2023年1月20日 (金)

大河ドラマシリーズ-14 第40作~第42作(NO.1674)

 第40作は「北条時宗」です。

 2001年放映、主人公は北条時宗、主演俳優は和泉元彌、原作者は高橋克彦、脚本は井上由美子、平均視聴率は18.5%(41位)です。

 鎌倉時代中期鎌倉幕府第8代執権となった北条時宗を主人公に幕府内での抗争と2度にわたった蒙古襲来を描いています。

 この時代が大河ドラマになったのは初めて、時宗を演じた和泉元彌が大河ドラマに出演するのも初めてでした。中国やモンゴルでの海外ロケが行われ、鎌倉大地震や蒙古襲来の画像ではデジタル合成やコンピュータグラフィックなどが使われました。

 登場人物にクビライ・カーンやその一族、側近なども登場しています。

 第41作は「利家とまつ」です。

 2002年放映、主人公は前田利家とその妻まつ、主演俳優は唐沢寿明と松嶋菜々子、原作者はなしのオリジナル脚本、脚本は竹内洋、平均視聴率は22.1%(25位)です。

 織田信長・豊臣秀吉に仕えて加賀藩主前田家の祖となった前田利家と、その妻・まつを中心に戦国群像を描いたドラマです。「戦国最強のホームドラマ」と銘打たれ、利家とまつ、秀吉とねね、佐々成政とはる、という3組の夫婦の交流と競争を軸にドラマが組み立てられています。

 なおこの作品より日曜日の夕方NHKデジタル放送での放映が始まり、それを視聴した場合は平均視聴率には反映されていません。今ではBSプレミアムで同じ時間に放映されおり同じことが言えます。 

 第42作は「武蔵」です。2003年放映、主人公は宮本武蔵、主演俳優は市川新之助(現市川團十郎)、原作者は吉川英治、脚本は鎌田敏夫、平均視聴率は16.7%(48位)です。

 NHKテレビ放送開始50周年、大河ドラマ40周年年記念作品です。原作は吉川英治の「宮本武蔵」ですが、原作にはない話が出てきたり、原作にはない激しい場面が描かれています。吉川英治の原作を読んでいたので、しっくりこなかったのを覚えています。

| | コメント (0)

2023年1月10日 (火)

テレビ視聴率が多様になった(NO.1672)

 大河ドラマシリーズで毎回平均視聴率を示していますが、最近では実際にその番組を見た人は平均視聴率より多くなっています。総合視聴率という考え方が出てきています。

 総合視聴率は従来の平均視聴率(リアルタイム視聴率)と、録画されたものが7日以内に再生された時の視聴率(タイムシフト視聴率)を加えたものです。正確には重複率を引くのですが大雑把に言えばそうなります。

 近年番組を見るとき、放送時間に見る人に加えて、録画して後で見る人が増えてきました。そのため2016年よりタイムシフト視聴率を調べて、従来の視聴率に加える総合視聴率という考え方が出てきました。より現実に即した視聴率を調べるためです。

 大河ドラマは1963年から放送され始め60年の歴史があります。大河ドラマの総合視聴率がたまたま昨年の分は出ていましたが、2016年から2022年まですべて出ているわけでもありません。ここでは一貫性を持たせるため、すべて平均視聴率で通したいと思います。

 私もそうですが録画してみる人が増えているため、最近の大河ドラマは平均視聴率が実際見た人より低く出るようになっています。Wikipediaによると「鎌倉殿の13人」は平均視聴率は前年放送の「晴天を衝け」より平均視聴率は下ですが、総合視聴率では上回っています。「NHKオンデマンド」ではこれまで配信された全てのドラマ作品で史上最多の平均視聴数を出したとありました。

 

| | コメント (0)

2023年1月 7日 (土)

大河ドラマシリーズー13 第37作~第39作(NO.1670)

 第37作は「徳川慶喜」です。

 1998年放映、主人公は徳川慶喜、主演俳優は本木雅弘、原作者は司馬遼太郎、脚本は田向正建、平均視聴率は21.1%(29位)です。

 水戸藩徳川斉昭の7男として生まれた慶喜が徳川最後の将軍第15代将軍となり、幕末の争いの末新政府軍に敗れて江戸城を明け渡すまでを描いています。慶喜の76年の生涯のうち、江戸城開場以後の45年間はカットされています。

