2020年8月 1日 (土)

台湾の李登輝と司馬遼太郎(NO.1369)

 2020年7月30日台湾の李登輝元総統が死去しました。97歳でした。

 読売新聞によると「李登輝元総統は民主化を通じて人々に『台湾人』意識を根付かせ、中国から自立した台湾の土台を築いた。第2次世界大戦終結まで、日本統治下の台湾で日本人として生きた世代の代表的存在でもあった。

 李氏は1923年新竹市で生まれた。京都帝国大学農学部に在学中、学徒出陣で陸軍に入った。45年少尉として日本で終戦を迎え、国民党独裁下の台湾に戻った。

 台湾大を卒業後、農業経済専門家としての活躍が認められ、台湾市長、台湾省主席などを歴任した。副総統だった88年蒋経国総統が死去し、台湾出身者として初めて総統に就任した。」とあります。

 司馬遼太郎は「街道をゆく40 台湾紀行」を書きました。出版されたのは1994年11月ですが、記事は1993年1月と4月に訪問した内容です。司馬遼太郎は李登輝と同い年、訪問の都度会って意気投合しています。李登輝は当時台湾の総統でした。

 ここでちょっと歴史をさかのぼります。戦後台湾には共産党に敗れた中華民国の蒋介石がやってきて国民党党首として国を治めました。蒋介石と一緒に台湾にやってきた「外省人」が、元から台湾にいる「本省人(本島人)」を支配したのです。わずか10数%の外省人が支配階級となって、好き放題の政治を行いました。外省人の国民党は当然のことながら反共、反中国でした。今の台湾は国民党が中国のほうを向いていますが、当時は逆でした。

 1971年中華民国は国連から追放され脱退します。1975年に蒋介石が死去、息子の蒋経国が総統を受け継ぎますが、88年死去、副総統の李登輝が後を継いだのです。李登輝は「本省人」ですが国民党だったのです。そこから政治改革が始まります。

 ここからは司馬遼太郎の「台湾紀行」から借りてきた文章です。

 「が、この人は総統になってしまった。61歳のときに、蒋経国晩年の『台湾化政策』によって副総統に指名され、農業経済という学問の世界から、政治にひき入れられたのである。望んだことではなかった。」

 「1990年、国民大会で第8代総統に選出され、その地位は正当なものとなった。この人が2年後の1992年、年頭の祝辞で、『最優先課題として、憲法を改革したい』と演説した。」

 「自分は、とこの人は言う。初等教育以来、先生たちから日本人はいかに素晴らしい心を持っているかという教育を受け続けたんです。たしかに、そういわれてみると、李登輝さんは日本人の理想像に近い人かとも思えてくる。」

 「2人のインタビューで司馬氏の言葉-政治学の学者は李登輝さんをテーマにするといいですね。つまり李登輝さんがおっしゃったように派閥も持たない、金もない、欲もない、ただひとり李登輝博士がいるだけです。この人があと2年半務めていい業績を残したら、世界の政治学のいいテーマになるでしょう。やはり珍しい存在です。」

 司馬遼太郎氏は李登輝さんに会って、その人柄に魅了され、すっかり台湾にはまってしまったようです。

 心からご冥福をお祈りします。





















 

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

新型コロナウィルス肺炎より何万倍も怖かったスペイン風邪(NO.1321)

 令和2年3月4日日本国内の新型コロナウィルスの感染者がクルーズ船での感染者を含めて1000人を超えました。死者は12人となりました。

 3月4日の読売新聞によると、発生源の中国では感染者が8万151人、死亡が2943人、2番目に多い韓国では感染者が5186人、死者が31人となっています。世界の30か国に感染者が出ています。どこまで広がっていくのでしょうか。

 昔世界を恐怖のどん底に落としたのがスペイン風邪でした。私がスペイン風邪を知ったのは、劇作家だった島村抱月がスペイン風邪で亡くなったため、愛人だった松井須磨子が後追い自殺をしたと聞いたからです。松井須磨子は学生時代に好きだった「カチューシャの唄」を唄った女優でした。

