、レンタサイクルやシーサイドトレインなどを利用すると効率よく回れます。

 帰りはタクシーで茨城交通の阿字ヶ浦駅まで行き、途中のなかみなと駅で途中下車しおさかな市場で海鮮料理をいただいたあと勝田駅まで戻りました。

 そのうち阿字ヶ浦から海浜公園まで鉄道線路が延びるようです。

 海浜公園は何度か行きましたが、季節によってそれぞれの楽しみ方ができます。

続きを読む "あの時あの場所この1枚-20 国営ひたち海浜公園のネモフィラ(NO.1812)"

| | | コメント (0)

2024年4月18日 (木)

あの時あの場所この1枚-19 龍飛崎の歌謡碑(NO.1807)

 14年前の2010年10月、盛岡から宮古を経て秋田まで東北地方を海岸沿いに回るツアーに妻と参加しました。東日本大震災の5か月前でした。

 4日目に青森県の龍飛崎に立ち寄りました。

 津軽半島の最北端、ここから北海道の福島町まで青函トンネルが通っています。青函トンネルは1961年3月に建設が始まり、27年の歳月をかけて1988年3月に開通しました。2016年からは北海道新幹線が走っています。

 岬の上に立つと北海道がすぐそこに見えました。マグロ一本釣りと思われる漁船が数多く出ていました。

 龍飛崎は風が強いことで有名です。「風の岬龍飛」の標識の側に「津軽海峡冬景色」の2番の歌詞を刻んだ歌謡碑がありました。ボタンを押すと石川さゆりの歌が流れました。風の音に消されないよう驚くほどのボリュームでした。

Conv0032

 2番の歌詞です。

 ごらんあれが竜飛岬 きたのはずれと

 見知らぬ人が指をさす

 息でくもる窓のガラスふいてみたけど

 はるかにかすみ見えるだけ

 さよならあなた私は帰ります

 風の音が胸をゆする泣けとばかりに

 ああ津軽海峡冬景色

 なおこのような歌声付きの歌詞の碑は福島県の塩屋崎にもあります。美空ひばりの「乱れ髪」の碑です。

| | | コメント (0)

2024年4月 5日 (金)

あの時あの場所この1枚-18 台湾地震の資源地近くの太魯閣渓谷(NO.1801)

 2024年4月3日、台湾の花蓮を震源地とするマグニチュード7.2の地震が発生しました。5日朝のニュースでは死者10名、負傷者1000人以上と報道されています。

 23年前の2001年4月、花蓮に行き近くの観光地「太魯閣渓谷」を見物しました。

 太魯閣渓谷は花蓮市外から手軽に行ける場所にあり、断崖と絶壁と急流と緑が見事な渓谷で、日本の北アルプスなどで見られる景観に似ています。絶壁の中ほどにスリル満点の観光道路が通っています。ところどころに岩をくりぬいたのトンネルがあります。

Conv0047

 今回の地震で山崩れやがけ崩れがあり渓谷のホテルに閉じ込められている観光客がいると報じられていました。おそらく観光道路のトンネルにも崩れたところがあったのではないでしょうか。救出活動が待たれます。

 災害に遭われた方にお見舞いを申し上げるとともに、一刻も早く復旧されることをお祈りしています。

| | | コメント (0)

2024年3月24日 (日)

あのときあの場所この1枚ー16 20年前の浜名湖花博(NO.1798)

 2024年3月23日から6月16日まで「浜名湖花博2024」が「はままつフラワーパーク会場」で開催されています。

 今回のテーマは「人・自然・テクノロジーの架け橋~レイクハマナデジタル田園会場~」となっています。

 今から20年前の2004年にも浜名湖花博が開催されました。そのときは友人の亀田さんと亀田夫人の3人で、クラブツーリズムの花博見物の日帰りバスツアーに参加しました。

Conv0041

 青いバラが初めて展示されていたように記憶しています。

 花博は1990年に「国際花と緑の博覧会」が通称「花の万博」(EXPO’90)として大阪で大々的に開催されました。博覧会国際事務局認定の国際博覧会でした。妻と2人で泊りがけで見物に行きました。

 「大阪花博」は「つくば科学博」とともに特別博で、来年開催される「大阪万博」の一般博とは区別されます。そして「浜名湖花博」は「大阪花博」よりはレベルが下のようです。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