 司馬遼太郎原作の大河ドラマはこれで5作目で一番多く大河ドラマ化されています。ただ不思議と視聴率はよくありません。一般受けしないのでしょうか。

 第38作は「元禄繚乱」です。

 1999年放映、主人公は大石内蔵助、主演俳優は中村勘九郎(18台目中村勘三郎、現在の中村勘九郎の父親)、原作者は船橋聖一、脚本は中島丈博、平均視聴率は20.2%(34位)です。

 大石内蔵助の忠臣蔵は大河ドラマとしては4作目です。この作品では忠臣蔵事件を大石内蔵助の幕府への抗議としてとらえ、また赤穂藩家老大石内蔵助、5代将軍徳川綱吉の側用人柳沢吉保、吉良上野介の親戚の米沢藩家老色部又四郎の3人の謀略戦を主軸に描いています。吉良上野介は悪役としては描かれていません。

 第39作は「葵徳川三代」です。2000年放映、主人公は徳川家康、徳川秀忠、徳川家光、主演俳優は徳川家康に津川雅彦、秀忠に西田敏行、家光に尾上辰之助、原作者はなしのオリジナル脚本、脚本はジェームス三木、平均視聴率は18.5%(42位)です。

 秀吉の死から、関ケ原の戦い、大阪の陣、などの戦国ドラマを経て、徳川政権の確立、など徳川幕府初期の事件をドラマ化しています。

 私はこの3作はあまり印象に残っていません。たぶんあまり見てなかったのだと思います。

 平均視聴率の順位は今回のブログから「鎌倉殿の13人」平均視聴率12.7%(34位)を加えた61作での順位となります。

 昨年のブログでの平均視聴率の順位は2021年までの60作での順位でした。

| | コメント (0)

2022年12月19日 (月)

大河ドラマシリーズー12 第34作~第36作(NO.1664)

 第34作は「八代将軍吉宗」です。

 1995年放映、主人公は徳川吉宗、主演俳優は西田敏行、原作者はなしのオリジナル脚本、脚本はジェームス三木、平均視聴率は26.4%(10位)です。

 徳川吉宗は御三家の一つ紀州徳川家の4男として生まれましたが、兄が次々と亡くなり紀州藩主となり、徳川将軍家も将軍が次々と亡くなって吉宗が8代将軍となります。

 享保の改革を行って「徳川中興の祖」と呼ばれる物語です。戦国時代や幕末のように華々しい戦いや争いがなかったため「将軍家のホームドラマ」という展開になりました。

 注目を浴びたのは障害がありながら9代将軍になる徳川家重を演じた中村梅雀の演技でした。ショッキングな演技でした。

 西田敏行は8回目の大河ドラマで、「翔ぶが如く」の西郷隆盛に続く主役となりました。

 第35作は「秀吉」です。

 1996年放映、主人公は豊臣秀吉、主演俳優は竹中直人、原作者は堺屋太一、脚本は竹山洋、平均視聴率は30.5%(8位)です。

 堺屋太一の3冊の小説を竹山洋が脚色したドラマで、秀吉のサクセスストーリーが中心となっています。最晩年の秀次一家の殺害や朝鮮戦争の失敗などは描かれていません。ところどころ視聴者を驚かす表現や史実を無視した場面が出てきますが、若い視聴者を取り込み高視聴率を上げました。

 この作品以後平均視聴率30%を超える作品は出てきていません。

 第36作は「毛利元就」です。

 1997年放映、主人公は毛利元就、主演俳優は中村橋之助、原作者は永井路子、脚本は内館牧子、平均視聴率は23.4%(22位)です。

 安芸の国の小領主の次男に生まれた毛利元就が中国地方一の大大名になり、亡くなるまでの物語です。ホームドラマタッチの戦国武将の物語となっています。

 主役の中村橋之助(現・8代目中村芝翫)は大河ドラマ3回目で主人公を演じました。

 私はこの3作は熱心に見た記憶があります。

| | コメント (0)

2022年12月12日 (月)

大河ドラマシリーズー11 第31作~第33作(NO.1663)

 第31作は「琉球の風」です。

 1933年1月から6月まで6か月間の放映、主人公は架空の人物、主演俳優は東山紀之、原作者は陳舜臣、脚本は山田信夫、平均視聴率は17.3%(47位)です。

 大河ドラマ唯一の半年間の作品です。

 16世紀末、独立国だった琉球王国が17世紀初め薩摩藩島津氏によって侵攻支配され属国のような形になりました。それでも独自の歴史と文化を守って生き抜く姿を描いています。