 そこでスペイン風邪についてWikipediaで調べてみました。

 「スペイン風邪は今から約100年前の1918年から1919年にかけ世界的に大流行したインフルエンザの通称です。感染者5億人、死者5000万~1億人と、爆発的に流行しました。流行源はアメリカ合衆国ですが、感染情報の初出がスペインであったため、この名で呼ばれました。

 スペインかぜは、記録にある限り人類が遭遇した最初のインフルエンザの大流行(パンデミック)です。当時の世界人口は18~20億人であると推定されているため、全人類の3割近くがスペインかぜに感染したことになります。感染者が最も多かった高齢者では基本的にほとんどが生き残った一方で、青年層では大量の死者が出ています。

 日本では、当時の人口5500万人に対し39万人が死亡し、アメリカでも50万人が死亡した。これらの数値は感染症のみならず戦争や災害などすべての人間の死因の中でも、最も多くの人を短期間で死亡に至らしめた記録的なものです。

 流行の経緯としては、第1波は1918年3月にアメリカのデトロイトやサウスカロライナ州付近などで最初の流行があり、アメリカ軍のヨーロッパ進軍と共に太平洋を渡り、5〜6月にヨーロッパで流行しました。

 第2波は1918年秋にほぼ世界中で同時に起こり、病原性さらに強まり重篤な合併症を起こし死者が急増しました。

 第3波は1919年春から秋にかけて、第2波と同じく世界で流行しまし」た。さらに、最初に医師・看護婦の感染者が多く医療体制が崩壊してしまったため、感染被害が拡大しました。

 スペインかぜの病原体は1997年になってようやく正体が明らかとなりました。鳥インフルエンザウイルスに由来するものであった可能性が高いことが証明されました。」

 新形コロナウィルスの正体は何なのでしょうか。



 

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

今年は手賀沼通信への投稿がいただけない(NO.1318)

 私は手賀沼通信ブログのほかに毎月手賀沼通信を書いて何人かの方にお送りしています。HPにもアップロードしています。

 読者の方に手賀沼通信をお楽しみいただくため、毎年テーマを決めて投稿をお願いしています。

 過去4年間のテーマです。

・平成28年 私の戦争体験

・平成29年 思い出に残る本または映画

・平成30年 忘れられない出来事

・令和元年 私のチャレンジまたは健康法

 毎年多くの方がご投稿くださいました。

 今年は「私の終活」をテーマにしました。

 今のところはご投稿はいただけていません。

 たぶん、テーマが重すぎたのか、まだ終活を考えるお歳でないのか、と考えたりしています。

 もしかしたら最大の原因は年々読者の方が少なくなっているからかもしれません。亡くなられたり、体調を崩されたり、パソコンをやめられたりで、こちらからお送りする数も減っています。高齢化が進んでいるためでしょうか。

 テーマを決めないで再度投稿をお願いしようと思っています。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

手賀沼通信ブログに旅行の記事がなくなった(NO.1254)

 2019年7月9日「参議院は日本にとって必要か」という記事を手賀沼通信ブログに書き、1250回目のブログとなりました。手賀沼通信10月号に「手賀沼通信ブログタイトル-その5」をまとめました。1001回目から1250回目のタイトルを書いています。その-1は300タイトル、その-2は200タイトルでしたが、その-3以降は250タイトルを載せています。

 そのうち、旅行や観光や見物についてどれくらい書いているかをまとめてみました。その-1とその-2は250回に均しました。旅行や観光は一番楽しく書け、写真を入れて書き甲斐があるからです。そしてもうこれから書けないからです。

 私は今、脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛がひどくなり、歩くのが厳しくなっています。「間欠跛行」という症状で、しばらく歩くと足が痛くなって休まないと続けられないのです。私の場合は右足のふくらはぎが痛みます。もう日帰りの観光旅行もできません。

 4つに分類しました。数字はブログの回数で、旅行に行った回数ではありません。海外旅行や宿泊付きの国内旅行は、1回の旅行で何回ものブログを書きました。

 ブログ 海外 国内 バス 個人 合計

      (宿泊付き) (日帰り)  