 第32作は「炎立つ」です。

 1993年7月から94年3月まで9か月間の放映、3部作で第1部は主人公は藤原経清、主演俳優は渡辺謙、第2部は主人公は藤原清衡、主演俳優は村上弘明、第3部は主人公は藤原秀衡と泰衡、主演俳優は秀衡に渡瀬恒彦、泰衡に渡辺謙(再度)、原作者は高橋克彦、脚本は中島丈博、平均視聴率は17.7%(44位)です。

 第1部は奥州藤原氏の開祖といえる藤原経清の生涯を描いています。第2部は初代清衡が奥州の覇者となるまでを描いています。第3部は藤原氏の全盛期を築いた3代秀衡と藤原氏の滅亡を招く泰衡の時代を描いています。2代基衡の時代は割愛されました。

 なお中尊寺が建てられたのは清衡の時代、源義経を招いて保護したのは秀衡、義経を討ったのは泰衡です。

 第33作は「花の乱」です。1994年4月から12月まで9か月間放映、主人公は日野富子、主演俳優は三田佳子、原作者はなしのオリジナル脚本、脚本は市川森一、平均視聴率は14.1%(54位)です。

 室町幕府8代将軍足利義政の妻の日野富子と応仁の乱前後を描いています。

 第34作からは従来通り1年間を通しての放映に戻りました。3作とも変則的な放映期間のためか、なじみのない主人公やストーリーのためか、なじみのない場所(沖縄や東北)だったせいかわかりませんが、低い平均視聴率に終わりました。「花の乱」は第51作「平清盛」が視聴率12%を記録するまで最低の視聴率でした。

 逆に私は3作とも熱心に見ました。「琉球の風」と「炎立つ」は面白かったと記憶しています。「花の乱」はわき役の俳優の豪華さに驚きました。

 

| | コメント (0)

2022年12月 2日 (金)

大河ドラマシリーズ-10 第28作~第30作(NO.1659)

 第28作は「翔ぶが如く」です。

 1990年放映、主人公は西郷隆盛と大久保利通、主演俳優は西郷隆盛に西田敏行、大久保利通に鹿賀丈史、原作者は司馬遼太郎、脚本は小山内美恵子、平均視聴率は23.2%(23位)です。

 司馬遼太郎の「翔ぶが如く」は、明治維新が一段落してから西南戦争が終わるまでを描いています。ハードカバー7冊の大作です。

 大河ドラマでは司馬遼太郎の原作をそのままドラマ化するのではなく、第1部で明治維新までの幕末動乱のストーリーを描き、第2部で原作をドラマ化しています。

 第1部は司馬遼太郎の他の作品、例えば「竜馬が行く」「花神」「歳月」などから小山内美恵子が脚本を作り上げたオリジナル脚本となっています。確かに原作だけでは1年間のドラマにはならなかったと思います。

 西田敏行は「おんな太閤記」「山河燃ゆ」に次ぐ主役となりました。

 第29作は「太平記」です。

 1991年放映、主人公は足利尊氏、主演俳優は真田広之、原作者は吉川英治、脚本は池端俊作、平均視聴率は26.0%(12位)です。

 吉川英治の「私本太平記」が原作で、「太閤記」「新平家物語」に次ぐ大河ドラマ化となりました。物語は足利尊氏の挙兵から、鎌倉幕府滅亡、建武の新政、南北朝の動乱、室町幕府成立、尊氏の死までを描いています。南北朝時代を描いたドラマは大河ドラマの歴史の中でこの作品だけです。

 第30作は「信長 KING OF ZIPANGU」です。

 1992年放映、主人公は織田信長、主演俳優は緒方直人、原作者はなしのオリジナル脚本、脚本は田向正健、平均視聴率は24.6%(16位)です。

 織田信長の一生を少年時代から本能寺の変で死ぬまでを描いています。ポルトガル人でイエズス会宣教師のルイス・フロイスの視点から信長をとらえています。

 主役の緒方直人は、「太閤記」「峠の群像」の主役の緒形拳の次男です。親子で大河ドラマの主役を務めたことになりました。

| | コメント (0)

2022年11月16日 (水)

大河ドラマシリーズー9 第25作~第27作(NO.1655)

 第25作は「独眼竜正宗」です。

 1987年放映、主人公は伊達政宗、主演俳優は渡辺謙、原作者は山岡荘八、脚本はジェームス三木、平均視聴率は39.7%(1位)です。

 この作品の前の3年間は近代3部作が放映されましたが、歴史ものを望む視聴者が多く、大河ドラマはまた時代劇路線に戻りました。

 仙台藩62万石を一代で築いた戦国武将伊達政宗の生涯を描いています。

 大河ドラマ最高のヒット作となり、主演の渡辺謙は新進の俳優でしたがこの役で一躍国民的俳優になりました。平均視聴率は歴代1位、最高視聴率も「赤穂浪士」「武田信玄」に次ぐ3位となっています。

 幼少時代の正宗が不動明王について学んだとき語った「梵天丸もかくありたい」が流行語になりました。秀吉役の勝新太郎はこれが大河ドラマでの唯一の出演でした。小田原城攻撃に遅れてきた正宗と秀吉の初対面の場面を今でも覚えています。

 第26作は「武田信玄」です。

 1988年放映、主人公は武田信玄、主演俳優は中井貴一、原作者は新田次郎、脚本は田向正建、平均視聴率は39.2%(2位)です。

 前年に続くヒット作となりました。武田信玄の生涯を描いた大作で、途中第4次川中島の戦いという見せ場があります。中井貴一は大河ドラマ初出演でした。ライバルの上杉謙信は柴田恭兵が演じました。

 第27作は「春日局」です。

 1989年放映、主人公は春日局(おふく)、主演俳優は大原麗子、原作者はなしのオリジナル脚本、脚本は橋田寿賀子、平均視聴率は32.4%(3位)です。

 ここまでの3作が歴代大河ドラマの平均視聴率ベストスリーで、まさに大河ドラマ黄金期だったといえます。

 物語は反逆者明智光秀の重臣の斎藤利三の娘のおふくが戦国時代を生き延び、徳川家康にその人柄を見込まれて、孫の3代将軍となる徳川家光の乳母春日局として徳川家を支えるお話です。

 橋田寿賀子はそれまで女性を主人公にした大河ドラマのオリジナル脚本を3本書いています。いずれも好評でした。ただ私は「春日局」の記憶はほとんどありません。

| | コメント (0)

2022年11月 8日 (火)

大河ドラマシリーズー8 第22作~第24作(NO.1652)

 第22作は「山河燃ゆ」です。

 1984年放映、主人公は架空の人物の日系二世の兄弟、主演俳優は松本幸四郎と西田敏行、原作者は山崎豊子、脚本は市川森一、平均視聴率は21.1%(29位)です。

 この年から3年続く「近代大河3部作」の第1作です。

 山崎豊子の「二つの祖国」が原作です。日系アメリカ人兄弟を中心に、家族や友人が引き裂かれた太平洋戦争の悲劇を描いています。二・二六事件や日中戦争や極東国際軍事裁判も出てきます。ドラマでは主人公は架空の人物ですが、原作にはモデルの存在があり、ノンフィクションに近い作品です。

 第23作は「春の波濤」です。

 1985年放映、主人公は川上貞奴、主演俳優は松坂慶子、原作者は杉本苑子、脚本は中島丈博、平均視聴率は18.2%(43位)です。

 日本初の女優川上貞奴が主人公です。貞奴の夫で自由民権運動の川上音二郎、貞奴の恋の相手で福沢諭吉の娘婿の福沢桃介、芸者時代の貞奴を水揚げした伊藤博文などが登場します。明治・大正時代の文化や世相が描かれています。

 「山河燃ゆ」がシリアスなドラマだっただけに「春の波濤」は気軽に楽しめるドラマでした。

 第24作は「いのち」です。

 主人公は架空の人物の女医、主演俳優は三田佳子、原作はなしのオリジナル脚本、脚本は橋田寿賀子、平均視聴率は29.3%(9位)です。

 時代設定が昭和20年から放送時の昭和60年ころ、登場人物がすべて架空の人物という大河ドラマとしては初物ぞろいの作品です。その後の大河ドラマを見てもこれ以上新しい時代のドラマは出ていません。

 脚本の橋田寿賀子は「おんな太閤記」(1981年)「おしん」(1983-1984年)などで当時人気絶頂でしたが、「近代大河3部作」中で最高の視聴率を残しました。物語は主人公の女医が戦後の波と闘いながら家族や友人に支えられて活躍するドラマです。心温まるドラマでした。

| | コメント (0)

2022年10月27日 (木)

大河ドラマシリーズー7 第19作~第21作(NO.1647)

 第19作は「おんな太閤記」です。

 1981年放映、主人公は秀吉の正室ねねと秀吉、主演俳優は佐久間良子と西田敏行、原作者はなしのオリジナル脚本、脚本は橋田寿賀子、平均視聴率は31.8%(第5位)です。この視聴率は秀吉が主人公の「太閤記」の31.2%(第6位)、「秀吉」の30.5%(第8位)より高くなっています。

 「おんな太閤記」はねねの視点で戦国時代から大阪の陣までを描いています。そのため合戦よりもねねを中心とした家庭の場面が多くなっており、弟の秀長をはじめ、秀吉の母、秀吉の姉と妹、ねねの実家の人たちが画面にふんだんに出てきます。

 この作品は従来の男性を中心とした戦国時代のファンのほか主婦層にも視聴者が広がりました。秀吉がねねを呼ぶときに使った「おかか」はこの年の流行語にも選ばれています。

 「おんな太閤記」は今年のBSプレミアムで日曜日の朝7時15分から再放送されています。私は本放送では見逃したところが多かったので、再放送をしっかり見ています。

 第20作は「峠の群像」です。

 1982年放映、主人公は大石内蔵助、主演俳優は緒形拳、原作者は堺屋太一、脚本は冨川元文、平均視聴率は23.7%(第20位)です。

 大石内蔵助が主人公となるのは3度目、緒形拳が主演俳優となるのも3度目です。

 Wikipediaによれば、江戸時代の元禄と放送時の時代が同じような時代の方向が変化する時期となる「峠」の時代だとする原作者・堺屋太一の観点を軸に、赤穂事件を現代的に描いたドラマです。赤穂藩断絶を現代の企業倒産になぞらえ、仇討ちのヒロイズムよりもサラリーマンつまり赤穂の藩士たちがいかに行動したかを再考する作品となっています。

 出演者は当時の若手のアイドル俳優が多く起用されています。私はこの作品はあまり見なかったので内容は覚えていません。

 第21作は「徳川家康」です。

 1983年放映、主人公は徳川家康、主演俳優は滝田栄、原作者は山岡荘八、脚本は小山内美江子、平均視聴率は31.2%(第6位)です。

 1984年から大河ドラマは近代路線に移行するとの予定から、時代劇最後の大河ドラマとして、戦国時代最後の大物徳川家康を主人公とした作品が作られたと言われています。あとで近代路線は3年で終わったことがわかりますが、徳川家康なら山岡荘八の「徳川家康」の原作にかなうものはないと決まりました。

 原作はかなりの長編だったので、原作に忠実に脚本化されたため、ドラマは話の展開が早すぎるという評価もあったようです。

 歴史上の人物としては家康よりは秀吉のほうが人気があるようですが、大河ドラマの視聴率は第3作の「太閤記」とこの「徳川家康」が、共に31.2%(第6位)と同率となています。

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

朝ドラは昔の朝ドラのほうが面白い(NO.1589)

 昨年4月ごろから朝ドラにはまっています。それも2種類見ています。

 NHKのBSプレミアムで7時15分と7時30分から15分ずつです。7時15分からは以前放送した分の再放送、7時30分からは現在の放送分で、総合テレビでは8時からと12時45分から放送されるものと同じです。

 昨年4月からは「あぐり」と「お帰りモネ」、10月からは「マー姉ちゃん」と「カムカムエブリボディ」を楽しみました。今は「芋たこなんきん」と「ちむどんどん」を見ています。

 今やっているものはまだ始まったばかりなので何とも言えませんが、昨年始まったものは、以前の放送分のほうが両方とも現在物より抜群に面白く感じました。

 これは私の意見なので独断と偏見が混じっているかもしれませんが、理由はどちらも以前放送分のほうが

1 ストーリーの展開がわかりやすく痛快

2 会話のテンポが速く心地よい

3 登場人物の位置づけや性格がはっきりしている

4 俳優の演技が上手

などです。

 また「あぐり」には吉行あぐり(吉行淳之介や吉行和子の母親)、「マー姉ちゃん」には長谷川町子というモデルがいて、原作もあり、脚本がしっかりしているということも言えるかもしれません。

 「お帰りモネ」は途中で面白くなくなり見るのをやめました。

 他の人、特に若い人たちがどう感じているか知りたいものですがそれは無理な注文でかもしれません。自分もそうでしたが、若い人たちには朝ドラなど見る時間はなく、まして2本見ているような暇はないでしょうね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