・1回   15  22  14  21  72

-250回               29%

2006年-09年           

69歳-72歳

・251回  13  16  8  34  71

-500回               28%

2009年-12年            

72歳-74歳

・501回   6  24  5  32  67

-750回               27%

2012年-14年           

・751回   0  18  5  21  44

-1000回              18%

2014年-17年 

77歳-80歳

・1000回  0   9  4   15 28

-1250回              11%

2017年-19年    

80歳-82歳

 上記のバスとあるのは日帰りバスツアー、個人とあるのは個人で家族や友人や一人で出かけた日帰りの観光や見物の意味です。%は250回に対する合計数の割合です。

 最後の海外旅行は2012年7月(75歳)の北欧旅行、最後の宿泊付きの国内旅行は2018年(81歳)の日光東照宮観光でした。いずれも体調が旅行に堪えないと判断して以後の旅行を断念しました。

 日帰りは今年の1月が最後です。

 今後の手賀沼通信ブログは身の回りに起こる話題が中心となります。寂しい限りですが、これも運命と思っております。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

17日ぶりの手賀沼通信ブログ(NO.1214)

 平成31年3月22日まで3度目の大腸憩室出血で14日間入院しました。
 その間ブログを書くことができませんでした。このブログは17日ぶりとなります。
 今朝書こうと思っていつものようにココログのブログを書く画面に行ったのですが見当たりません。なくなっていました。何とか探し出して驚きました。ココログがバージョンアップされ変わっていたのです。書きやすく垢抜けした画面になりました。
 それ以外にもこの14日間で大きく変わったことがありました。入院するときは寒さがこたえましたが、退院の日は春爛漫と言った感じでした。(もっともこのブログを書いている23日は冬に逆戻りですが。)
 入院中にソメイヨシノが各地で開花しました。例年より早い開花です。
 アメリカメジャーリーグの野球、マリナーズ対アスレチックスの公式戦が日本で始まりました。イチローが先発出場し、そして45歳で引退しました。入院中なので9時に消灯するため、野球放送は途中で見なれなくなったのは残念でしたが、翌日6紙の新聞で見られました。
 今日はブログを書けなかったことのお知らせです。入院中のこと、イチローのことなど、これから書いてみようと思っています。

| | コメント (0)

2017年1月 3日 (火)

今年から5年日記帳に変えた(NO.981)

 昨年まで使っていた10年日記帳が使い終わったため、平成29年1月1日から新しい日記帳に変えました。

 新しい日記帳は博文館の「Five Year Diary」です。大きさはB4版からA5版に小さくなり、重さも半分以下となりました。日記帳の出し入れが楽になりました。

 私は35歳から日記を書き始めました。毎年会社から出していたダイアリーに書いていました。

 内容は自分の行動や世の中の事件などメモ的なものです。家族や身の回りの変化なども書きましたが、自分の気持ちや心の動きなどは書きません。

 60歳になる前に妻から10年日記帳をプレゼントされたため、60歳代は10年日記帳を使いました。10年日記帳は使ってみると書くスペースが小さく、私の書く内容にぴったりです。前年や数年前の出来事が比較できて使い勝手が良いことにも気が付きました。

 そのため70歳になる前に自分で10年日記帳を買い、70歳代も10年日記帳を使いました。20年間2冊の日記帳で済みました。

 昨年末に80歳代の日記帳を買うとき、本屋の店頭で迷いました。あと10年90歳まで書ききる自信はありません。そこで5年日記帳にしたのです。

 東京オリンピックは書いてみたいと思っていました。5年日記帳ならそれをカバーできます。5年日記帳はそれまで頑張ってぜひ使い切ってみたいと願っています。

 一昨年35歳から59歳までの1年1冊のダイアリーが25冊になったため、それをポイントだけエクセルでPCにインプットし印刷しました。そしてダイアリーは処分しました。残された人が処分に困らないようにするためです。その結果、昔を振り返って調べるにも便利になりました。

| | コメント (0)

2015年10月17日 (土)

手賀沼通信のシリーズもの(NO.855)

 平成28年発行の手賀沼通信から「漁介類シリーズ」を書き始めます。手賀沼通信はこのブログの母体となった月1回発行の私の一人新聞です。

 手賀沼通信も18年目となり、私の高齢化とともにネタが少なくなってきました。行動半径が小さくなって、外に出かけることが少なくなったためです。

 そのため食べ物・飲み物のシリーズものをテーマとすることにしました。このシリーズものにすれば当分の間ネタは尽きないと考えたからです。

 最初に取り上げたのがアルコールシリーズです。日ごろお酒類に親しんでいるので書きやすいテーマでした。

アルコールシリーズ

・日本酒物語 平成25年1月  手賀沼通信第178号

・泡盛物語         2月         第178号

・ビール物語        6月         第183号

・焼酎物語         10月        第187号

・ウイスキー物語     12月        第189号

・ワイン物語  平成26年4月         第193号

・中国のお酒・韓国のお酒・その他のお酒 6月 第195号

 次は果物シリーズを選びました。親しみやすい食べものだからです。

果物シリーズ

・かんきつ類物語・メロン物語 平成26年6月 手賀沼通信第196号

・リンゴ物語・柿物語       10月     第199号

・イチゴ物語・サクランボ物語 平成27年1月第202号

・ブドウ物語・ナシ物語      6月      第207号

・モモ物語・クリ物語・スイカ物語 11月   第212号

 魚介類シリーズは平成28年から始めます。最初にマグロを取り上げようと思っています。そのあとは次のような魚介類を考えています。

・サケ・マス

・タイ・ヒラメ・カレイ

・イワシ・アジ・サバ

・エビ

・カニ

・ブリ・スズキ

・ウナギ

・イカ・タコ

・カキ・アサリ・シジミ

 こんなところを取り上げようと考えています。

| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

日本の100選と200選(NO.743)

 平成10年4月から毎月出している一人新聞「手賀沼通信」が今年の11月で200号を迎えます。

 平成18年7月に100号を迎えたとき、手賀沼通信に100に絡むテーマを探し手賀沼通信に取り上げました。

・日本の100選(手賀沼通信第102号) 我孫子図書館で、財務省印刷局発行の「日本の百選データブック改訂版」という本を見つけました。そこには46種類の百選が載っていました。

・日本の百名山と日本の名峰ランキング(同104号) 日本百名山は登山家の深田久弥氏が選定し昭和39年に新潮社から発表しました。現在NHKのBS放送で毎週1山づつ紹介しています。日本の名峰ランキングは平成18年にNHKが視聴者の投票より選んだものです。

・小倉百人一首(同106号) ご存知百人一首の紹介と分析したものです。

・日本の歌百選(同109号) 文化庁が全国から公募し、由紀さおりさんなどが委員を勤める選定委員会が決定しました。

・五木寛之の百寺巡礼(同114号) 五木寛之氏が2年をかけて自分の足で歩いた百寺をまとめました。

・残したい”日本の音風景”100選(同122号) 環境庁が音頭をとって公募した全国の音風景です。

 その他いろいろありましたが、きりがないのでこれくらいにしました。

  一方200選はどうかとネットで調べてみました。100選に比べると段違いに少ないですが、ささやかに見つかりました。

 「京都の自然200選」(京都府)「北京故宮博物院200選」(東京国立博物館)「日本の童謡200選」(音楽の友社)「演歌名曲200選」(ユーチューブ)「デザインアイデア200選」(本)「楽しめる物理問題200選」(本)などです。個人が勝手に選んでブログに書いたものもありました。

 100と違ってやはり200はあまり区切りとはならないようです。

 野球では投手が名球会に入れる資格が200勝で、これは立派な区切りで大勲章になっています。

| | コメント (0)

2014年5月14日 (水)

手賀沼通信のネタがワンパターンになった(NO.713)

 平成10年の4月から、月に1度「手賀沼通信」というひとり新聞を出しています。「高齢者の豊かな生活のために」をモットーに、高齢者の役に立つ情報を発信しようと努力してきました。

 ところが2年前に体調を崩してから、好奇心や学習意欲が衰え、いろいろ加入していたサークルなどをやめ、外部との接触が少なくなってきました。

 そのため、手賀沼通信で取り上げるテーマがワンパターンになってきています。

  読者の方からご寄稿いただく文章を除くと、昨年の1月号(178号)以後は取り上げるテーマは主に3つのパターンになっています。

1.シリーズもの

 現在はアルコール飲料について書いています。自分の経験に加えて、ネットや図書館で調べて比較的楽に描くことができます。

・178号 日本酒物語

・179号 泡盛物語

・183号 ビール物語

・187号 焼酎物語

・189号 ウィスキー物語

・193号 ワイン物語

・195号(6月) 中国、韓国、その他の国のお酒(予定)

 次は果物について書くつもりです。

2.旅行記

 海外旅行は1昨年の北欧旅行を最後にやめ、国内旅行を妻と楽しんでいます。

 その旅行記が2つ目のテーマとなっています。

・179号 小豆島・倉敷旅行記

・184号 軽井沢旅行記

・186号 立山黒部アルペンルート他2か所の観光地を巡る

・186号 阿波踊りとよさこい祭りを見る

・190号 宮島・道後温泉・金刀比羅宮の旅

・194号 九州の温泉めぐりの旅

3.手賀沼通信ブログからの抜粋

 手賀沼通信ブログからの抜粋は記事の書けないときの埋め草として始めました。いつも読んでいただいている方には申し訳ないのですが、新たに書く必要がなくコピーして持ってくれば良いので楽をさせてもらっています。

・180号 他の記事との乗り合い

・181号 他の記事との乗り合い

・185号 他の記事との乗り合い

・188号 他の記事との乗り合い

・192号 全頁抜粋記事 

| | コメント (2)

2012年3月11日 (日)

東日本大震災から1年がたった

 平成24年3月11日の今日から1年前の14時46分東日本大震災が起きました。

 今日は全国各地で追悼の式典が行われました。また新宿や渋谷など都市の繁華街でも、震災発生時刻に通りがかりの人が黙とうしているニュースがテレビに映されていました。

 新聞もテレビも1日中東日本大震災関連の特別報道があふれていました。

 1年後の被災被害の状況が読売新聞に出ていました。

・死者 15,854人(下と合計19,009人)

・行方不明 3,155人

・避難者 343,935人

・がれき 2,253万トン

 私は地震発生2か月後まで毎日の新聞を保管していました。5月11日の読売新聞の記録です。

・死者 14,949人(下と合計24,829人) 

・行方不明 9,880人

・避難者 117,085人

 死者と行方不明者の合計が今日の数字が発生2か月後の数字より減っているのは、発生2か月後は現場の混乱や重複などがあったためでしょう。

 ところが避難者の数字は2か月後より今の方が3倍ほどになっています。原発事故で避難者が増えたためなのでしょうか、それとも2か月後の時点では避難者の数字を正確につかみ切れていなかったためでしょうか。

 あれから1年経ちましたが被災地の復興が進んでいません。いろいろな原因があるようです。

 その第一はがれきの処理が遅れているためとのことです。現地だけでは処理できないため、他の自治体が協力する必要があるにもかかわらず、なかなか引き受けてもらえないようです。

 戦後、日本人の美徳であった我慢とか辛抱がなくなったように、助け合いとかお互い様の精神もなくなってきたのでしょうか。

 国の対応も現地の声を的確につかんでいないようです。縦割り行政、提出すべき書類の多さ、スピードの遅さ、不十分で片手落ちの援助など相変わらずのお役所の仕事ぶりです。政治も政治家も頼りになりません。

 しかし日本人は優秀な民族です。戦争で廃墟と化した国土を復興させた実績があります。

 国民一人一人が持てる力を出し合えば必ずより良い日本になるはずです。制度の悪いところは改革し、駄目な人には辞めてもらい、お互い助け合いながら、みんなが自分を信じて努力すれば新しい日本が生まれるはずです。

| | コメント (0)